セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.27

ホームページにある下層ページのSEOはユーザー目線の追求

ホームページ制作は表層だけでなく、下層ページの緻密なSEO対策がビジネスの成功を左右します。下層ページのSEOが成功する秘訣は、複雑なテクニックよりもユーザー目線の追求。それがホームページの魅力を最大化し、訪問者の関心と信頼を勝ち取るカギです。私たちの長年のホームページ制作経験から、効果的な下層ページのSEO戦略とその実践方法をご紹介します。ユーザーの心をつかむ制作の背景には、彼らの視点を深く理解する努力が必要です。

下層ページのSEOに取り組む目的

ホームページ制作の際、トップページのSEOへの取り組みが最優先されるケースが多いのは事実です。しかし、真のホームページの力を発揮するためには、下層ページのSEO対策の重要性を理解する必要があります。

トップページは、サイト全体の「顔」ともいえる部分です。多くのユーザーがまず訪れるページであり、それ故に最もSEO対策の要望が集まります。しかし、サイトの評価を行う際、サーチエンジンはトップページだけでなく、その背後に隠れる多くの下層ページの内容や質もしっかりと評価します。この下層ページの評価が、実はトップページの検索表示順位に大きく影響するのです。

さらに、トップページだけに全てのキーワードを盛り込むことは現実的ではありません。そのため、各下層ページにキーワードを絞ってSEO対策を行うことで、より多くのキーワードで上位表示を目指すことが可能となります。これにより、訪問者の多様性や導入ルートの多様化が図られるため、結果的に訪問者数が増加することが期待できます。

トップページのSEO対策に労力を注ぐのは理解できますが、実際の検索ユーザーの行動を考えると、特定の情報を求めて検索するユーザーが多く、それは下層ページに直接アクセスする形になります。そのため、ホームページ制作の際には、トップページだけでなく、各下層ページのSEO対策の重要性を認識し、ユーザー目線での質の高いコンテンツ制作を心がけることが求められます。

ユーザー目線を実現する下層ページのSEO対策法

上位表示ワードを定める

ホームページ制作の際、下層ページのSEO対策は欠かせない要素となっています。その中でも、ユーザー目線を追求し、実際に役立つ内容を提供することが不可欠です。しかし、どのようなアプローチを行うべきなのでしょうか。

まず、下層ページの制作を始める前に、どのキーワードをターゲットとして取り組むかを明確にすることが必要です。これにより、具体的な方向性を持ったコンテンツ制作が行えるのです。ただし、初めから競合が多いキーワードを選択するのは、成功の確率が低くなります。

新しくホームページを立ち上げる際、一つのアプローチとして、まずは競合が少なく、検索ニーズが存在する「ロングテールキーワード」を選択する方法が考えられます。これは、特定のニッチな領域での検索ボリュームは少ないものの、その分競合が少なく、上位表示を目指しやすいキーワードを指します。

例えば、一般的なキーワードではなく、具体的なサービス内容や商品名、地域名を組み合わせたキーワードでの検索を狙う方法です。これにより、ユーザーが具体的なニーズを持って検索した際に、あなたのホームページが上位に表示される確率が上がります。

また、これらのキーワードを発見するためには、実際に検索エンジンでの検索を繰り返し、ライバルが少ないキーワードを見つけ出す試行錯誤が必要です。そして、見つけたキーワードを元に、ユーザー目線での価値あるコンテンツを制作することで、効果的な下層ページのSEOを実現できるでしょう。

ライバルサイト調査

ホームページ制作において、単にデザインやコンテンツを充実させるだけではなく、SEO対策も非常に重要です。特に、ユーザー目線のSEOは、サイトの訪問者が真に求める情報を提供することを意味します。その一環として「ライバルサイト調査」は欠かせないステップとなります。

