HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

成功するホームページ制作は良い計画がある

成功するホームページ制作は良い計画がある

成功するホームページ制作は、計画性がすべてだと思います。

ここで言う成功とは、もちろん成果が出る出ないもありますが、クライアントが公開後に、こんなはずではなかったと思うことも含まれています。

そこで今回は、当社が成功するホームページを制作する目的で行っている計画についてご紹介をいたします。

成功するホームページ制作とは

成功するホームページ制作とは

成功するホームページ制作とは、すべてのクライアントが望むと思います。

例えば、公開をして、当初は仕方がないとしても、半年後や1年後には、それなりに商品販売やお問い合わせが獲得できているという状態が希望でしょう。

当社においては、100%と言っても過言ではないくらい、クライアントは何かしら良いイメージを持っています。

具体的に、そのイメージを、どう実現するかを検討することが重要になっています。

例えば、売上を上げたいからという場合は、なぜ売上が上がるか、実現には何をすれば良いかを明確にしていく必要があります。

このなぜを考えれば、具体的な対策法が明確になっていき、確かに更新努力は必要ですが、必ず成功させることが可能です。

このように、計画が大切になっていて、ホームページ制作を行う前に、戦略と戦術、そしてスケジュール、公開後に確実な実行が重要になります。

では、具体的に当社案件に多い計画についてご紹介をいたします。

成功するホームページ制作の計画

成功するホームページ制作の計画

成功するホームページ制作の計画でよくある事例をご紹介します。

ゴールが明確

成功するホームページ制作は、ゴールが明確です。

ここで言うゴールは、例えば、お問い合わせを獲得すると定めたとしたときに、単に問い合わせを獲得するという目的になっていません。

例えば、ホームページがない状態でも、新規顧客が問い合わせしてくれる理由が何か、集客ルートはどこからかを含んだゴールです。

単に問い合わせが獲得したいだけだと、Webサイト制作会社は、お問い合わせフォームしか作れず、ほとんど意味がないヒアリングになってしまいます。

しっかりとなぜを定めて、ゴールを明確化しなくてはならず、このなぜを含めれば、すべてのページで目的を達成する目的で作成できます。

コーポレートサイトであれば問い合わせが欲しい、ネットショップであれば商品を売りたいという目的は当たり前です。

競合他社が、それしか定めていないのであれば、競合他社に勝つためにも、必ずなぜを含めていく必要があります。

集客ルートが明確

成功するホームページ制作では、集客ルートを具体的に定めています。

よく提案する集客ルートは、検索エンジンとソーシャルメディア、広告の3点になっています。

検索エンジンには、グーグルとヤフージャパン、マイクロソフトビングがありますが、基本的にはグーグル対策だけを行っていても問題はありません。

それは、ヤフージャパンはグーグルと同じエンジンを積んでいて、同じ結果になっています。

マイクロソフトビングは、違うエンジンを積み、別アルゴリズムになっていますが、これまでの経験から言うと、グーグルと似たランキング結果になっています。

ソーシャルメディアには、ツイッターとフェイスブック、インスタグラム、リンクトイン、ライン、グーグルビジネスプロフィールをよく提案しています。

広告では、主にリスティング広告とユーチューブ広告がメインで提案をしています。

この選定は、まずは御社の見込み顧客が利用しているかを調査していきましょう。

そして、利用している中で、御社が本当に更新がしやすい選定が大切です。

どんなに見込み顧客が利用をしていても、更新しなくては成果を出せません。

このように、しっかりとどこから人を集めるかを明確にして、そしてそれぞれに対して、どんな作業が求められているかを明確にしていきましょう。

良質な原稿

ホームページ制作の原稿は、当社はライターが在籍しておらず、基本的には、クライアント自身でご用意いただいています。

この原稿作成は、誰が行っても大変です。

昨今、検索エンジンは検索キーワードに対して、最適な結果を表示しようと、日々アルゴリズムを改定し、良質なコンテンツを上位表示させています。

そしてさらには、訪問者にとって良質でなければ、問い合わせや商品販売は絶対に獲得できません。

もちろん、初めから完璧を目指す必要はなく、サイト更新でリライトを行いながら、少しずつ完璧を目指せば良いでしょう。

成功においては、良質な原稿は必須であり、原稿を依頼されれば、しっかりとタイトルを意識した良質な原稿作成計画を立てなくてはなりません。

スケジュールに基づいたサイト更新

2010年ごろであれば、公開しただけで成果を出せました。

しかし、2022年現在で言えば、制作しただけで成果を出すことは不可能になっています。

集客においては、どこから人を集めるにしても、更新頻度は非常に大切になっています。

さらには成約においても、公開時は問題がないと思っていたコンテンツでも、時間をおいて確認すると、おかしな箇所が必ず見つかると思います。

このように集客と成約においては、しっかりとサイト更新を行う必要があり、これらをスケジュールに基づいて行えば、成功させれる可能性が高まります。

ただし、成約において問題がありそうな原稿を探す際には、必ず今日は1ヵ所見つけるなどではなく、今日はこのページを確認するという目標を立てましょう。

ここで問題点がベースになってくると、本当は改善しなくても良い箇所を改善してしまう可能性があり、改悪になってしまう可能性が高まります。

クライアントと一緒に成功するホームページを制作

クライアントと一緒に成功するホームページを制作

成功するホームページ制作は、しっかりと計画を立てて、そして運営までを行う必要があります。

これらの作業を行うには、業者だけや、クライアントだけではなく、一緒になって行う必要があります。

そのため、これから業者へ発注を考えているウェブマスターは、一緒になって完成させる気持ちを持つことが大切です。

そして一緒になって良質を意識して、初めて御社は期待以上に効果を出せます。

ここで大切になるのが、一緒になると、こだわるは別と理解をしましょう。

これまでの経験から言えば、こだわりが強いクライアントほど、成功させるのが本当に大変です。

クライアントウェブマスターが持つこだわりが、一般ユーザーのニーズと異なってしまうと、まったく違う方向性になるからです。

そのため、しっかりとゴールを定め、そして、実現だけを考えて対策を行うことこそが秘訣であると言えます。

ただし、実際に、こだわりを業者に伝え、そしてそれがユーザーニーズと合致している可能性も0ではなく、しっかりと伝える行動は必要と思います。

成功するホームページ制作は面倒な作業をしっかりと行う

成功するホームページ制作は面倒な作業をしっかりと行う

成功するために大切になるポイントは計画性です。

この計画性は、当社としては、思い付きで立案しておらず、調査を行い、調査結果に基づいて立てております。

さらには、単に調査結果だけではなく、クライアントが実現できるかも含めて考慮していて、計画を立てるだけでも、結構手間のかかる作業になっています。

さらにはクライアントにおいても、100%の実現は、かなり大変な努力量が必要になっています。

ただ、実際にこれまでの経験で言えば、完璧でなくても良いですが、60%以上は計画通りに実行がカギになると思います。

立案と実行、どちらも面倒な作業ではありますが、成功するには必須であり、必ず計画通りに行いましょう。

そして成功さえしてしまえば、実は、いつまでもその計画通り、運営を行わないといけないかと言うと、実はそんなケースはまれです。

と言うのも、成果が出始めると、ウェブブランディングが効果を生み出している可能性があり、ある程度サイト更新ボリュームを落としても、成果を出し続けれます。

このように、ひとまずクライアントが考えて欲しいのが、成功するまでの期間が大変だと理解をして、対策を行うのが良いでしょう。

ただし、失敗するホームページ制作で紹介しているみたいな対策を行っている場合は、根本から改善が必要になり、かなりの努力が必要になります。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP