セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.10.07

ホームページを制作しなくても成果を出す方法

ホームページ制作のコストは確かに上昇しています。かつては30万円で十分だったのが、今では倍以上の予算が求められることも。しかし、成果を追求するだけなら、必ずしもホームページの制作は必要ではありません。予算が限られている中でも、適切な戦略で実際に成果を得る方法を探求しましょう。

ホームページ制作は必須ではない

多くの方が、ホームページ制作というと高額な費用が必要だと感じるかもしれません。そして、確かに質の高いホームページを制作するにはそれなりの費用がかかることも事実です。しかし、予算が限られているからと言って、成果を上げることができないわけではありません。

ホームページ制作会社の選定で、価格だけを基準にしてしまうと、時として予想外の結果になることも。実際、多くの制作会社が様々なサービスを展開しており、低価格を追求することで工数の最適化を図っている企業も少なくありません。しかし、安価にサービスを提供するためには、どこかでコストカットが行われていることが多いのも事実です。

弊社では、60万円からの制作をお請けしており、この金額を基準に、どのようなサービスを求めるかを考慮していただくことをおすすめしています。そして、この予算に足りない場合、無理にホームページ制作を進めるのではなく、他の戦略や方法を検討することも大切です。

例えば、SNSやブログを活用した情報発信や、既存の顧客に対するアフターフォローを強化することで、ホームページを持たなくても十分に成果を出すことができるのです。重要なのは、目の前の課題にとらわれず、全体を俯瞰して、最適な方法を選ぶこと。これが、限られた予算の中で最大の成果を得るための鍵となります。

ホームページを制作せずに成果を出す方法

ソーシャルメディアを運用

ソーシャルメディアの活用は、今や多くのビジネスオーナーが注目する手段となっています。特に、ホームページを持たない企業や個人が、ビジネスの成果を上げる上で非常に効果的です。ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのプラットフォームは、日々多くのユーザーが訪れ、情報の共有や交流が行われています。

私自身も、過去にSEO対策に時間を割いていた時期がありました。しかし、ソーシャルメディアでの活動を開始してから、その効果の大きさに驚かされました。問い合わせが増え、ビジネスチャンスが増加しました。

ただ、ソーシャルメディアを活用する際、重要なのは、ただ存在するだけではなく、しっかりとした戦略と実践が求められます。投稿内容やタイミング、そしてターゲットとなるフォロワーとの関係構築は欠かせません。高いノウハウを持つ投稿や、他者の質の高いコンテンツにリアクションすることで、自社のブランドを確立することが可能です。

また、フォロワーとの繋がりを深めることで、DMやコメントを通じての直接的なビジネスの機会も増えてきます。ソーシャルメディアは、ホームページがなくても十分な成果を出す可能性があるのです。

無料ブログを開設

ホームページを持たなくても、無料ブログを活用することでビジネスの成果を上げることができるのです。私がビジネスを始めた頃、最初に手を出したのも無料ブログでした。その力は未だに衰えることなく、多くの方々に情報を届けるプラットフォームとして機能しています。

アメブロやライブドアブログは、その使いやすさと多機能性から、さまざまなビジネスオーナーに選ばれています。ブログに自社のノウハウや経験を共有することで、読者との信頼関係を築くことができます。それが直接的なお問い合わせへと繋がるのです。

ただ、成功の鍵は、ブログの各機能を効果的に活用することにあります。例えば、いいねやフォローといった機能を活用することで、ブログ内での視認性が向上します。それにより、ブログ自体のSEOパフォーマンスも向上させることができます。

質の高い記事を定期的にアップすることで、読者との関係を深め、さらなるお問い合わせの機会を増やすことができます。私の経験からも、アメブロやライブドアブログ、さらにはnoteやはてなブログは、無料での情報発信に最適なツールと言えます。

ペライチを活用

ペライチを活用すれば、ホームページ制作のハードルはぐっと下がります。私が初めてオンラインでのプレゼンスを築こうと思ったとき、大規模なサイト制作は手間とコストがかかると感じました。しかし、ペライチのような1ページ構成のサイトを知り、すぐに取り組むことができました。

実は、多くのページを持つホームページよりも、内容の濃い1ページが存在するだけで、その効果は意外と大きいのです。特に、ソーシャルメディアやブログと連動させることで、そのページへの流入を増やすことができます。

もちろん、ペライチだけで十分というわけではありません。しかし、初めてのオンラインプレゼンスを築くためのステップとして、非常に効果的です。私の経験上、しっかりとした内容と共に、ペライチのページを設定することで、多くの方々に自社の情報を知ってもらう大きな一歩となりました。ペライチの無料版だけでなく、有料版を使えば、さらに情報を詳細に掲載することができ、その価値は計り知れません。

会社情報の露出を意識

会社情報の露出は、オンラインの世界での存在感を高める大切な手段です。私が初めてビジネスを始めたとき、数多くのホームページやディレクトリに自社情報を掲載した経験があります。当初は効果が出るのか疑問でしたが、予想以上に成果が上がりました。

特に国が運営するホームページや業界団体の加盟企業一覧に名前を掲載することで、信頼性が増し、それが新しいお問い合わせへと繋がりました。また、紹介されるホームページの中にはリンクを提供してくれるものもありました。その結果、ホームページのアクセス数や認知度が徐々に上昇しました。

しかし、こうした露出活動は計画的に行うことが大切です。掲載先のホームページ情報は、忘れずに控えておくこと。後から確認やリンク追加の依頼がスムーズに行えるようになります。ホームページを制作する際にも、この先取りの戦略を活かせば、より多くの人々に会社の情報を届けることができるのです。

まとめ

ホームページ制作の有無にかかわらず、成果を追求することは可能です。確かに、ホームページを持つことで多様な施策の展開が容易になり、効果を上げやすくなるのは事実です。しかし、真に重要なのは、どのツールやサービスを駆使し、どのようなアプローチで市場にアプローチするかという視点です。

この点をしっかりと理解し、検討と実践を繰り返すことで、成果は必ず手に入ります。そして、一度成果が見え始めると、ホームページの制作やその他の投資への道が拓けるでしょう。効果を求めるなら、専門家の意見を取り入れ、サイト公開後も適切な運営を心がけることが大切です。最終的に、成功の鍵は継続的な取り組みと進化にあると私は信じています。