選定したキーワードでの上位表示を目指す際、まずはそのキーワードで検索を行い、上位にランクインしているライバルのホームページを調査します。具体的には、見出しタグやコンテンツの内容、構造を分析します。これにより、制作するホームページのコンテンツが適切か、またユーザーが求めている情報がしっかりと網羅されているかを確認することができます。

主要なサーチエンジン、例えばグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなどは、どのようにページの情報の過不足を評価しているかを公開していません。しかし、ライバルサイト調査を通じて適切な情報量を提供することで、検索順位の向上が期待できます。

確かに、初めはこの作業を面倒に感じるクライアントも少なくありません。しかし、実際の作業時間は5分程度。この少しの努力で、ホームページのSEO効果を格段に向上させることができるのです。最終的には、制作したホームページが目的のユーザーに適切に届き、ビジネスにおける成果を上げるための大切なステップとして、ライバルサイト調査を積極的に取り入れることをおすすめします。

キーワードを使った魅力的なページタイトルを作成

ホームページ制作の過程で、下層ページのSEO対策は絶対に見過ごしてはいけません。その中心に位置するのが、キーワードを駆使した魅力的なタイトルの作成です。タイトルは、ページの第一印象を決定する要素となりますので、その重要性は非常に高いです。

SEOワードの選定後、一般的に本文の制作に入る方が多いですが、実はその前にタイトルの制作に注力することが推奨されます。なぜなら、タイトルは検索結果に表示される最初の要素であり、ユーザーがクリックを決意する大きな要因となるからです。

まず、タイトル制作の際の第一歩として、選定したSEOワードでの実際のグーグル検索を実施します。この検索を通じて、既存の上位ページとの差別化を図るとともに、どのような表現がユーザーにとって魅力的かを洞察します。

続いて、タイトルの文頭にSEOワードを配置することを心掛けます。これは、検索エンジンがページの内容を判断する際に、タイトルの初めの部分に与える評価が高いためです。しかし、単にキーワードを羅列するのではなく、ユーザーがクリックしたくなるような表現を組み合わせることが大切です。

例えば、あるホームページ制作サービスのキーワードが「高品質ホームページ制作」とした場合、タイトルは「高品質ホームページ制作:お客様の満足度を追求する5つのポイント」といった具体的かつ魅力的なものとすると、ユーザーの関心を引き付けることができます。

このように、SEOワードを適切に組み込みつつ、ユーザー目線のタイトルを作成することで、サイトへの訪問者数を増やし、成功するホームページ制作を実現することができます。

見出しタグを決めていく

ホームページ制作におけるSEO対策の中でも、下層ページの最適化は非常に重要です。特に、ユーザー目線でのアプローチが求められる昨今、見出しタグの役割は大きく変わりつつあります。

タイトルの設定後、本文の作成に先立って、H2やH3として活用する見出しタグの設定を行うのは非常に有効な手法です。これにより、記事の構造や流れが明確になり、タイトルに無関係な内容を書くリスクを低減させることができます。ユーザーは情報を効率的に摂取するため、関連性の高い情報の構造化が必要です。

従来、見出しタグにキーワードを詰め込むことが一般的でしたが、最近のホームページ制作のトレンドとして、必要以上のキーワードの詰め込みは避けられるようになってきました。上位表示されるホームページの中には、キーワードを見出しタグに盛り込んでいないものも増えています。これは、サーチエンジンがユーザーの利便性を最優先として、コンテンツの質や関連性を重視するようになったためです。

したがって、下層ページを制作する際の要点は、タイトルに関連しない情報を避け、関連する情報を完全に網羅することにあります。これにより、訪問者は求める情報に迅速にアクセスすることができ、ホームページの評価も向上します。ユーザー目線のSEO対策は、制作するホームページが真の価値を持つための基本であり、この原則を忘れずに、質の高いコンテンツ作りを心がけることが重要です。

