セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.27

制作実績のホームページで成果が出ているパターン

高い成果を出しているホームページにはパターンがあります。

ホームページから成果を出すには、すべての要素で高い成果を実現している必要はなく、自社が実現できるパターンを把握して、その対策だけに取り組むことで、効率よく成果数を高めることが可能です。

当ページでは、制作実績のホームページで成果が出ているパターンを紹介します。

よく見る成果が出ているホームページのパターン

当ページで紹介するすべての成功パターンでは、ホームページに掲載しているコンテンツが、ユーザー目線を考えて、ウェブマスターができる最高の文章作成を行っているという前提があります。

トップページのSEOに成功している

制作実績のインクジェット印刷を行う企業のホームページでは、トップページのSEO効果が制作実績の中でもずば抜けて高い傾向が見られます。

狙ったキーワードではもちろんですが、ホームページ制作時には意識していなかったキーワードでのSEOにも成功しており、訪問者数の大半がトップページからのアクセスになっています。

では、どのようにしてトップページのSEO効果を高めたのかですが、スタッフブログに自社が打ち出すべき内容をしっかりと打ち出していることが成功要因だと感じます。

各ページの文字数は特に意識をしておらず、自社が打ち出したい内容を定めて、ユーザー目線を意識した新規ページ作成を継続しています。

その結果、下層ページのSEO効果は弱くなっていますが、トップページは着実にSEO効果を発揮しており、訪問者数としては多くありませんが、高い成果を実現することに成功しています。

ちなみに、下層ページのSEO効果を高めるには、もう少し文章を多く記載して欲しいとお願いをしましたが、無理に文字数を増やしてユーザーに価値がないページにしたくないと言われ、その通りだと納得ができたので、現在の運営法を継続していただいています。

下層ページのSEOに成功している

制作実績の非鉄金属を取り扱う専門商社のホームページでは、下層ページのSEO効果が圧倒的に高い傾向が見られます。

下層ページで上位表示を行っているページ数は、制作実績のホームページの中でも断トツに多く、先月の訪問者数としては、10,000人を超えています。

こちらのホームページでは、スタッフブログを使って、加工事例を紹介しており、その加工事例を見たユーザーを成果に繋げようと考えています。

例えば、車の修理を行いたいと考えたときに、整備工場などのホームページで、実際に修理しているシーンをブログ記事で公開していると、同じ事例で困っているユーザーは、自然とそのホームページから問い合わせを行うと思います。

これと同じになり、非鉄金属の加工シーンを紹介することによって、自然とユーザーを成果ページへと誘導しようと考えています。

ただ、トップページのSEO効果はそこまで高くなく、今後は新規ページ作成数を増やしていただくことや、トップページで上位表示を狙っているキーワードと同じ上位表示ワードを定めているページ数を減らす提案をしています。

SNSからの訪問者数が多い

制作実績の双子用抱っこ紐を販売するネットショップでは、SNSからの集客力が高い傾向があります。

当社が新規ホームページ制作を行う前から、SNSの運用だけで売上を向上させていたのもあって、公開直後に、ホームページへのリンクをSNSに掲載することで、高い成果を実現しています。

また、お客さまは、特にSEO対策を行っておらず、新規ページ作成などもほとんど行っていないのですが、それでも見込み顧客がSNS上でそのホームページを紹介してくれたりしているので、SNSからの被リンク本数が増えており、SEO効果も高まっています。

費用対効果だけで見ると、制作実績のホームページの中でも断トツに高い実績企業になっており、今後もSNSを中心にした集客対策を継続されるそうです。

リアルでのホームページの宣伝がうまい

制作実績の株主優待券の販売を行うネットショップでは、リアルでのホームページの宣伝がうまい傾向があります。

ネットショップの最大の魅力は、会員登録者数を増やすことによって、会員に対して、メルマガなどを使って再訪を促すことができることになります。

そのため、当サイトでは、ホームページを公開した直後に行った対策は、FAXDMを送信して、会員登録者数を増やす対策になっています。

そうして、ネットショップを公開してから着実に会員登録者数を増やすことによって、現在では億を超える売上を実現しています。

ただ、こちらのホームページは、SEO効果やSNSからの集客力が高い、さらには成約率も高いので、リアルでの宣伝がうまいだけではなく、ホームページの集客と成約対策全般がうまく機能しています。

まとめ

制作実績のホームページで成果が出ているパターンを紹介しました。

ホームページは制作しただけでは成果を実現することができず、まずは集客対策に成功すれば、最低限の成果数を実現ができ、集客に成功した後ホームページの成約率を高めることが正攻法と言えます。

この集客対策では、どこからの見込み顧客を集めたとしても問題がなく、さらにはどのページの集客対策に成功したとしても、見込み顧客であれば高い成果を実現することが可能です。

ホームページの成果を高めたいとお考えの方の参考になれば幸いです。