セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.10.03

関連性の高い被リンクがあるホームページはSEO効果が高い

ホームページのSEO効果を高めるための被リンクの有効性は変わりません。だからと言って、単にリンク数を増やすだけでは意味がありません。最近のSEOトレンドとして、質の高いコンテンツを持つページだけでなく、そのページと関連性の高い被リンクが非常に効果的であることが強調されています。効果的な被リンク戦略は、質と関連性を最優先とすることが必要です。

関連性がある被リンクとは

関連性がある被リンクとは、具体的に言うと、そのリンクが張られている元のコンテンツと、リンク先のコンテンツがテーマやトピックで密接に関連していることを意味します。例として、このサイトが「ホームページ制作 大阪」に特化している場合、同じテーマやトピックを扱う信頼性のあるサイトからの被リンクは非常に価値が高いと言えます。

昨今、多くのサーチエンジンがユーザーにとっての利便性や検索結果の質を向上させるために、関連性の高いコンテンツやリンクの重要性を高めています。これは、サーチエンジンがユーザーに最も関連性の高い、有益な情報を提供したいという意向から来ています。

検索エンジンが評価する「関連性」とは、単にキーワードやフレーズがマッチしているだけでなく、そのコンテンツがユーザーにとって有益かつ関連性が高いものであることを指します。それに、被リンクの場合、元となるページとリンク先のページがどれほど関連しているか、またそのリンクがどれほど自然であるかが評価されます。関連性が高い被リンクは、SEOの観点から見ても、ユーザーの利便性を向上させるための非常に効果的な手段と言えるでしょう。

しかし、そのリンクが信頼性の低いサイトやスパムサイトからであったり、明らかに自演や人為的なリンクである場合、そのリンクの価値は低下します。このような点を踏まえて、ホームページ制作時には関連性の高い、質の良い被リンクの獲得を意識することが、今後のSEO戦略において非常に重要となります。

関連する被リンクSEO対策

サテライトサイトを制作

関連する被リンクのSEO対策として、サテライトサイトの制作は多くの企業で検討されています。実際に私が手がけたプロジェクトでも、サテライトサイトの運用は効果的な場合が多いのですが、成功の鍵はその運営方法にあります。

主サイトと似たテーマでサテライトサイトを作成する際、しばしば落とし穴となるのが、過度な数のサイト制作です。確かに、多くのサテライトサイトがあればその分リンクの可能性は増えるかもしれませんが、その質が低ければSEOの効果は半減してしまいます。私の経験上、1ドメインに対して1つのテーマを徹底して深堀りすることで、そのサイトの専門性や信頼性を高めることが可能です。この方法を取り入れることで、期待した効果が得られるケースが増えてきました。

もちろん、サーチエンジンのアルゴリズムや評価基準は日々変わります。グーグル自体も、過度なサテライトサイト制作には慎重な姿勢を示しています。しかし、ユーザーにとって価値のある情報を提供するサイトを真心で作成すれば、SEOの効果も自然と付いてくることを信じています。

無料ブログを開設

無料ブログを開設し、被リンクを増やす手法は、かつて多くのホームページ制作会社やクライアントが試みていました。私もこれに関わった多数のプロジェクトで、さまざまな成果を見てきました。アメブロやライブドア、はてなといったプラットフォームは、その手軽さから多くの人々に利用されています。

確かに、私が関わったケースの中で、単純に無料ブログを開設し、そこから自社サイトへのリンクを増やすだけの方法は、SEO効果としてはそれほど高くないと感じています。特に、社員1人に付き1ブログを持たせるというケースでは、内容が希薄になりがちで、リンクの質が低下する恐れがあります。この結果、検索エンジンがそれを高く評価しづらくなります。

しかし、無料ブログの真の価値は、ただの被リンク獲得手段ではなく、質の高いコンテンツを提供する場としての側面にあります。読者やユーザーとの信頼関係を築くことで、間接的にSEOへの効果を生むことが可能です。また、ブランディングや商品のPR、情報発信の手段としても優れているため、単純にランキング向上の目的だけでなく、広告や情報発信のツールとしての側面を活かすことが大切です。

関係サイトからのナチュラルリンク

関係サイトからのナチュラルリンク取得は、SEO戦略の一部として多くの企業が採用しています。私が過去に手がけた案件の中で、実際に関係サイトからのリンク取得に取り組んだ結果、その効果にはバラつきがありました。一般的に、関係性の高いサイトからのリンクは、検索エンジンにとっても価値があると認識されやすいのですが、その一方で、無効化されるケースも少なくありません。

リンクの質や取得方法によって、その評価が変わることがあるため、確実な効果を期待するのは難しいのが現状です。しかし、それでも、狙ったリンク取得活動を行うことで、年間10本程度のリンクが得られることも。一方、放任した場合には、リンク取得の機会を逃してしまうことも多いのです。

この経験から、私はナチュラルリンク取得の取り組みを、継続的かつ計画的に行うことの重要性を痛感しています。確かに一度の取り組みで大きな成果を期待するのは難しいかもしれませんが、長期的な視点でコンスタントに努力することで、SEOの向上に繋げることができます。

まとめ

関連する被リンクの取得について、多くのホームページ制作会社が頭を悩ませています。しかし、私たちがここまで学び取ったのは、自然発生する被リンクを重視することの重要性です。これにより、ホームページ制作時に高品質なコンテンツ作成に専念でき、その結果としてSEOの向上が期待できます。

また、現代のサーチエンジンは賢くなり、価値の低いリンクは自動で認識し、無効化しています。このため、従来のようなリンクの取得戦略は、今後はさらに効果が減少することが予想されます。しかし、それでもコンテンツの質が高ければ、上位表示を実現することができるのです。

この経験から言えるのは、自然発生する被リンクに焦点を当て、コンテンツの品質向上に努めることが、最も効果的なSEO対策であるということ。自らリンクを強引に増やすよりも、ユーザーが求めるコンテンツを提供することで、自然にリンクが増える方が、遥かに信頼性と効果が高いと言えるでしょう。