SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.05.20

シングルページとは?ワードプレスとの相性が高い

シングルページとは?

シングルページとは、縦に長い1枚のホームページになり、当社の制作でも高い人気があります。

理由は、低コストなのに、しっかりと運営すれば成果を追求できる点で、最大のコストパフォーマンスを得ることが可能だからです。

今回はホームページ制作で人気があるシングルページとは何かについて紹介します。

シングルページとは

シングルページとは、トップページだけのホームページになり、結構な頻度で制作を依頼されます。

当社のホームページ制作は、基本スタンスは成果の追求であるため、本当に効果が出るの?と質問されるケースも多いですが、運営次第ですが十分に出せます。

と言うのも、トップページでは、掲載したい内容をすべてを作成すると、縦長になるので内容整理が必要で、結果、魅力的なコンテンツが多くなり、成約率が高くなる傾向があります。

ちなみに、現在のホームページ制作では、内容整理をして要点をまとめる対応は当然で、一般的に実施される対策です。

次に集客ですが、成果を出せないということは、絶対にあり得ません。

SEOに強いホームページ制作も、ただ公開するだけでは意味がなく、新規作成やリライトを行って初めて検索ランクは向上します。

すなわち、シングルページでも、ワードプレスを実装し、仕組みを構築後に、ブログなどを更新していれば、必ず成果を出せます。

予算で見たときにも、かなりリーズナブルであり、少し運営作業量は向上しますが、それでも成果が出せるという事実は変わらず、費用対効果が高い対策になり得ます。

では、実際に成果を追求したホームページ制作時にお客さまが気にすべきポイントを紹介します。

成果を追求できるシングルページ

ホームページ制作と同じ考え方ですが、どんな点を意識してシングルページを作成すれば良いかを紹介します。

トップページの内容を整理

当たり前ですが、トップページの内容は徹底して検討をしましょう。

ホームページ制作は20ページくらいが多いですが、それらすべてを集約する対策はおすすめしません。

理由は異常に縦に長くなってしまうからであり、これだと通常のホームページ制作と料金が変わらず、作成メリットが損なわれてしまいます。

そのため、必要な情報だけに厳選する作業が必要で、これを徹底化すれば、適切な価格で高い成約率へと成長します。

この情報の過不足は、実は公開しただけでは最適化することは不可能で、運営の中で調整が必要です。

ワードプレスでブログを構築

SEOに依存してはいけませんが、検索エンジンからの流入は非常に大きいです。

通常のホームページ制作と同様に、SEOを狙うのですが、そこで役立つのがワードプレスで、更新可能コンテンツを作成します。

この更新可能コンテンツで、新規作成を継続すればSEO効果が出るようになりますが、なぜかというと関連性の向上があります。

例えば、当社はトップページを【ホームページ制作 大阪】で上位表示を狙っています。

その時にスタッフブログにホームページ制作に関する記事を書き続けると、自然とトップページの検索順位が向上し、これが関連性になります。

グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングからすると、検索したユーザーニーズを満たしたいと考え、実は全体で考えることが、もっとも効果的になります。

ワードプレス実装後、毎日上位表示ワードに関連する記事を書けば、自然と検索ランクが向上します。

スケジュールに基づく運営

ホームページ制作中に、どんなスケジュールで運営するかを検討し、ルールを守り着実に業務を行いましょう。

SEOにはフレッシュネスと呼ばれる指標があり、簡単に言うと更新頻度です。

例えば、年間での新規作成数を定めた場合に、3ヶ月で終わらせるよりも、1年でバランスよく行ったほうが効果が発揮できるという考え方になっています。

当社でよく提案するのが、ホームページ制作後は、毎日1ページの作成で、それらを継続し続ければ、多少ではありますが、確実に検索ランクを高める効果があります。

そのため、スケジュールを立て、戦略的な運営を継続すれば、期待以上のランキングへと成長します。

ホームページ制作でシングルページを選択

ホームページ制作予算があまり取れない場合であれば、まずはシングルページ作成を行うのも効果的な手段の一つです。

実際に、実績でもシングルページ作成から始まり、売上が上がってくれば、少しずつコンテンツを追加したクライアントもいます。

お客さまとしても、その方が安心して予算をかけれるとお喜びいただきました。

オープン時に複数ページを作成しなければ効果が出ないということは絶対になく、成果をゴールにすれば、さまざまな道筋が存在してきます。

どの道筋を選ぶかはクライアント次第ですが、予算の関係であれば、良質なコンテンツを作る前提はありますが、高い効果を発揮します。

予算の関係で、どうするか検討中のウェブマスターは、ぜひ再検討してはいかがでしょうか。

TOP