HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

成果に繋がるホームページ制作のサイト構成

成果に繋がるホームページ制作のサイト構成

ホームページを制作される前に、サイト構成をしっかりと作成していますか?

サイト構成とは、どういったページを作成するかを定めることになっていて、適切に定めることで情報の過不足を一気になくせます。

これからホームページ制作を行う方は、何かしらの成果を求めているのであれば、必ずサイト構成を立てる必要があります。

成果が出るホームページ制作にはサイト構成が必須

成果が出るホームページ制作にはサイト構成が必須

ホームページから成果を出すには、制作前にサイト構成は必要です。

Web制作会社に依頼をすると、サイトマップという形で、どんなページを作成するかを提案してもらえると思います。

実はあれは、サイト構成表をマップ化しているものであり、当社では、通常で言えば、以下エクセルを使って、表で記述されるものになっています。

サイト構成表

こちらが当社が作成するサイト構成になっており、ホームページ制作前には、成果を出すには必ず作成しております。

このサイト構成を作成する目的は、成果を出すためではありますが、もう少し具体的に言うと、情報の過不足を検討すると、重複を回避するになっています。

例えば、当社で言えば、ホームページ制作以外にもSEOやリスティング広告運用代行、さらにはウェブシステムのフルスクラッチ開発を実施しています。

このように、多くのサービスを提供していて、ある程度整理した状態でホームページを制作しなくては、迷路になってしまいます。

もちろん、それ以外にも、例えばコーディングだけや、ウェブデザイン作成だけのサービスも提供しています。

当サイト構成を利用して、本当に掲載すべきかを検討したうえで、ホームページを制作しており、この検討をサイト構成上で行っております。

このように、情報整理は非常に大切になっていて、サイト構成なんてなくても、大体イメージが付くと思われたとしても、しっかりと作成しましょう。

さらに、昨今のSEOにおいては、重複コンテンツを非常に嫌う傾向があります。

そのため、重複コンテンツを生み出さないためにも、サイト構成は非常に役に立つものになっています。

例えば、個々のページを作成するときに、それぞれのページに対して上位表示キーワードを記載できます。

この上位表示キーワードが、かぶったページを作成しないようにすることは、SEOにおいて本当に基本的な内容になっています。

もちろんSEOだけではなく、似た内容のページがないと言うことは、よりユーザーにとって、親切と言うことができ、成約率の向上にも非常に大切です。

このように、サイト構成は、集客においても、成約においても非常に大切になっていて必ず作成しましょう。

もちろん、すでに公開している場合においても、重複ページを作らないのは大切になるので、運営中であっても、成果を出すには作成をおすすめいたします。

成果が出るサイト構成のポイント

成果が出るサイト構成のポイント

成果を出すサイト構成では、どんなポイントがあるかをご紹介します。

上記のディレクトリーリストをベースにご紹介し、まず初めに当社のディレクトリーリストのご説明から行います。

ディレクトリーリストの見方

上記の画像になるディレクトリーリストは、すべてのホームページ制作で利用しています。

まず1列目はNo.(ナンバー)を記載します。

このNo.は、単純に行数になっています。

2列目は作成page(ページ)を記載します。

この作成ページにおいては、実際に料金が発生するページ数になっています。

例えば、スタッフブログなどにおいては、1記事作成すれば、その他は管理画面からお客さまが自由に増やせ、料金は発生しません。

3列目はカテゴリーを記載しています。

例えば、実績のカテゴリーがあれば、その中にある実績詳細ページは、すべて実績カテゴリーに含まれます。

4と5列目はそのページの階層によって記載箇所を変更しています。

神話的な話になってきましたが、あまりに深い階層のホームページは、検索エンジンに認識されづらいと言われています。

そのため、当社では最大で2階層までとしており、それ以上は原則作成しないようにホームページを制作しています。

6列目はコンテンツを記載します。

簡単にで良いですが、見出しタグに利用する内容を記載しています。

