セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.01

HTMLサイトマップとは?作成しないホームページが増えた理由

ホームページ制作時に、HTMLサイトマップを作成するケースは減ってきたと思います。

と言うのも、昨今のホームページはシンプルなサイト構成で制作することが多いので、HTMLサイトマップがなくても、どこにどんなページが存在しているかをユーザーが直感的に理解できるからです。

当ページでは、昨今のホームページ制作では、HTMLサイトマップが不要になった点を紹介します。

ホームページにおけるHTMLサイトマップとは

ホームページにおけるHTMLサイトマップとは、主要なページへの内部リンクが掲載されたページのことを言います。

例えば、こちらは大阪市のホームページのサイトマップになり、主要なディレクトリーへのリンクを掲載しています。

HTMLサイトマップを作成することで、重要なページへの内部リンクが掲載されているので、ホームページでユーザーが迷子になるケースがなくなり、見込み顧客に効率よく情報提供を行うことが可能です。

ちなみに、HTMLサイトマップと似た言葉にXMLサイトマップがあるのですが、HTMLサイトマップはユーザーのためのページ、XMLサイトマップとはサーチエンジンのためのファイルのことを言います。

当ページは、HTMLサイトマップのページになっているので、XMLサイトマップについて詳しく知りたい方は、XMLサイトマップとはのページからご覧ください。

HTMLサイトマップを作成しない理由

HTMLサイトマップは、従来のホームページ制作では必須でしたが、現在では作成されるケースが減ってきていると思い、その理由は2点あります

1点目は、昨今のホームページはシンプルなサイト構成であるケースがほとんどで、従来のようにさまざまなディレクトリーを作成することがなくなりました。

なぜ、さまざまなディレクトリーを作成しなくなったかと言うと、ホームページの集客が大きく関係していて、従来のホームページは、トップページから訪問者がアクセスすることが基本になっていました。

そのため、トップページを見たユーザーが自分のニーズに合わせたディレクトリーを探しやすいようにするために、さまざまな工夫がされた結果、ディレクトリー数が多くなっていたのです。

しかし、現在では、サーチエンジンの仕様が大幅に変更されたり、SNSからの集客などによって、ホームページの集客はトップページよりも下層ページの方が重要性が高くなったのです。

下層ページはページタイトルに対して詳しいコンテンツを掲載しているので、ユーザーに多くのページを見てもらう必要がなくなった結果、シンプルなサイト構成を作成することが増え、HTMLサイトマップが不要になっています。

2点目は、HTMLサイトマップのSEO効果がなくなったという点です。

従来は、HTMLサイトマップのページに自作自演でも良いので、外部サイトからリンクを行い、HTMLサイトマップのページのSEO評価を高めることで、HTMLサイトマップからリンクをされているページのSEO効果を高めることができました。

しかし、サーチエンジンはリンクの関連性を見るようになったので、HTMLサイトマップから内部リンク数を増やしたとしても、SEO効果を得られなくなったのです。

この2点がHTMLサイトマップを作成しない理由になり、実際に多くのホームページ制作会社では、HTMLサイトマップを提案することはなくなったと思います。

HTMLサイトマップにSEO効果がない理由

HTMLサイトマップを作成しない理由で、SEO効果がなくなったと紹介しましたが、なぜHTMLサイトマップの内部リンクにSEO効果がないのかを紹介します。

低品質コンテンツと判断されている

HTMLサイトマップは、コンテンツの品質が低いと、サーチエンジンに判断されていると思います。

HTMLサイトマップにあるコンテンツは、ホームページで重要なページへのアンカーテキストによる内部リンクだけになるのが一般的です。

すなわち、ページとしての品質は低いと言わざるを得ず、サーチエンジンの検索結果ページに表示しないまではいかないまでも、コンテンツを評価することがない状態であると思います。

コンテンツの品質が低いページからの内部リンクのSEO効果は、0あるいは検索順位に影響を与えないくらい弱いのでHTMLサイトマップにSEO効果がないと言えます。

内部リンク1つではSEO効果は変わらない

サーチエンジンは、ホームページで重要なページには内部リンクが自然と集まると発言しています。

そのため、多くの方は、ホームページで重要なページに内部リンクがあれば、SEO効果が生まれると勘違いしてしまいますが、内部リンクが1つ増えたくらいで検索順位は変動しません。

また、HTMLサイトマップは、1ページで多くの内部リンクがあるので、1つあたりの内部リンクのSEO効果も弱くなっている可能性があり、検索順位を高めることができないのだと思います。

HTMLサイトマップを作成するなら意味を持たせる

ホームページ制作時にHTMLサイトマップを作成したいと思った場合は、HTMLサイトマップを作成する意味を持たせることが大切です。

存在しているだけのHTMLサイトマップだと、制作料金を数万円高くするだけであったり、訪問者に魅力が一切ないページになってしまうので、ホームページの成果が高まることがありません。

しかし、ユーザーに意味があるHTMLサイトマップを作成することで、ホームページの成果を高められる可能性があります。

意味があるHTMLサイトマップとは、例えばですが、ページ数が多いホームページで、サイト内検索を掲載して、ユーザーが探しているページをスムーズに発見できるようにする対策が当たります。

ただし、その場合は、ユーザーがサイト内で迷っている場合に効果を発揮しますが、迷っていない場合は意味がないので、自社のホームページが抱える問題を解決するためにHTMLサイトマップが必要かを考えてから作成するようにしましょう。

まとめ

HTMLサイトマップについて紹介しました。

昨今のホームページ制作では、HTMLサイトマップを作成するケースが減っており、一般的に見ると重要性が低いページとなっています。

しかし、ユーザーがサイト内で迷っている場合には、HTMLサイトマップを作成して、ユーザーが探しているページへとアクセスしやすい仕組みを構築することで、ホームページの成果数が高まる可能性があります。

HTMLサイトマップって何?とお思いの方の参考になれば幸いです。