本文を作成

ホームページ制作において、ユーザー目線のSEO対策は非常に重要です。特に、下層ページのコンテンツ作成時には、この考え方を前面に出す必要があります。

見出しの設定が終わった後、本文の作成に取り掛かる際、まず最初に心掛けるべきは、ユーザーが求める情報を正確に、そしてわかりやすく提供することです。サーチエンジンのアルゴリズムが、どのようにしてユーザー目線のコンテンツを評価しているのかは一般には公開されていません。しかし、一つ明らかなのは、ユーザーにとって有益かつ魅力的なコンテンツを持つホームページは、SEOの観点からも高い評価を受ける傾向にあるということです。

文字数に関しての指摘もありましたが、必ずしも多い文字数が良いとは限りません。確かに、ある程度の文字数がある方が、詳細な情報提供が可能であるとされてきました。しかし、最近のホームページ制作の傾向としては、必要以上に文字数を増やすのではなく、1,000文字程度でも十分な情報量を持ち、それを効果的に伝えることができるホームページが評価されています。

例として、制作実績であるウィズカッパーのケースを見ても、1ページ当たり1,000文字以上を目安にしたコンテンツ更新を続けており、高いSEO効果を得ています。このため、私たちホームページ制作会社としても、1,000文字を下層ページの最低基準として定めています。

最終的に、SEOの効果を最大化するためには、ユーザーが何を求めているのかを理解し、そのニーズに応えるようなコンテンツ制作を心がけることが何よりも大切です。

画像の貼り付け

ホームページ制作の際、下層ページのSEO対策は欠かせません。その中でも、ユーザー目線を追求するための画像の貼り付けは非常に重要な要素となります。

文章が完成した段階での画像の取り扱いは慎重に行うべきです。ただ単に画像を追加するのではなく、その画像が本文の内容を補完し、更にユーザーの理解を助ける役割を果たすものであるべきです。このような意識的な画像の利用は、サーチエンジンからの評価だけでなく、訪問者からの評価も高める要因となります。

サーチエンジンは、ページの全体的な品質やユーザー体験を評価する際に、適切な画像の有無も一つの要素として考慮します。適切な画像の挿入は、ユーザーが情報を消化しやすくするだけでなく、ページのプロフェッショナルな印象を強める要因ともなります。制作実績に基づくと、画像を適切に取り入れたホームページは、SEOの効果も実感できることが多いです。

ただし、画像の数や種類に制限を設けるのではなく、ページの内容や目的に合わせて最適な数と種類の画像を選定することが大切です。オリジナルの画像、特に実際の製品写真やオリジナルの図解など、そのホームページ制作のために特別に用意されたものは、他のサイトとの差別化や信頼性の向上にも寄与します。

最終的に、画像の選定と貼り付けはユーザー目線でのSEO対策の一部として、そのページの価値を最大限に引き出す手段として考えることが必要です。

内部リンクの設置

ホームページ制作の過程で特に注目されるのが、内部リンクの設置です。これは、サイト内の各ページの情報を繋げ、ユーザーやサーチエンジンにその関連性を示す重要な手段となります。

内部リンクはSEOにおいて非常に大切な要素であり、その効果的な利用はユーザー体験を向上させるだけでなく、サーチエンジンにおけるページの評価をも高めます。しかし、内部リンクの設置には注意が必要です。単にリンクを増やすだけではなく、リンクするページ同士の関連性が明確でなければなりません。関連性が低いと判断されると、SEOの評価が低下する恐れがあります。

制作の際、一度は内部リンクの設置を見送ることも有効です。時間を置いてからページを再度確認し、必要性を改めて判断することで、より的確な内部リンク戦略を策定することが可能となります。

ホームページ制作の専門家として、我々はユーザー目線を常に最前線に置く必要があります。内部リンクの設置も例外ではありません。訪問者が求める情報に迅速にアクセスできるよう、彼らのニーズや興味を尊重し、適切なリンクを提供することが最も重要です。この点を常に心がけることで、訪問者はサイトを効果的に利用することができ、サイトのSEO価値も高まるでしょう。