7列目は内容を記載しておきます。

ここでは、コンテンツ箇所で記載したよりも、もう少し全体的にページで書かれている内容を記載します。

8列目はどんなシステムを搭載するかを記載します。

昨今のホームページ制作は、ワードプレス実装が当たり前になっていて、お客さまが更新できる箇所はワードプレスと記載しています。

また、全ページにサイト内検索を搭載する場合は、トップページのシステムにサイト内検索と掲載しています。

9と10行目には、タイトルと説明文を記載しています。

タイトルはページタイトルになり、説明文はメタディスクリプションになります。

こちらのタイトルと説明文については、列だけ作っていて、実際に記述するのは、ホームページ制作をご発注いただいた後になっています。

11行目はキーワードを記載します。

ここで言うキーワードは、SEOキーワードになっていて、各ページで上位表示キーワードを定めます。

このSEOキーワードを定めることは非常に大切で、当社では集客サイト制作を提供していて、この集客サイト制作には、SEOが必須になっています。

そして、現在SEOにおいては、類似するコンテンツを作成しないことが重要になっていて、必ず当社では、ホームページ制作作業前に、SEOキーワードを具体的に固めています。

12行目はURLを記載します。

こちらも提案フェーズでは未記入になり、ホームページ制作のご発注をいただいた後作成しています。

上記の4と5列目のページの階層を確認して、適切なURLを定めています。

13行目はデザインになり、ウェブデザインを作成するページを記載します。

当社の価格は、トップページと下層ページで、ウェブデザイン作成費が異なっていて、作成するページにトップと下層と記載しています。

単純に、お見積書作成の説明時に利用するデータであり、提案時では、お客さまに、どのページのウェブデザインをJPGで確認できるかを把握いただきます。

14行目は備考欄です。

主に記載する内容は、noindexやnofollowなどになっています。

簡単なページから作成

サイト構成を作成する際には、手軽に作成できるページから記載していきましょう。

例えば、トップページやプライバリーポリシー、お問い合わせなどは、かなり簡単に作成が可能です。

まずは、簡単なページから作成していくことで、気分的に少し楽になると当社では考えています。

当社サイト構成は、ディレクトリーリストを使っていて、エクセルファイルになり、行の追加や削除は非常に手軽に行えます。

そのため、検討時間が必要なものは後回しにして、簡単なページから作成していきます。

お客さまが更新できるコンテンツは注意

お客さまが更新ができるコンテンツには注意しましょう。

なぜ注意が必要かと言うと重複です。

例えば、実績コンテンツで、詳細ページを単に詳細ページと記載するのではなく、2,3ページで良いので、具体的な作成するページを予め当社で記載しています。

そうして、プレゼン時にしっかりと説明をして、重複を意識したサイト更新を行っていただくことで、SEOで高い効果を得れ、ホームページの成果を向上させれます。

ホームページ制作前にサイト構成でコンテンツ過不足と重複を確認

ホームページ制作前にサイト構成でコンテンツ過不足と重複を確認

上記が成果に繋がるサイト構成の立て方になっていて、ほぼ当社で利用しているディレクトリーリストの説明になってしまいました。

実際に、いきなりホームページ制作作業を行うのは、おすすめではありません。

それは、重複であったり、コンテンツの過不足が発生してしまうからです。

そして、成果に繋がるサイト構成とは、重複がないという点と、御社がアピールしたい内容に過不足がないという点が大切です。

これらを実現するには、当社ではディレクトリーリストを利用して、Webサイト制作会社の作業前にしっかりと内容を固めています。

ぜひ、これからホームページを制作される方は、ぜひとも当社のディレクトリーリストの画像を参考にしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、当ディレクトリーリストは、公開後もお客さまに利用いただきます。

新規ページを作ったら、ディレクトリーリストを更新し、ホームページ全体のページの内容を把握するのに利用いただいています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP