セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.28

制作経験から見るホームページで効果的な対策法

多年の実績を背景に、当社が提供したホームページ制作がどのように成果を上げてきたかの秘訣を共有いたします。特に2022年から23年の間に実感した最も有効な対策法を具体的にお伝えします。専門的な理論や抽象的な戦略ではなく、具体的な制作と運営のヒントを提供。読了後、あなたもすぐに取り入れて実践いただける内容となっています。

効果的なホームページ制作とは

効果的なホームページ制作は、単に美しいデザインや洗練されたページ設計だけではなく、実際のユーザーニーズに深く寄り添ったアプローチが不可欠です。弊社が大阪市内で行ってきたホームページ制作のプロジェクトを振り返ると、その中核にはいくつかの共通要素が見受けられます。

最初のステップは、集客対策。ホームページに訪問者を増やすための戦略的な取り組みは欠かせません。しかし、流入するだけで満足せず、実際の成果とのギャップを常に検証することが重要です。例として、多くのアクセスがあるにも関わらず、成果が伴わないケースがあります。これは、ユーザーニーズに合わせたコンテンツやサイト構造が欠けている可能性が高いのです。

次に、成約対策。訪問者がサイトに滞在し、望むアクションを取るための戦略が必要です。これは、ユーザーの求める情報を的確に提供し、彼らの疑問や悩みを解消するコンテンツ作成が鍵となります。

この二つの対策を適切にバランス良く組み合わせ、継続的に取り組むことで、ホームページの効果は飛躍的に上昇します。弊社の経験からも、最も効率的に成果を出すための方法は、常に現場の声を取り入れ、時代やトレンド、そしてユーザーニーズに応じた柔軟な対応が最も効果的だと感じています。

集客で効果を出す手法

どこから人を集めるのかを検討

集客で効果を出す手法は多岐にわたり、ホームページ制作の経験を持つ我々は、様々な手法の有効性を日々の作業を通して感じ取っています。

中でもサーチエンジンからの流入は非常に大きく、SEO対策は多くのクライアントにとって重要な項目となっています。しかし、それだけでは十分ではありません。ソーシャルメディアの活用、特にツイッターやフェイスブックなどは、ターゲットとなる層やブランドのカラーによって、一気に集客効果を発揮することができます。

また、有料広告の中でもユーチューブやリスティング広告は、予算をかけるだけの価値があると考えられます。これは、ターゲット層にダイレクトに訴求することができ、より質の高いアクセスをもたらすからです。

一方、サテライトサイトや無料ブログの運用は、コストをかけずにSEOの力を増強させる一助となります。そして、一見古典的と思われがちなリアルでの告知やFAXDMも、特定の業界や地域では高い効果を持つ場合があります。実際、オフラインの告知は、直接的なコミュニケーションが取れるため、深い関係性を築くきっかけとなることも少なくありません。

結論として、どの手法を選ぶかは一概には言えませんが、自社のターゲットや状況をしっかりと見極め、経験を活かして最適なルートを選択することが、集客の成功へと導く鍵となるでしょう。

それぞれの集客ルートに適した対応

ホームページ制作の長い経緯の中で感じることは、単なる集客手法の適切な選定だけでなく、その継続性が成果を左右するということです。

SEOは、新規ページ作成やリライトだけではなく、訪問者目線での記事執筆が求められます。一度、上位表示を獲得すれば見込み顧客の集客は順調になります。しかし、主要な検索エンジンは「フレッシュネス」と呼ばれる更新頻度を評価します。このため、毎週1記事を公開するような一貫した運営が効果的となります。

ソーシャルメディア運用においても、同じく一貫性が求められます。たとえば、古い投稿では、たとえ内容が素晴らしくても、ユーザーのクリック意欲は低まりがちです。一方、1日に何度も投稿しすぎると、フォロワーからは煩わしいと感じられる恐れも。そのバランスを保ちながら、質の高い投稿を継続することが重要となります。

広告の場面では、予算調整とその成果のモニタリングが不可欠です。しかし、短期的な結果に目を奪われるのではなく、中長期的な視点での運用が求められます。

集客対策の根底には、それぞれの手法に適した運営や運用を継続する姿勢が必要です。今日たくさんの作業をしても、その後放置するのではなく、毎日少しずつの作業をコンスタントに行うことが、最終的に大きな成果をもたらします。何より、10年、20年と続けられるスケジュール策定が、真に効果的な集客への鍵となるでしょう。

成約は数値データとユーザー目線

ホームページ制作に携わる中で、成約を増やす魔法の一手は存在しないことを痛感します。それでも、数値データとユーザー目線を融合させることで、確実に近づける手がかりが見えてきます。

新規ホームページ制作の際、グーグルアナリティクスなどの具体的なデータは不在。ここでは、訪問者が心地よく感じるデザインやレイアウトの追求が先行します。その際、ホームページは生き物のようなもの。初めは小さく、しかし時間とともに大きく育てていくという考え方が、最近の制作現場で浸透してきています。

一方、サイト運営やリニューアルの段階に入ると、アクセス解析の役割が増大します。具体的な問題点を指摘し、それを修正することで、訪問者の経験を向上させる。そして、それが結果的に成約率の向上につながる。ただし、単一のデータの改善だけで劇的な変化が訪れることは少ない。むしろ、全体のデータを見渡し、継続的な最適化が成功の鍵となります。

しかし、驚くことに、多くのクライアントがこの「継続的な最適化」を実践していないのも事実。実は、頻繁な更新や最適化をしなくても、十分な成果を上げている企業も少なくありません。この点は、ホームページ制作の世界においても、一筋縄ではいかない現実を物語っています。

まとめ

当社が長年にわたり培ってきたホームページ制作と運営の経験から得た知見を基に、以下が要点となります。

ホームページ制作とは、明確な戦略と戦術に基づく作業です。ただ盲目的に取り組むのではなく、目的意識を持ち、その背後にある理由を理解して行動することが必要です。そして、大切なのはその継続性。毎日の作業ボリュームが膨大である必要はありませんが、一貫して、10年、20年と続ける姿勢が求められます。この思考と行動の原則を把握しておけば、業者の選び方や制作時の方針も的確になり、期待を超える効果が実現可能となります。