セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.11.04

コアウェブバイタルとは?SEOで重要な3つの指標

Googleの新基準、コアウェブバイタルがSEOに不可欠な理由をわかりやすく解説します。この更新で検索ランキングへの影響が増し、適切な運用がサイト成功の鍵となります。

コアウェブバイタルとは

コアウェブバイタルの重要性は、使い心地の良いウェブ体験への移行を示すもので、それは訪問者にとっても検索エンジンにとってもメリットがあります。私たちがウェブサイトを構築する際、訪問者の第一印象は極めて重要です。ページの読み込み速度が速いこと、予期せぬレイアウトの変更が少ないこと、そして反応が速いこと。これらはすべて、LCP、FID、CLSという3つのコアウェブバイタルの指標で評価され、私たちが日々目にするウェブページの快適さに直結しています。

実際に自社サイトを改善したところ、訪問者の滞在時間の伸びや、コンバージョン率の向上が見られました。PageSpeed Insightsを利用し、改善点を発見することは、予想以上の成果をもたらしてくれます。これらの指標はユーザー体験を反映し、Googleがページをどう評価するかの基準ともなっていますので、SEO対策としても無視できない要素です。毎秒の速度向上が、訪問者の満足度を高め、ウェブサイトの信頼性を築いていくことに他なりません。

コアウェブバイタルの3つの指標

LCP

LCP(Largest Contentful Paint)は、訪れた人が最も大きなコンテンツをいかに迅速に目にするかを測定する指標です。具体的には、ホームページ上で最大のテキストブロックや画像が完全に表示されるまでの時間を指します。速いLCPは、訪問者がストレスなく情報にアクセスできることを意味し、結果としてサイトの信頼性を高めることができます。

私が担当したプロジェクトでは、画像の最適化やCSSの簡素化を通じて、LCPを改善したところ、サイトの離脱率が大幅に減少しました。このように、ページのパフォーマンスを向上させると、ユーザーの満足度が高まり、Googleの評価も向上することが実証されています。

GoogleはLCPに対して明確な基準を設けており、2.5秒以下であれば好評価を受けることができます。この基準を満たすためには、サイトの読み込みを早めるために効率的なコーディングが必要ですし、サーバーのレスポンスを速める努力も欠かせません。これらの取り組みを積極的に行うことで、サイトはユーザーにとっても検索エンジンにとっても魅力的な存在となるでしょう。

FID

FID(First Input Delay)は、サイト訪問者がページに対して何らかの操作を行った際、ブラウザがどれだけ迅速に反応するかを示す重要な指標です。たとえば、ボタンをクリックした時、その反応速度はユーザーの満足度に直結し、サイトの使い勝手を左右します。

サイトを訪れた人々が感じる最初のフィードバックは、快適な体験の基礎を築きます。そのため、0.1秒以下のFIDはユーザーがほとんど遅延を感じずにサイトと対話できると評価され、Googleもこの速度を目指すことを推奨しています。この数字を達成することは、私が手掛けた多くのウェブサイトのパフォーマンス向上に役立った経験からも、ユーザーの忠誠心とサイトの成長に不可欠だと言えます。

高いFIDスコアを実現するには、重たいJavaScriptの実行を抑制し、不要なスクリプトを削除することが効果的です。コーディング時の細心の注意は、訪問者に快適な体験を提供し、SEO評価を高めるためにも絶対に欠かせない作業です。適切な技術的最適化は、サイトのユーザビリティと検索エンジンにおける評価の両方を高めることに直結し、結果としてビジネスの成功に寄与するでしょう。

CLS

CLS(Cumulative Layout Shift)は、ユーザーがウェブページを快適に閲覧できるかどうかを判断するための指標で、ページ上の予期しない動きを評価します。ウェブサイトを訪れた人がスムーズに情報を得られるか、それとも突然のレイアウト変化によって混乱するかは、この指標に大きく左右されます。

私の経験上、ユーザーはページの要素が飛び交うサイトを使い続けることを好みません。そのため、CLSの値は0.1未満に保つことが理想的とされ、これはGoogleが推奨する範囲内です。ウェブページが安定していて、要素が不意に動くことがなければ、ユーザーは内容に集中でき、サイトの印象も良くなります。

特に画像や広告などの要素に適切なサイズを予め指定することは、CLSを改善するのに効果的です。読み込み時のずれを減らすことで、訪問者に安心感を与え、サイトのプロフェッショナリズムを高めることができます。これは、過去に行ったウェブサイトの改善作業で明らかになった事実であり、検索エンジンの評価を高める上でも重要です。安定したページ表示は、ユーザー体験の向上と直結し、結果的にSEOパフォーマンスにも寄与します。

まとめ

コアウェブバイタルの重要性をこの記事を通してお伝えしました。これらの指標に注目し、ウェブサイトを最適化することで、Googleの評価を高めると同時に、ユーザー体験も向上します。サイトの滞在時間延長や離脱率低下などの好影響が期待できます。

ただ、コアウェブバイタルはUI/UXの多面的な評価の一部に過ぎません。まずはページの質や検索意図の満足度を高めることが基本です。その基盤ができてから、コアウェブバイタルの改善を図ることで、サイト全体のパフォーマンスをさらに発展させることができるでしょう。