セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2021.11.16

成果に繋がるホームページ運営の体制とは

成果に繋がるホームページ運営を行うには、体制の構築が必要です。

制作実績のホームページを見ると、1人のウェブマスターが運営をして高い成果を出しているホームページもありますが、ウェブマスターの労力が多いので、短期で結果が出れば良いですが、出なかった場合は諦めてしまうケースが多いです。

当ページでは、すべてのホームページで高い成果を出すことを目的に、ホームページ運営体制のメリットや構築のポイントを紹介します。

ホームページ運営体制を構築するメリット

ホームページ運営体制を構築すれば、ウェブマスター1人ですべての作業を行う必要がなくなります。

例えば、品質の高い新規ページを作成する際に、社内で誰も協力してくれなければ、ウェブマスターは自分で調べてコンテンツを作成しなければなりません。

しかし、ホームページの運営体制があると、過去の経験や実績がウェブマスターに伝わるので、良質な新規ページを短時間で作成することが可能です。

ウェブマスターは、画像の手配や原稿作成、ウェブマーケティングの実施など、多くの作業を行っているので、体制を構築して負担を軽減することができれば、より短時間で高い品質のホームページへと成長します。

ホームページ運営体制構築のポイント

ホームページの成果を共有する

運営体制を構築したら、最低でもホームページに関わる人に成果を共有しましょう。

ホームページの成果を共有することで、社内でホームページに対するモチベーションが大きく変わってくるので、高い成果を出せるアイデアが生まれやすくなります。

これまで多くのホームページを制作してきた経験で見ると、成果の共有を行っていないことが多く、ウェブマスターに丸投げの企業多いですが、成果を出す対策法はウェブマスター1人ではアイデアに限界があるので、さまざまな意見を得るためにも、必ず共有しなくてはなりません。

自社の経験やノウハウを共有する

昨今のホームページでは、経験を含むページを作成するほうが、SEOやSNSからの集客力や成約率が高くなる傾向があります。

現在、ホームページの数は年々増え続けているので、一般論しか書かれていないホームページでは、ユーザーが魅力的に思わなくなったことが原因です。

そのため、営業とは違いウェブマスターだから自社の経験やノウハウは共有しなくても良いと考えるのではなく、ホームページに経験やノウハウを公開して、高い成果を得るためにも、必ず共有するようにしましょう。

新規ページを作成したら読む

ウェブマスターの仕事の大半は、文章作成と言っても過言ではありません。

原稿作成では、自分が作成した文章だと読みづらい箇所があっても気が付きづらく、また原稿作成量が多いウェブマスターだと、意外と誤字・脱字に気が付かないケースもあります。

そのため、会社全体として、ウェブマスターが作成した新規ページは、公開前でも後でも良いですが、読み直しを行い、よりユーザーフレンドリーなページを作成できるようにしなくてはなりません。

ホームページに使えそうな写真をストック

ホームページ運営で悩むのが写真です。

無料素材などを利用すると、サーチエンジンからクロール済み - インデックス未登録にされてしまう可能性が高く、クロール済み - インデックス未登録が増えてくると、サイト全体で検索順位を落とされてしまいます。

そのため、ホームページ運営体制を構築したら、それぞれの人間で、写真のストックをウェブマスターに提供するようにしなくてはなりません。

実際に、制作実績でも、事例や出張日記などを公開しているホームページであれば、写真には余裕がありますが、当サイトのようにノウハウを公開しているページを作成している場合は、まったく写真が足りず、ほとんど写真のないホームページになってしまいます。

そのため、成果を高めるためにも、ホームページで使えそうな写真は、ウェブマスターと共有していくことが大切です。

ホームページ関係の業者との打ち合わせは同席する

ホームページ関係の打ち合わせは、ウェブマスターが1人で参加するのではなく、必ず営業マンなどが同席したほうが良い結果を生み出せます。

Web制作会社は、これまでの実績を基にして、ホームページの提案を行っていますが、御社の業界の専門家ではないので、もっと良い対策法が存在する可能性があります。

ウェブマスター1人だった場合に気が付かない内容でも、複数人が同席していれば、気が付く可能性は高くなります。

そのため、ホームページ関係の打ち合わせは、ウェブマスターは必須としても、営業マンやその他の部署の人間もできる限り参加していくことが大切です。

まとめ

ホームページの運営体制を構築するメリットや構築のポイントを紹介しました。

運営体制は、ホームページの目的や企業によって大きく異なるので、具体的な話は難しく、上記をベースに考えて、自社にあった運営体制の構築が重要です。

ホームページを運営していても、なかなか成果が出ないとお悩みの方の参考になれば幸いです。