サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

成約数が足りない!SEOキーワードに区を含め成果が倍増したホームページ

区を含めたSEOで成果が倍増したホームページ

ホームページ制作実績のプラシアさまが、SEOキーワードに市だけではなく、区も含めたところ、一気に成約数が高まった事例をご紹介します。

プラシアさまへのホームページ制作提案は、非常に難しかったことを覚えています。

ヒアリング段階で、【外壁塗装 大阪】で1位表示ができるホームページを制作できるかを確認されました。

もちろん、可能と答えれば、受注ができると思ったので、可能と答えたかったですが、結局SEOはグーグル次第であるため、調査したいので返事は少し待って欲しいと答えています。

調査をした結果、とにかくウェブページ数が多いホームページが上位にランクインされていましたが、基本的なSEOは不十分だと分かりました。

そのため、「サイト運営が大変ですが努力すれば上がる」と伝えたところ、アイミツで勝てました。

ホームページ制作後と現在の検索順位

ホームページ制作後と現在の検索順位としては、ご依頼いただいた【外壁塗装 大阪】で、1位から3位にランクインされています。

そのため、ホームページ制作提案でのSEOは達成していて、お客さまも、取り敢えずは満足ができる順位になっています。

さらに、競合他社サイトはウェブページ数が膨大で、2022年5月現在で、プラシアさまは155ページに対して、上位表示しているホームページは1,000ページぐらいあります。

そのため、十分に満足できる結果になりました。

これもひとえに、レクチャー通りサイト運営を実行したプラシアさまの運営努力だと思います。

ただ、1点だけ問題点があります。

それは、ホームページを制作した後、3ヶ月程度で【外壁塗装 大阪】で上位表示ができたのですが、思ったほど、成約数が伸びなかったことになります。

プラシアさまは、SEOに依存しているわけではなく、リスティング広告やYouTube広告、MEO、チラシ配布など、さまざまな集客対策をコストをかけて行っています。

そのため、検索結果から何人集まれば、大体これくらいの成約数になるだろうと予測を立てていますが、検索からの訪問者数の成約率が想定よりも低い結果になっていたのです。

これは、弊社にも責任があり、作成したウェブデザイン性が悪いや、掲載内容が悪いなどの問題があったのですが、これらの改善には予算が必要になります。

SEOキーワードを市から区へ

SEOキーワード区を追加

成約率が低い場合の改善は、基本的には、制作したホームぺージにも問題があるので、ウェブデザインやコンテンツ内容の改定が一般的です。

ただ、お客さまがそれを行うのはHTMLタグなどを理解していないと難しいので、予算をかけずに行える対策として、SEOキーワードの変更を提案しました。

SEOキーワードの変更では、大きく変更してしまうと、現在上がっている【外壁塗装 大阪】で検索順位が落ちる可能性があります。

そのため、大阪だけではなく、都島や城東など、区でも上がる対策を提案しています。

この変更は、実はホームページを改定しなくてもよく、スタッフブログで更新するルールを少し変更だけで良かったのです。

そして、その日からスタッフブログの更新法を変更いただき、大体3ヶ月くらいが経過したら、【外壁塗装 都島】などの区でも上位表示ができていました。

確か最初に上がったキーワードが、【外壁塗装 都島】だったと思いますが、上がってしまえば対策法が正しいと推測でき、同じやり方で、城東など他の区も上げていただきました。

ただ、鶴見などについては、【外壁塗装 鶴見】で検索したら、横浜の鶴見が出てきてしまうので、他府県にある場合は大阪を含めた対策としています。

成約率はどうか

もともと、【外壁塗装 大阪】だけでは、上位表示ができましたが、成約率が低かったので、SEOは失敗に終わっていました。

そのため、大阪はもちろんキープしたうえで、都島や城東などの区で上位表示対策を行いました。

現在では、大阪市にある本当に多くの区で上位表示を実現しています。

では、上位表示後のホームページの成約率で言うと、検索からの訪問者数全体で0.2%ほどを向上させることに成功しています。

実際に、もともとが低すぎたので、0.2%を向上させるのは、それほど大変ではなく、しかし、0.2%向上したことで、期待通りの成約数にできました。

現在では、別のニーズの訪問者を集める新たなホームページ制作を検討されていて、相見積やコンペではなく、弊社だけにご相談をいただけるようです。

区の追加はそれほど難しくない

区を含めたSEOはそれほど難しくない

プライアさまが制作したホームページで言えば、大阪で上げたけれども、思ったほど成約数が伸びなかったので、区での上位表示対策を追加しています。

そして、この区で上げるのは、実は大阪で上げるよりもずっと簡単で、少しだけブログ運営法を変更するだけになっています。

その変更法としては、主にブログの更新をする際に、例えば「雨漏り補修 大阪市 3万円の実績」というタイトルではなく、「雨漏り補修 大阪市都島区 3万円の実績」になります。

また、もちろんタイトルだけではなく、本文でも最低でも2,3回は都島を利用する程度になっていて、これまでの運営法に区を意識するだけになるのです。

基本的に、グーグルは、ユーザーの検索キーワードに対して、もっとも詳しく、分かりやすいホームページを上位表示しています。

そして、この分かりやすさについては、大阪で上がっていたので、問題がなく、後は区を含めたウェブページにするだけで良いのです。

もちろん、区を含める際には、すでにアップしているウェブページの改定も必要です。

ただ、この改定は、検索順位とグーグルアナリティクスの検索から、訪問者数を見ながら、慎重に行っていただきました。

既存ページを改定して、グーグルからの評価が変わってしまうと、せっかく大阪で上がっているのに落ちてしまう可能性があるので、細心の注意をいただきました。

BtoCのホームページ制作では区も考えよう

当ホームページ制作事例から、BtoC企業であれば、大阪だけではなく、都島や城東など、区を含めたキーワードも大切だと思います。

ただ、大阪を除外して良いわけではなく、大阪でも上げながら、都島や城東などのキーワードでも上げるようにしましょう。

もちろん、プライアさまのように、まずは大阪だけで上げてみて、成約数を見た上で、区を追加するのも良いとは思います。

しかし、区で上げる対策は、実はライバルサイトもそれほど力を入れていないケースが多く、結構簡単に上げることが可能です。

そして、大阪だけで上げるよりも、区で上げる方が時間も短くて良いため、早い段階から成果を得ることが可能です。

BtoC企業で、現在ホームページを制作中の方であれば区も含めたSEOを、すでに公開している方はブログの更新内容で区を含めることを意識することで、SEO効果を倍増できると思います。

もちろんですが、BtoB企業であったとしても、地域を限定したビジネスを行われている場合は、都道府県だけではなく、市区町村も含めれば、効果が向上するかもしれません。

現在のSEOにおいては、どのキーワードで上位表示を狙えば良いかが非常に見えづらくなっています。

ただ、闇雲にキーワードを定めるのは駄目で、しっかりと調査したうえで、サイト運営期間が長くなればなるほど上位表示キーワードが増えるようにサイト運営を継続しましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP