セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.10.03

不自然な被リンクはホームページの検索順位を下げる

検索順位への影響を正確に理解することは、ホームページ制作時の重要なポイントとなります。特に、不自然な被リンクは、見過ごされがちですが、実はサイトの評価を大きく左右します。これには自身で付けるものから、外部から無断で付けられるものまで様々。このページでは、そんな被リンクのリスクと、適切な対応方法について詳しく解説いたします。

不自然な被リンクとは

不自然な被リンクとは、その名の通り、自然発生しないような形でホームページへのリンクが設定されるものを指します。ホームページ制作の世界で言うと、過去にはこれがSEO対策として一つの手法として利用されていました。それが特に2005年頃にピークを迎え、一部のホームページ制作会社が、無料ブログなどを用いて大量の被リンクを生み出す動きが見られました。しかし、これは短期的な効果はあったものの、長期的にはサイトの信頼性や評価を下げる原因となりました。

このような背景から、主要な検索エンジンのプロバイダーは、サイトの評価アルゴリズムの変更を進め、不自然な被リンクの影響を低減させる方向へと舵を切ったのです。結果として、現代では被リンクの数だけでなく、その質や内容が重要視されるようになりました。

しかし、知らないうちに不自然な被リンクが付いてしまうことも少なくありません。特に海外からのスパム的なリンクや、過去のSEO対策として自らが設定したリンクなどがこれに該当します。これらのリンクが多くなると、ホームページの検索順位への悪影響が考えられます。

このようなリスクを避けるためにも、不自然な被リンクに関しての知識や対策は、ホームページ制作に関わる全ての人々にとって必要不可欠です。ユーザーからの信頼を築くため、そして長期的な視点でのウェブサイトの健全な成長のために、正しい知識と対策を身につけることを心がけましょう。

ホームページでよくある不自然な被リンク

海外サイトから

ホームページが集客力を増してくると、驚くことに海外サイトからの被リンクが増加することが多いのを感じます。特に人気の高まるクライアントは、その現象にしばしば直面します。一般的に、現代の検索エンジンはこれらのリンクを無効化するスマートな能力を持っており、私たちが特に何かアクションを取る必要は感じないことが多いです。

しかし、全てがうまく行くわけではありません。ホームページ制作後、SEO対策を実施しても順位が上がらないという現象に遭遇することも。そんなとき、私たちは海外からの不自然な被リンクを疑い、否認することを考慮します。言語が異なるからといってリンクが評価を下げることは少ないですが、質の低いウェブページやコンテンツからのリンクは、サイトの評価を悪化させる可能性が潜んでいます。

不自然な被リンクの取り扱いは難しい場面も。実際、サーチエンジン側から具体的な指針は少なく、判断は大体が業者やウェブマスターの経験に依存します。私たちのこれまでの取り組みの中で、大部分のリンクは無効化されていると感じられますが、一部のケースでSNSなどのリンクを否認することで、ランキングが向上した経験も。ただ、こういった対応は慎重に。否認ツールの使用は強力なため、誤って順位を落としてしまうリスクも。ですので、行動を起こした後のランキングの動向をしっかりと監視することが大切です。

自演系

ホームページのSEO対策を考える中で、自演系の被リンクは深い悩みの種となることがしばしばです。かつては、自社で運営しているサイト間でリンクを張ることで、一定の効果を期待できる時代もありました。しかし、サーチエンジンの技術は日進月歩で、昔とは違い、自演系のリンクはその効果をほとんど発揮しないと感じられます。

多くの企業が、自演系の被リンクを解除してもランキングに大きな影響がないとの経験を持つようになりました。これは、サーチエンジンが質の高いコンテンツや、本物のユーザーエンゲージメントを重視している証左でしょう。一方で、安易にアカウントを削除することには注意が必要です。特に無料ブログなどで、一度削除したアカウントは復旧が難しく、結果としてランキングに悪影響を及ぼすことがあります。

最近のサーチエンジンは、サイトの品質や信頼性を非常に重視しており、自演系のリンクはその評価を低くする要因となることが懸念されます。そのため、リンクを増やすことよりも、質の高いコンテンツ作成や、本物のユーザーエンゲージメントを追求することが、現代のSEO対策で求められるのではないでしょうか。

まとめ

SEOの世界は常に変化しています。かつては、多くの被リンクやキーワードを詰め込むことで、一時的には高いランキングを獲得できました。しかし、最近ではユーザーフレンドリーなサイトが検索エンジンに評価されるようになりました。これは、検索エンジンが真にユーザーに価値を提供する情報を上位に表示したいという意志の表れです。

そのため、ウェブページを制作する際には、ユーザー目線でのアプローチが不可欠です。文章の質や画像の配置、更新の頻度など、すべてが検索エンジンに評価される要素として重要になってきました。自演系のリンクや、不自然な被リンクは検索エンジンからの信頼を失う原因となることがあります。一方で、適切な対策としてサーチコンソールの利用や、過剰な被リンクの否認も考慮することが大切です。

しかし、最も心掛けるべきは、高品質なコンテンツを提供することです。情報が正確で、ユーザーにとって価値のある内容を心掛けて制作すること。それが、現代のSEOでの最も効果的な手法と言えるでしょう。