サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEO効果あり!被リンク元のウェブページ削除や新規ページを作成

被リンクの整理はSEO効果があった!

2010年ごろに膨大な量の自作自演の被リンクを行ったホームページ制作実績の会社があります。

この会社は、ずっとトップページで狙ったキーワードで、2か3ページ目に表示されていて、トップページでのSEOは諦めていました。

しかし、弊社は、ホームページを制作していたり、リニューアルのご依頼をいただいたりしているので、そういうわけにはいきません。

そのため、昔に、お客さま自身で制作したサテライトサイトのFTP情報や、無料ブログのログイン情報をいただき、現在ある被リンクの削除とウェブページのURL変更を実施しました。

その効果があり、現在では、トップページで狙った複数のSEOキーワードで、1か2ページ目まで向上することができました。

SEOにおいては、現在はホームページ制作とサイト運営だけでも上げれます。

ただ、過去に被リンク対策を行っているドメインでは、マイナス効果を与えている可能性もあります。

2012年ごろの被リンクがマイナス

大変申し訳ありませんが、ホームページ制作実績とだけのお伝えになり、会社名は公表できません。

世の中的に、自演で被リンク対策を行うこと自体が、あまり良いと言えないイメージがあるので、会社名は一応伏せさせていただきます。

そちらの会社さまでは、ホームページ制作をご依頼いただいたのが、弊社が創業してすぐの2010年頃になるのですが、当時はまだ被リンク効果が高かった記憶があります。

そのため、ホームページを制作したら、無料ブログを使った被リンク対策をよく提案していました。

そして、2015年ごろだったと思いますが、グーグルがペンギンアップデートを行い、価値の低い被リンクが多いホームページの検索順位を一気に下げたのです。

現在では、基本的にはグーグル曰く、価値の低い被リンクは、無効化していると言っています。

もちろん、弊社でも、ホームページ制作実績の会社から、被リンクを外してほしいという依頼があり、外しても検索順位が動かない事例があります。

さらには、ホームページ制作実績以外の会社からのお問い合わせで、SEO業者にすべての被リンクを外してもらったが、まったく順位が上がらなかったと言われるケースもあります。

恐らくですが、おおむね無効化されているかもしれませんが、しかしトップページだけが上がらないと言うのは不自然でした。

そのため、一度試しに無料で被リンクの最適化を行う作業を行ってみたところ、トップページの検索順位が10位ほど高まったのです。

では、実際にどのような対策を行ったかをご紹介します。

サテライトサイトの整理

ホームページ制作実績の会社では、複数のサテライトサイトを制作されていました。

同じサーバー内はもちろん、サテライトサイト用に別のサーバーを借りているケースもあります。

サテライトサイトにおいては、自分でサテライトサイトを作れば、サーバーとドメイン費用だけがかかり、さらにはそれほど高い金額ではありません。

ただ、一応コストがかかることから、契約しているサーバー数を減らすために整理を行いました。

もともとは、IP分散サーバーが1つと、レンタルサーバーが10台あったのですが、それをIP分散サーバー1台のみにしています。

年間の費用としては、レンタルサーバー費が150,000円程度、ドメイン費用が50,000円程度を削減することに成功しました。

また、このサテライトサイトを整理して、1ヶ月間様子を見たのですが、本体のホームページのSEO効果と訪問者数に変化は見られませんでした。

無料ブログの変更

次に着手したのが無料ブログになります。

この無料ブログの数は本当に膨大で、100くらいありました。

まず初めに行ったことは、100の無料ブログで、残すものと解約するものの仕分けになります。

正確には覚えていませんが、大体90位の無料ブログを解約しました。

解約した後、SEO効果を測定したのですが、幸いにも1ヶ月間で検索順位と訪問者数に変動はありませんでした。

そして残る10の無料ブログについては、削除した無料ブログの原稿をコピーペーストで新規ページが作成できる場合は作成しています。

ただ、テーマの関係上、残った10の無料ブログの、どこにも移動できない原稿は破棄しています。

整理が終わった後、2010年ごろから無料ブログのヘッダーやフッターにリンクを掲載したりすることは推奨していなかったので、10記事に1つくらいで被リンクが張られていました。

そして、無理やり張っている感のある被リンクは削除して、残りのウェブページはリライトを行っていただきました。

また、リライトを行う際には、ウェブページのURLを変更していて、もともとのウェブページは削除しています。

1ヶ月後に検索順位が一気に高まる

作業としては、3ヶ月くらいかかりました。

結果としては、全作業が完了した1ヶ月後に、主要なキーワードで20から30位台だったトップページの検索順位が7から15位まで向上しています。

これまでのホームページ制作実績で言えば、実は1度でも闇雲な被リンク対策を行ったホームページの検索順位の揺れ幅は比較的に大きくなります。

新規でホームページを制作した会社では、変動幅が5位以内なのですが、被リンク対策を行った経験があるホームページは大きく揺れてしまうのです。

ただ、2ページ目か3ページ目かだった場合と、1ページ目か2ページ目のトップページでは、SEOモチベーションに大きな違いが出てきます。

2ページ目か3ページ目のころは、まだまだ上げなければ・・・という感じですが、1ページ目か2ページ目は後少しだけ上げようと頑張る意欲に大きな差が生まれます。

ホームページ制作で被リンクは考えないほうが良い?

グーグル曰く、低品質な被リンクは無効化されています。

ただ、ホームページ制作実績から言えば、昔に闇雲な対策を行ったホームページの検索順位の変動幅は大きかったり、なかなかトップページの検索順位が上がらないという問題があります。

現在のホームページ制作後のSEOでは、被リンクは不要だと思っていて、ホームページ制作実績の会社の多くが、対策を行わずに上位表示を実現しています。

良質な被リンクを獲得できれば、一気に検索順位は高まりますが、反面、質が低いと検索順位が上がらなくなったり、変動幅が大きくなったりします。

そのため、これからホームページを制作される方は、自分で被リンク対策を行うのではなく、自然に増えるような原稿作成を行うようにしましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP