HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

関連性がある被リンクはホームページのSEO効果を高める

関連性がある被リンクはホームページのSEO効果を高める

ホームページを制作すれば、さまざまなホームページから被リンクが集まります。

しかし、現在の検索エンジンは、この自動的に集まったものを精査していて、関連性があるものを評価しています。

そこで今回は、当社がホームページを制作後にクライアントに提案する関連性と被リンクのSEO効果についてご紹介をします。

関連するホームページから被リンクを集めSEO効果を得る

関連するホームページから被リンクを集めSEO効果を得る

当社のホームページ制作は、公開後に、SEOが必須になっています。

このSEOにおいては、基本的な対策は、新規記事作成になっていて、ある程度ページ数が増えた後は、リライトを行っていただいています。

これだけでも十分に検索順位を上げる対策にはなりますが、制作したホームページのSEOキーワード難易度が高い場合は、被リンク対策を提案するケースもあります。

そこで大切になるのが関連性です。

2015年ごろだったと思いますが、検索エンジンで上位表示をするには、ただ被リンク数が多ければ、良かった時代がありました。

当時、SEO業者やWebサイト制作会社の多くが提案した内容は、ホームページを制作したらアメブロなど、無料ブログを開設します。

そして、そこに文法は正しいけれども、意味が分からない記事を書いて、その記事に当社であればホームページ制作というキーワードが出てくれば、被リンクを行います。

実際に、これだけで1位表示しているケースも多くあるくらい効果がありましたが、行っている企業が多すぎました。

そのため、検索エンジンは、質を見ていて、その質で最初のボーダーラインとして関連性を見ています。

現在においては、まず関連性があるかを見られ、そして、あると判断した後に質を確認されます。

そのため、関連性がないと、SEO効果を生み出す確率が0と言っても過言ではなく、非常に大切な要素になっています。

この関連性と質によって、現在においては、結構な割合で無効化されていて、当社ホームページ制作では、SEO難易度が高い場合を除き被リンク提案を行わなくなりました。

ただ、自然発生するナチュラルリンクであれば、一切ウェブマスターが工数をかけずに集めることができ、ホームページ制作後にナチュラルリンク獲得はおすすめしています。

このように関連性があり、さらには良質なものを自然に集める対策が、SEOになっていて、しっかりとこれらをホームページ制作時に計画を立てる必要があります。

もちろん、ホームページ制作経験で言えば、それほど多くは獲得できておりませんが、それでも獲得できる企業は年に数十以上は集められています。

また、追記として、関連性がなくても効果を出せるケースが2点あります。

それは、1点目として、国が運営するgo.jpドメインからです。

go.jpドメインは、国でないと取得ができないドメインになっています。

そして、当然それは検索エンジンも認識していて、非常に高い評価を検索エンジンから受けています。

そのため、国が運営するホームページからだけは別であると考えて、SEO計画を立てるのが良いでしょう。

そして2点目は、ソーシャルメディアになっています。

よく提案するソーシャルメディアは、ツイッターとフェイスブック、インスタグラム、グーグルビジネスプロフィール、リンクトイン、ラインがあります。

そして、リンクトイン以外は、nofollowが付与され、基本的にはSEO効果はありません。

ただ、nofollowが付いていても、実はサイテーション効果を生み出せます。

サイテーション効果とは、御社独自の単語、例えば社名や住所、電話番号、URLアドレスを指しています。

これらを集めれば、被リンクよりは効果が薄いですが、しかし着実に検索順位を高める効果があります。

このように、国が運営するgo.jpドメインとソーシャルメディアのみ、関連性は関係がないと考えています。

関連性がない被リンクが付いたら

関連性がない被リンクが付いたら

関連性がないと無効化される被リンクですが、万が一ないものがついたらどうしたら良いでしょうか。

これについては、基本的には無視で構いません。

と言うのも、あくまで検索エンジンが行っている処理は無効化になっていて、基本的には御社が制作したホームページへ一切悪影響がないと判断して良いと思います。

ただ、どうしても気になる場合は、以下の手順で対策を行います。

まず、グーグルサーチコンソールにあるリンクから、ホームページについているものをすべて精査します。

そして、関連性がないURLアドレスをチェックし、すべてエクセルに記載しましょう。

もちろん、グーグルサーチコンソールには、CSVダウンロード機能があり、それを利用しても構いません。

そして関連性がないものをテキストファイルに記載をして、リンク否認ツールでグーグルへと送信します。

ただし、否認ツールは、非常にリスクがあるツールになっています。

まずグーグルは自動的に無効化すると発言をしています。

さらには、否認ツールは、完全に無効化する処理が行われ、万が一グーグルが高い評価をしていると、検索順位が落ちてしまう確率があります。

検索順位が落ちるリスクがある上で、実行する必要があり、万が一否認を行う場合は、一気に処理してしまうよりも、少しずつ行いましょう。

少しずつであれば、どれを否認してはいけないかが明確になってきて、否認をして検索順位が落ちれば、解除という流れを繰り返せば、最適化が可能になっています。

関連性に関係なくホームページには被リンクが集まる

関連性に関係なくホームページには被リンクが集まる

関連性の有無に関係なくホームページを制作すれば、さまざまな被リンクが集まるようになっています。

そして、ホームページを制作した企業に提案している内容としては、企業ウェブマスターさまは、基本的には気にする必要はないとお話をしています。

実際に、グーグル自体も、被リンクを気にする必要はなく、ホームページ内を良質なものへと成長させる対策に注力すべきであると言っています。

もちろん、基礎知識を知る必要がないとは思っておらず、基礎知識を知っているうえで、質を高めるサイト更新作業が大切になっています。

なぜ、関係がないのに、基礎知識が必要であるかと言うと、ある日突然検索順位が落ちた場合に、適切な対応が取れるかどうかが変わってくるためです。

まったく知識がない状態で、検索順位をチェックして、落ちていると、焦って間違えた対策を実施してしまうケースがあります。

グーグル曰く、大きく検索順位が落ちたときに、間違えた対策を行ってしまったが故に、さらに検索順位を落とすケースがあるそうです。

ある日突然検索順位が落ち、さらには対策を行った結果、さらに検索順位が落ちると、SEOを行う気力が本当に失われていくと思われます。

そうならないためにも、基礎知識として、しっかりと把握しなくてはならない情報であると理解をしていくようにしましょう。

現在、検索エンジンは関連性がない被リンクは、ほぼ間違いなく無効化されているため、突然検索順位が落ちたケース以外は、さほど気にする内容ではありません。

関連するホームページからの被リンクはSEOのスタートライン

関連するホームページからの被リンクはSEOのスタートライン

当社が考えるに、ベストな選択は、SEO効果を見ながら、どうやって関連性がある被リンクを集めるかを検討することだと思います。

もし、グーグルサーチコンソールで確認をして、現状関連性がない被リンクばかりであれば、効果を得ていない恐れがあります。

さらには、関連性が高いホームページからばかりであった場合は、検索エンジンが低品質と見なすホームページばかりになっている恐れがあります。

この関連性は被リンクSEOのスタートラインであると当社は考えています。

関連性があって初めて、検索エンジンは、精査してくれ、そこで良質と低品質が別れて、良質は検索順位向上、低品質は無効化しています。

このように現在のSEOにおいてはスタートラインであると考えており、このスタートラインに立つには、ホームページ制作中にナチュラルリンク獲得を考えなくてはなりません。

自然発生したものであれば、ウェブマスターに負担は0です。

さらには、仮に低品質だと見なされる割合が多くても、数を集めてしまえば、1%は優良であると判断をしてもらえる可能性があります。

1%だとすると、100件被リンクを集めるには非常に長い時間がかかると思います。

ただ、当社経験で言うと、0から1にする作業は非常に大変です。

しかし、1が獲得できるようになれば、実は定期的に向上させれるようになっています。

もちろん、これまでの実績では、それほど多く集めた経験はありませんが、ただ年間で数十本程度は集まるホームページへと成長させることは成功をしています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP