HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEO調査と分析で行う内容!ホームページの検索順位を上げるために

SEO調査と分析で行う内容!ホームページの検索順位を上げるために

ホームページを制作すれば、当社では、集客対策として、SEOをおすすめしています。

ただ、当社では、ホームページ制作後に、「サイト運営を行えば上がりますよ」とお伝えしているだけではなく、しっかりとSEO調査と分析を行っています。

そこで今回は、当社が実施しているSEOの調査と分析法をご紹介したいと思います。

SEO調査と分析の大切さ

SEO調査と分析の大切さ

ホームページを制作したら、SEO調査と分析は、必須になっております。

このSEO調査と分析は、自社サイトはもちろん、ライバルサイトに対しても行う必要があり、タイミングに応じて、調査と分析法が少し異なってきます。

なぜ、SEO調査と分析が必須になっているかと言うと、従来では、狙ったキーワードに関連するページ数が多い方が上位表示されていました。

実際に、最近はあるか分かりませんが、2017年ごろは、ホームページ制作後にSEOを行いたいと言われれば、公開後に、新規ページ作成を行ってくださいと言うのが一般的でした。

それは、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど、主要な検索エンジンは、検索キーワードに対して、どれくらい詳しいかだけを判断していたのです。

どういうことかと言うと、上位表示対策には、主に2点のポイントがあり、それは作成したウェブページと、関連したページです。

まず、従来においてご説明をいたします。

まず作成したウェブページにおいては、タイトルに関連する原稿量を増やすことで上位表示ができておりました。

当時よく言われていたのが、長文SEOです。

文字数が多ければ多いだけ、上位表示ができておりました。

次に関連ページについては、実は単純に関連するページ数が多く長文SEOを行っていれば、上位表示ができておりました。

例えば、【ホームページ制作 大阪】でトップページを上位表示したいと考えます。

その時には、関連するタイトルになる【ホームページ制作 自分で】や【ホームページ制作 サブスク】などのグーグルの検索結果に出てくる関連キーワードを利用して新規作成します。

そうすると、検索エンジンは、【ホームページ制作】で詳しいのかと判断をして、上位表示をさせていたのです。

これが2017年ごろに、Webサイト制作会社が「新規作成をしてください」と提案していた理由になります。

上記であれば、SEO調査と分析は、単純に、御社と上位表示キーワードが同じで、10位以内にランクインしているライバルサイトのページ数をカウントするだけで良かったのです。

しかし、現在においては、実は検索エンジンは、質までを評価基準に加えてきて、SEO調査や分析内容も多くなっています。

簡単に言うと、従来は長文SEOを行っていたページ数が多かっただけで、上位表示ができていました。

しかし現在においては、ライバルサイトのページ数はもちろんカウントしておりますが、プラスアルファとして質も調査と分析を行う必要が出てきたのです。

そして、さらに面倒になったのが、ライバルサイトだけではなく、自社サイトの質も調査と分析が必要になったという点です。

現在においては、この質が低いと、どんなにページ数が多くても、絶対に上位表示ができなくなっていて、SEO調査と分析は、ホームページを制作したら必須になっています。

では、このSEO調査と分析は、お客さまの状態によって、内容が多少異なってくるため、それぞれの状態でどのような作業が発生するかをご紹介します。

新規ホームページ制作時のSEO調査と分析

新規ホームページ制作時のSEO調査と分析

新規ホームページ制作時においてのSEO調査と分析法をご紹介します。

ライバルサイト

新規ホームページ制作を行う前に、ライバルサイトをチェックしましょう。

このライバルサイトをチェックすることによって、どのようなホームページ制作を行えば、SEO効果を出せるかが明確になってきます。

まず、御社が主要な、すなわちトップページで狙っているキーワードでグーグル検索を行ってみましょう。

そして10位以内のランクインサイトのページ数をカウントします。

カウント方法は、【site:トップページURL】で検索します。

これを1位から10位サイトに対してすべて実施します。

ここで、ページ数が少ないのに上位表示しているホームページは、質が高いと判断されていると考えます。

そのため、まずは平均値を出して、取り敢えずの目標値に定め、そして次にページ数が少ないのに10位以内にランクインしているホームページの質を確認します。

次にページ数が少ないのに、なぜ上位表示ができているかと言うと、グーグルから評価されるようなページをしっかりと作成しているからです。

基本的にはグーグルから評価されるためには以下のポイントが大切です。

  • 重複コンテンツがない
  • タイトルに対して詳しい

ホームページ制作が完了後、上位表示に必要なページ数と、ページ数が少ないのに上位表示しているホームページよりも、良質なページを作り込むことで、御社も上位表示が可能になります。

ただし、忘れてはならないのは、御社がメインで上位表示を狙うキーワードに関連する内容での記述です。

これを行わないと、どのようなキーワードで上位表示ができるか分からなくなってしまうため、絶対に注意しておきましょう。

タイトル作成

当社では、ホームページ制作作業中に、クライアントと弊社でライバルサイトを参考に、実際にクライアントさまが新規作成するページのタイトルを定めています。

ここで大切になってくるのが、ニーズが同じページを作らないことです。

ニーズが同じだと、単純にカニバリが発生してしまい、そのページの評価が0になってしまいます。

またさらには、カニバリ数が多くなると、全体の評価が低くなってくるため、絶対にSEOで成功させることができません。

そのため、カニバリを意識しながら、ライバルサイトのタイトルを見て、御社が新規作成するタイトルを定めていきましょう。

上記が新規ホームページ制作時に行うSEO調査と分析法になっていて、しっかりと行っていれば、新規ドメインであれば、必ず狙い通りの検索順位が可能です。

ホームページリニューアル時のSEO調査と分析

ホームページリニューアル時のSEO調査と分析

新規ドメインでのホームページ制作の場合は、実際に極端に難易度が高い以外を除き、上記のSEO分析や調査だけでも上位表示が可能です。

そして難しいのが、ホームページリニューアルになり、新規ホームページ制作のSEO調査と分析に加えて、以下作業を行います。

このホームページリニューアルでは、SEOを考慮していれば別ですが、何も考えずにサイト運営を行っていると、まずはニーズが同じ、すなわちカニバリが発生しているページを探します。

そして、それらのページを統合するようにすることで、検索順位を高めることが可能になります。

さらに、手間がかかるのが、URLアドレスを変更するケースです。

URLアドレスが変更された場合は、もともと存在していたページから、同じ内容の新ページへと301リダイレクトが必須になってきます。

ホームページリニューアルを実施して、検索順位が落ちたメインの理由が、301リダイレクトを行っていないになっています。

そのため、URLアドレスが変更されるページについては、元から先へとしっかりと301リダイレクトを行うようにしましょう。

この301リダイレクトの検討は、主にホームページ制作作業の前に行うことが一般的で、当社では、あらかじめ.htaccessにリダイレクト情報を記載するようにしております。

日々のサイト運営の中でのSEO調査と分析

日々のサイト運営の中でのSEO調査と分析

最後に、日々サイト運営を行う際には、どのようなSEO調査と分析が必要になるかをお紹介します。

基本的には、ライバルサイトを見て、作成するページタイトルを定め、そしてライバルよりも詳しい情報を公開していくことに違いはありません。

ただ、日々のサイト運営の中と言うことは、グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクス、さらには検索順位がチェック可能です。

グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスは、一般的にはホームページ制作後にWebサイト制作会社が導入してくれています。

そのため、これらのツールを見ながら、流入ができていないページや想定と違った検索キーワードで上位表示しているページを発見し、リライトを行いましょう。

日々のサイト運営の中で行う作業は、基本的にはライバルサイトのチェックとリライトが中心になってくると思います。

もちろん、SEOの仕様によって異なるのですが、現在は個々のページの質が非常に重要視されているため、むやみに新規作成は不要です。

それよりも、適切にニーズが異なるページをリライトしていくことに注力していったほうが高い検索順位になるように思われます。

質が低いページのSEOのマイナス効果は非常に高く、実際に質が低いページが多いと、どんなに新規作成を行っても上位表示はできません。

もちろん、だからと言って、Webサイト制作会社が作成したページ数だけではなく、当初に定めた目標ページ数までは作成しましょう。

SEO調査と分析はホームページを制作したら必須

SEO調査と分析はホームページを制作したら必須

上記が当社が行っているフェーズごとのSEO調査と分析です。

基本的には新規ドメインでのホームページ制作がもっとも簡単に上げることが可能です。

ただし、低品質は絶対にいけません。

低品質でなければ、多少カニバリが多いなと思うようなホームページであっても、上位表示を実現しております。

この調査と分析結果を使ったSEOは、非常に高い効果を出せますので、ぜひまだ調査をしたことがないやSEO自体をしたことがない方は、試してみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP