セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.08.25

ウェブデザイン作成時に気をつけたいSEOのポイント

ホームページのウェブデザイン作成時には、SEOへの意識を向けることが大切です。

単に見栄えが良いだけのデザインでホームページを制作してしまうと、まったくSEO効果を発揮できずに成果を出すことができなくなってしまいます。

当ページでは、ウェブデザイン作成時に気を付けたいSEOのポイントを紹介します。

ウェブデザインとSEOの関係

ホームページ制作の際、見た目のデザインだけでなく、SEOの最適化も同時に考慮することが必須となってきました。なぜなら、どんなに魅力的なデザインのホームページを制作しても、検索エンジンでの表示順位が低いと、その価値は半減してしまいます。

ウェブデザインの質が直接的にユーザーエクスペリエンスに影響を及ぼすことは明白です。しかし、そのデザインがSEOにも影響を与えるという事実は、多くの企業が見落としがちです。例えば、重たい画像や複雑なJavaScriptの使用は、ページの読み込み速度を遅くさせる可能性があり、それがユーザーの離脱率の上昇を引き起こします。また、モバイルフレンドリーでないデザインは、モバイルユーザーにとってのアクセス性を低下させ、SEOの評価も下がります。

さらに、ナビゲーションが直感的でない、またはコンテンツが適切に構造化されていないホームページは、ユーザーだけでなく検索エンジンのクローラーにとっても探しにくいものとなります。これにより、サイトの情報を適切にインデックス化することが困難となり、結果的に検索エンジンのランキングにも影響を及ぼします。

このように、ホームページ制作の初期段階から、デザインとSEOの関係性を理解し、そのバランスをとることは、サイトの成功にとって欠かせない要素となります。

ウェブデザインで気を付けたいSEOのポイント

ユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいデザイン

ホームページ制作の際、美しいデザインだけでは不十分です。そのデザインがユーザーと検索エンジンの両方にとって効果的であることが求められています。このバランスをとることが、現代のウェブデザインの核心と言っても過言ではありません。

ユーザーの視点からみれば、ホームページにアクセスした際に、情報をすぐに見つけられることは最も重要です。明確なナビゲーション、整理されたコンテンツの配置、そしてコンテンツ自体の質。これらが組み合わさった時、ユーザーはサイト内で迷うことなく、目的の情報にたどり着くことができます。

一方、検索エンジンの視点では、クローラーがページの情報を適切に解釈できる構造が求められます。これは、ユーザーにとってのわかりやすさと同義です。適切にタグ付けされた見出し、意味的なマークアップ、そして内部リンクの効果的な配置。これにより、検索エンジンはホームページの構造とコンテンツを理解し、適切にインデックスすることができます。

総じて、ユーザビリティの高いデザインとは、検索エンジンにとっても理解しやすいデザインと言えるでしょう。ホームページ制作の際には、この双方の視点を持ち合わせることで、最適なウェブデザインを追求しましょう。

モバイルフレンドリー

ホームページ制作の現場で、近年増えている要望が「モバイルフレンドリーなデザイン」です。これは、現代のインターネット利用者が増え続けるスマートフォンからのアクセスを重視しているから。モバイルフレンドリーなデザインは、ユーザーの利便性とSEOの観点からも非常に重要です。

スマートフォンの画面は制約が多い。そのため、ホームページを閲覧する際の読みやすさや操作性が求められます。具体的には、フォントの大きさは読みやすさを確保するために調整し、ボタンやリンクはタップしやすいサイズと配置にする必要があります。誤ったタップを防ぐことで、ユーザーのストレスを減少させ、サイト滞在時間を延ばすことができるのです。

さらに、Googleが導入したMFI(モバイルファーストインデックス)の方針変更以降、モバイルでの表示が検索ランキングに大きな影響を持つようになりました。従来、デスクトップ版のホームページが主に評価されていましたが、今やモバイル版の制作と最適化がSEO対策の中心となっています。

ホームページ制作において、モバイルフレンドリーなデザインを追求することは、ユーザー体験の向上と検索エンジンの評価を高めるための両輪です。この両方を意識し、適切なデザインと技術を組み合わせることで、より多くのユーザーにとって価値あるホームページを提供することができます。

表示速度を早く

ホームページの表示速度は、利用者の体験やSEOの両面で非常に重要な要素となります。近年、モバイル環境でのアクセスが増える中、遅い表示速度は訪問者の離脱を引き起こしやすくなっています。さらに、Googleも表示速度を検索ランキングの要因として考慮しています。そのため、ホームページ制作時に表示速度の最適化は不可欠です。

表示速度を向上させるためには、ページの容量を削減する取り組みが求められます。画像はホームページの容量を大きく占める要因の一つです。不要に高解像度な画像や大きなファイルサイズのものは避け、適切なサイズやフォーマットに圧縮することが基本的な対策となります。次世代フォーマットの活用も一つの方法ですが、その他にもCSSやJavaScriptの最適化、キャッシュの利用など、多岐にわたる方法で表示速度を向上させることができます。

制作過程で注意する点として、外部リソースへの依存を減らす、不要なプラグインの使用を避ける、CDN(Content Delivery Network)を活用するなどの対策も効果的です。

ユーザーは情報を素早く手に入れたいと思っています。ホームページ制作において、表示速度を最適化することで、訪問者の快適な閲覧体験を実現し、SEOの向上も図ることができます。これらを踏まえ、品質の高いホームページ制作を目指しましょう。

パンくずリストを設置

ホームページの使いやすさを向上させるための要素の一つとして、パンくずリストの設置は非常に重要です。この小さなナビゲーションツールは、一見単純に見えますが、ユーザー体験やSEOの両方において、大きな役割を果たしています。

まず、ユーザーの視点から見ると、パンくずリストはサイト内での位置を確認する手助けをしてくれます。例えば、ある商品の詳細ページを閲覧している時、パンくずリストを利用することで一つ前のカテゴリーページやホームに簡単に戻ることができます。このようなシンプルなナビゲーションは、ユーザーがサイトを探索する際の迷子を防ぐ助けとなります。

一方、SEOの観点では、パンくずリストはサイトの階層構造を明確にする役割を持っています。検索エンジンのクローラーはこのリストを通じて、ページ間の関連性やサイトの全体的な構造をより正確に解析することが可能となります。

ホームページ制作の際、パンくずリストの設置は、単にデザインの要素としてではなく、ユーザビリティの向上やSEOの最適化の手段として取り入れるべきです。実装自体は複雑ではないため、効果的なサイト制作の一環として、必ず検討しましょう。

まとめ

ウェブデザインの際にSEOのポイントを考慮することは、現代のホームページ制作において絶対に避けてはならない要素となっています。良いデザインとは、見た目の美しさだけでなく、その背後にある機能性やユーザビリティ、そしてSEOへの対応力を持つものと言えます。

ユーザーがサイトを訪問した際、彼らの目的に応じた情報やサービスを迅速に、そして効果的に提供することが求められます。この点を考慮し、ユーザーファーストの精神を基にホームページを制作することは、ただのデザイン上のテクニックではなく、ビジネスの成功を左右する重要な要因となっています。

また、ユーザーファーストの考え方は、SEOにおいても非常に価値があります。検索エンジンは、ユーザーにとっての価値を最優先としており、この観点を念頭に置いたホームページ制作は、SEOの評価を向上させることに繋がります。

結局のところ、ウェブデザインとSEOは密接に関連しており、両方の視点をバランスよく取り入れることで、ホームページはさらなる高みへと到達することができるでしょう。