公開前後に読み直し

ホームページ制作の中で、内容の質を保つための一つの鍵として「読み直し」が挙げられます。下層ページのSEOにおいても、これは非常に重要なステップとなります。特に制作過程の最後の段階での読み直しは、多くの制作会社、そして当社も実践しています。

公開前の読み直しは、文章の流れや語句の選び、そしてキーワードの配置など、さまざまな視点でのチェックを可能にします。この時点での見直しは、ユーザーにとって読みやすい、そしてSEOに強いページを作成するための最後のチェックとも言えるでしょう。公開後の読み直しもまた、実際のライブ環境でのページの挙動や表現を確認し、必要に応じて修正するための大切なステップです。

実際にホームページを公開する前に、自分の書いた文章を冷静に読み直すことで、予期しない誤字や脱字、そして意味の不明瞭な部分を発見することができます。また、読み手としての視点を持つことで、よりユーザー目線の内容に仕上げることができます。

SEO対策の中でも、「キーワードの利用率」などのテクニカルな面だけを追求するのではなく、最終的には「読み手のためのコンテンツ」を制作することが最も重要です。読み直しの過程を通じて、ユーザー目線での最適化を図ることが、SEOの成功へと繋がります。

関連ページを作成

ホームページ制作の際、SEO対策としてのコンテンツ作成は非常に重要な要素となります。しかし、単一のページだけに焦点を当てるのではなく、全体の構造や関連性も考慮することが求められます。その中で「関連ページの作成」は、ユーザー目線でのSEO強化に欠かせない手法の一つです。

サーチエンジンは、ユーザーにとって価値のある情報を提供することを目的としています。そのため、特定のキーワードに関連するページがホームページ内に複数存在する場合、そのホームページはそのキーワードに強いと認識される可能性が高まります。これは、ユーザーが求める情報を豊富に持っているという証となるからです。

例えば、当社のホームページでは「下層ページ SEO」の対策を進めていますが、それと同時に「下層ページ作成」に関するページも制作しています。これにより、ユーザーが「下層ページ」に関する様々な情報を求める際に、当社のホームページが総合的に役立つ情報源として認識されるのです。

また、関連ページを制作することで、ユーザーはさらなる情報を手に入れることができます。これは、ユーザーのサイト内での滞在時間の増加や、再訪率の向上にも繋がり、SEO効果の強化に寄与します。

関連ページの制作は、単にSEO対策としてだけではなく、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供するための手法としても有効です。そのため、ホームページ制作時には、各ページがどのように関連しているのかを常に意識し、総合的な情報提供を目指して制作を進めることが求められます。

まとめ

ホームページ制作の現場での経験と、SEOの専門知識を組み合わせて、下層ページのSEO対策の要点をお伝えしてきました。このデジタルな時代において、SEOはホームページの成功の鍵となる要素の一つです。しかし、現代のSEO戦略は、単に技術的なテクニックを適用するだけでは不十分であり、真に効果的なSEOはユーザー目線を取り入れたものとなります。

ホームページ制作時に、技術的なSEO対策はもちろん重要ですが、それよりもユーザーが求める情報や使いやすさ、価値を提供することが最も重要です。これは、単なる数字やデータに基づくものではなく、ユーザーのニーズや感情、体験に焦点を当てたものとなります。

実際に、ユーザー目線のSEO対策は、一度完了すれば終わりというものではありません。時代やトレンド、ユーザーの要望に応じて、継続的な見直しや改善作業が求められます。これは、ユーザーにとって最適な体験を提供するための絶え間ない努力として捉えることができます。

最終的に、ホームページ制作の際には、ユーザー目線でのSEO対策の重要性を忘れずに、長期的な視点での対応を心がけることが大切です。そうすれば、下層ページも含めたホームページ全体がユーザーに受け入れられ、訪問者数やコンバージョン率の向上を期待することができるでしょう。