セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.04.23

短納期でホームページを制作する方法

当社への問い合わせの中に、来週のイベントまでにホームページを用意したいなどの短納期でホームページを制作したいという要望があります。

残念ながら当社では、短納期のホームページ制作はお受けできなくなっていて、どんなに急いだとしても、2ヶ月後半くらいの期間を必要としています。

そのような短納期でホームページを制作したいというご相談を受けた際に、当社が提案している内容を紹介します。

短納期でのホームページ制作は難しい

オリジナルのホームページ制作の場合、どのWeb制作会社に依頼しても、短納期は難しく、一般的なホームページ制作の流れで紹介します。

  • 問い合わせからヒアリング:2週間
  • ヒアリングから提案:2週間
  • 提案から発注:1週間
  • 提案内容の見直し:1週間
  • ワイヤーフレーム作成:2週間
  • デザイン作成:1ヶ月
  • コーディング:1ヶ月
  • 公開

上記がオリジナルホームページ制作で一般的にある流れになり、上記のスケジュールは当社だけではなく、他のWeb制作会社も同様です。

もちろん、Web制作会社が他に案件がない場合は、もう少し短納期にできたり、急いで欲しいという要望をいただいた場合は、特急料金をいただき急ぐことも可能ですが、その場合でも、3ヶ月の期間は見ていただく必要があります。

ただし、急いでホームページを制作できないかと言うと、決してそうではなく、当社では以下のような対策法を提案します。

短納期を実現するホームページ制作法

ホームページの成果を考えない

おすすめはできませんが、制作するホームページの成果を一切考えずに納期を間に合わせることだけを考えると、短納期でホームページを制作することが可能です。

例えば、ユーザーのことを考えて、制作時間がかかる仕様にするのではなく、短納期を実現するために、シンプルなホームページを制作します。

また、企画段階では、一般的な企画立案は、成果を明確に定めたうえで、そのための具体的な対策法を検討するのですが、ここでも多くの時間がかかってしまうので、省略するようにします。

このように、ホームページ制作時間を短縮するためのさまざまな対策を省略することによって、集客力や成約力に問題が生じる可能性はありますが、短納期を実現することは可能です。

ただし、当社のこれまでの制作経験で言うと、2ヶ月くらいの期間は必要になることが一般的です。

段階的なホームページ制作

当社が短納期のホームページ制作で、おすすめする対策は、段階的なホームページ制作になります。

確かに余分に予算はかかってしまうのですが、お客さまが希望する日までに今後の拡張性を考えたレイアウトでトップページのみを作成します。

トップページだけであれば、1ヶ月くらいで納品することが可能になるので、お客さまの希望を実現しやすくなっています。

さらには、その後、テストサイトを制作して、トップページ以外のコンテンツを作成していき、3ヶ月くらいの期間でホームページを完成させていくようにします。

ただし、その際には、通常のホームページ制作の1.5倍程度の予算を見ていく必要があります。

と言うのも、ホームページ制作は、お客さまに提出されている見積書は、ページ単位になっていると思いますが、基本はWeb制作会社の作業時間によって算出されています。

そのため、トップページを取り敢えず公開できる状態に仕上げることや、後からコンテンツを改定する予算が必要になってしまうので、制作料金が大きく向上してしまいます。

納期が短いWeb制作会社を選ぶ

Web制作会社のホームページを見ていると、まれに短納期を謳ったサービスを見かけることがあり、当社が目にしたのが、2週間で5ページのホームページを制作するというサービスでした。

※追記として現在はサービスを終了されています。

このような短納期サービスを利用すれば、お客さまの要望を達成できるのではないでしょうか。

また、さらには、テンプレートを販売しているWeb制作会社もあるので、テンプレートでのホームページ制作を行えば、1ヶ月未満でホームページを公開することが可能です。

ただし、テンプレートの場合は、初期費用の他に月額費用が発生するケースもあるので、お申し込みの際には、料金を確認するようにしましょう。

短納期でホームページを制作したほうが成果が出しやすい

ホームページを制作する目的を忘れずらい

短納期でホームページを制作したほうが高い成果が出る理由で、もっとも重要なのが、目的を忘れずらいという点です。

ホームページ制作の納期が長くなるほど、お客さまは早く作業を終わらせたいや、上司から怒られる前に公開したい、Web制作会社も早く終わらせて請求したいなど、公開することが目的になります。

公開することが目的のホームページでは、コンテンツが目的にそぐわなり、成果を発揮する難易度が高くなってしまいます。

そのため、短納期を意識しすぎるのもいけませんが、目的を達成することを最優先にして、無駄に納期を伸ばして、余計なことを考えなくても良いように、短納期でホームページを制作することで成果を発揮しやすくなります。

ホームページ制作に集中できる

ホームページ制作の納期が長くなるほど、ホームページ制作の優先順位が落ちていきます。

優先順位が落ちた状態では、すべての作業が後回しや、隙間時間で行われるようになるので、良質なホームページを制作することが難しくなり、成果を出すことができません。

そのため、ホームページ制作が始まれば、最優先事項として考えることが重要で、正確で丁寧な原稿作成や画像収集を行うことで、高い成果を実現しやすくなります。

ホームページの成果が向上する運営の開始が早まる

ホームページで成果を出すためには、制作よりも運営のほうが重要です。

短納期でホームページを制作することで、早く運営を開始することができるので、より早く成果を発揮することが可能です。

また、短納期の場合、ホームページ制作のモチベーションのまま運営を開始することも可能になるので、目的を明確にしたままで良質な運営を行うことが可能になり成果を発揮しやすくなります。

まとめ

オリジナルのホームページ制作では、公開までに3ヶ月から4ヶ月もの期間がかかってしまいます。

ただ、段階的なホームページ制作で、トップページだけを先に公開する方法であれば、1ヶ月くらいの期間でホームページを制作可能です。

また、もっと急ぎたい場合は、短納期のホームページ制作サービスやテンプレート販売などを利用すれば、数週間でのホームページの公開が可能です。