セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.07.04

SEO効果の高いホームページ内にあるブログ記事のテーマ

ホームページ制作が完了した後、ブログ運営を開始する企業や個人は、効果的なSEOテーマを常に求めています。記事のテーマ選びは、SEOの効果を最大限に引き出すための鍵となります。制作後のホームページが輝きを放つためには、どのようなテーマでブログを更新すれば良いのか、どのテーマが読者の関心を引き、サーチエンジンからの評価を得られるのか、これらの疑問は非常に重要です。当社の豊富な制作実績と継続的なデータ分析をもとに、SEO効果の高いブログ記事テーマを明らかにし、皆さまのコンテンツ制作の参考になる情報を提供いたします。

一般的にSEOとブログ記事のテーマは関係がない

多くの方が考える「SEOとブログ記事のテーマは直接の関係がない」という考え方には一理あるのですが、実際のところは少し違います。確かに、制作したホームページが特定のキーワードで上位に表示されるためには、そのキーワードに関連する内容をしっかりと含めることが基本となります。しかし、それだけでは十分ではありません。

サーチエンジンは、ユーザーが求める情報を提供するページを評価します。そのため、ホームページ全体がどれだけ情報を詳細に伝えられるか、そしてその情報がどれだけ質の高いものであるかが重要となります。実際、当社の制作実績を振り返ってみると、ビジネスに関連するテーマで記事を公開しているクライアントの中には、特定のテーマを取り上げることでSEOの効果が格段に上がったケースが確認されています。

なぜそうなるのか。それは、一般的なビジネステーマよりも、特定のテーマを深く掘り下げた記事が、より多くのユーザーの検索ニーズに応えられるためです。細かなテーマやニッチな内容ほど、競合が少なく、専門的な情報を求めるユーザーにアピールしやすくなります。

このような実例を踏まえると、単にビジネスに関連する任意のテーマを選ぶのではなく、ユーザーが本当に求めている情報を提供するテーマ選びがSEOにおいては非常に重要であると言えます。そして、そのようなテーマ選びをサポートし、高いSEO効果を引き出すのが、当社のホームページ制作の強みとなっています。

制作実績で高いSEO効果を出したテーマ

実績公開

ホームページ制作における弊社の実績は多岐にわたりますが、その中でも特にSEO効果が高まったのは「実績系テーマ」のブログ更新でした。具体的には、お客様が制作したホームページ内の実績コンテンツには概要を掲載し、ブログ部分で詳細を紹介しています。特筆すべきは、この詳細部分に多数の写真を掲載している点です。

ブログ記事の品質は、特段優れているわけではありませんでした。記事の文字数も一般的な範囲内で、500から1,500文字程度。しかし、その記事内には平均10枚前後の画像が掲載されていました。この豊富な画像がSEOにおける大きな要因となったのです。

また、実績コンテンツとブログ記事の間には、相互リンクが存在し、訪問者は双方向にスムーズに移動できる構造になっています。この相互リンクにより、ユーザーのサイト内での滞在時間が伸び、それがSEO効果を向上させたと考えられます。

その成果として、トップページは多くのキーワードでの上位表示を実現しました。一方、ブログ記事自体の文字数が少ないため、各ブログページのSEO評価はそれほど高くありませんでしたが、トップページの関連性が高まり、総体的なSEO効果が大きく向上しました。

この事例から、ブログ記事においても、単に文字数やキーワードだけを追うのではなく、ユーザーが真に求めるコンテンツ、例えば写真などのビジュアル要素を豊富に取り入れることで、SEO効果を高めることができるという示唆を得ることができます。

企業日記

ホームページ制作の中で、特にSEO効果が高いと感じたテーマの一つが「企業日記」です。企業日記と聞くと、初めての方はどんな内容を掲載するのか疑問に思うかもしれません。しかし、これが驚くべき効果を持っているのです。

企業の日常の出来事や取り組みをブログとして掲載するこのアプローチは、各ホームページで独自のカラーとして展開されています。すべての企業が同じ内容の日記を書いているわけではありません。出張が日常的な企業では「出張日記」、生産にフォーカスがある会社では「生産日記」として内容を展開しています。

例えば、大阪市内での営業活動を日常的に行っている会社が、その活動をリアルタイムでブログ記事にしていたとします。しかし、これが必ずしもユーザーにとって魅力的であるとは限りません。そこで、企業が日々の業務の中で感じる「これはお客様に伝えたい」というポイントを抽出し、それを基に記事のテーマを絞り込むアプローチを取ります。

このように、制作するホームページごとに企業の特色や強みを活かしたテーマを設定することで、ユーザーの関心を引きつける内容を展開しています。このようなオリジナリティあふれる内容が、SEO効果を高める大きな要因となっているのです。

おすすめ〇選記事

制作実績を通して、私たちが見つけたSEO効果が高いブログ記事のテーマの一つが、「おすすめ〇選記事」です。特に地域を明示したタイトル、例として「大阪のSEOに強いホームページ制作が可能なWeb制作会社5選」といったものは、高い検索エンジンの評価を受けやすいです。

その理由は何かと考えると、ユーザーが検索エンジンに求めている情報の精度とその記事の内容が一致しているからです。この手の記事は、その地域のホームページ制作に関する専門知識や評価をベースにしているため、情報の信頼性や価値が高まります。

さらに、このような記事に特化した内容を提供することで、ライバルサイトとの差別化を図ることができます。具体的には、記事内で大阪のWeb制作会社へのリンクを掲載することで、サーチエンジンがその記事の関連性や価値を高く評価することが期待されます。

ただし、ホームページ制作の実績を持つお客さまの中には、この手の記事の制作を検討していないケースが多いかもしれません。その背景には、制作の目的が問い合わせの獲得や商品販売など、直接のビジネス成果を重視していることが挙げられます。そうしたケースでは、SEO効果を追求するだけでなく、ホームページの制作目的を明確にし、それに沿った内容を検討することが重要です。

効果が出づらいのはノウハウ系ブログ

ホームページ制作の現場でよく取り上げられるのが、SEO効果を追求したコンテンツ戦略です。中でもノウハウ系のブログ記事は多くの企業が取り組む分野となっています。しかし、実際にはこれらの記事で高いSEO効果を得ることは難しくなってきています。

なぜなら、ノウハウ系の記事は、多くの企業がすでに投稿しているため、新規で記事を制作する場合、既存の記事との差別化を図ることが難しくなっています。特に、同じテーマの記事が溢れている中で、独自の視点や情報を提供しない限り、サーチエンジンからの評価が低くなるリスクが高まります。

さらに、ノウハウ系のブログは、継続的に情報更新を行う必要がある点もハードルが高いと言えます。技術や市場環境の変化に対応した内容の更新が必要となるため、一度制作した記事に対するフォローアップが欠かせません。

一方で、企業の実績紹介や企業日記のようなコンテンツは、他社との差別化がしやすく、ブランドの信頼性や独自性をアピールする絶好のチャンスです。こうしたコンテンツは、読者にとっても新鮮な情報や企業の独自の価値を伝えられるため、SEO効果が期待できると同時に、ブランドロイヤルティの向上にも寄与します。

結論として、ノウハウ系のブログ記事は、確かに価値がある情報提供としての側面は持っていますが、SEO効果を最大化したいのであれば、企業の独自性を活かしたコンテンツ制作にシフトすることをおすすめします。

まとめ

ホームページ制作において、SEO効果の高いブログ記事は非常に価値が高まってきています。これは単に訪問者数を増やすだけではなく、ブランドの権威性や信頼性を高める手段としても重要です。

まず、このページではSEO効果の高いブログ記事のテーマに焦点を当てて、その具体的なアイディアや方向性を解説しました。しかし、テーマ選定だけで終わりではありません。ホームページ制作のプロセスで忘れてはいけないのは、そのテーマに沿った質の高いコンテンツの提供です。ユーザーが実際に読んで満足し、さらにシェアしたくなるような記事は、サーチエンジンからの評価も高くなります。

また、記事制作の際にもオリジナリティを追求することが求められます。同じテーマでも、異なる視点やアプローチで情報を提供することで、ユニークな価値をユーザーに提供できるのです。そして、それがSEO効果を最大限に引き出す秘訣となります。

しかし、結局のところ、どのテーマを選ぶかはウェブマスターやホームページ制作担当者の独自の判断に委ねられます。上記のガイドラインや提案はあくまで参考の一つとして活用してください。最も大切なのは、そのホームページやブランドの特色・強みを活かし、ターゲットとなるユーザーに最も響く内容を提供することです。

最後に、SEOは常に変化する分野です。だからこそ、定期的に最新のトレンドや情報をキャッチアップし、柔軟に戦略を見直すことが必要です。ブログの更新だけでなく、その背景にあるSEOの思考も常に進化させていきましょう。