セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

CTAとは?訪問者が思わずクリックしたくなるCTAボタンが重要

CTAという言葉は聞きなれないかもしれません。

CTAボタンを適切に設置することで、ホームページのコンバージョン数を高めることが可能になるので、成果を求めている会社では意識をすることが必須と言えます。

当ページでは、CTAとは何かや、重要な理由、コンバージョン数を高める作成法、作成の注意点、分析法、改善例を紹介します。

CTAとは

CTAとは、Call To Actionの頭文字を取った略語になり、日本語では行動喚起という意味になります。

訪問者に行って欲しいアクションを促すためのリンクボタンやテキスト、画像のことを言い、魅力的なCTAボタンを設置することによって、ホームページのコンバージョン数を最大化することが可能です。

CTAにはさまざまな種類があり、当サイトではページの下部に問い合わせのCTAボタンを設置しています。

当サイトのCTAボタンの例

当サイトの目的は、問い合わせを獲得することになっているので、電話番号と問い合わせページへのリンクボタンをCTAとして設置して、さらにページの下部に設置している理由は、コンテンツを読んでくれた方を問い合わせへと繋げたいと考えているからです。

実際に、当サイトからの問い合わせの大半が、複数ページを見てからの問い合わせになっており、当社のCTAは期待通りの効果を実現できていると言えます。

CTAは、問い合わせだけではなく、セミナーの申し込みや、資料のダウンロードなどもあり、ホームページやページの目的次第で、さまざまなものが考えられます。

CTAが重要な理由

CTAがなぜ重要になるかと言うと、ユーザーは適切な箇所にコンテンツがないと行動をしてくれないからです。

例えば、当サイトで言うと、ページの下部にCTAボタンを設置していますが、CTAボタンがなければ、多くのユーザーは、ページを閲覧してホームページから離脱している可能性が高くなります。

もちろん、問い合わせをしたいと思っていない方も多くいます。

そういった方に対して、適切な箇所に魅力的なCTAボタンを設置していくことで、自然と訪問者は問い合わせというアクションを行ってくれるのです。

ただし、闇雲に設置されたCTAボタンでは、コンバージョンを獲得することはできず、サイト全体やディレクトリごとに適切なCTAボタンは異なってくるので、ページごとに、どのようなCTAが必要になるのかを検討してから設置しなくてはなりません。

コンバージョン数を高めるCTAの作成法

CTAの設置を検討中の方に向けて、コンバージョン数が高まる作成法を紹介します。

位置

CTAの位置には、ヘッダーとフッター、ページ上部と下部、コンテンツ直下の3つがあります。

ヘッダーとフッター

ヘッダーやフッターは全ページ共通箇所になるので、ヘッダーやフッターにCTAを設置することで、すべての訪問者にCTAを見てもらうことが可能になります。

そのため、ホームページ制作時に、どのようなアクションをユーザーに行って欲しいかを明確にして、ヘッダーとフッターのどちらがユーザーにとって便利なCTAになるかを検討することで、コンバージョン数を高めることが可能です。

ただし、ヘッダーやフッターは、CTA以外にも重要なコンテンツを配置するので、あまりに多くのコンテンツを配置することはおすすめできず、ユーザーにとって見やすいボリュームになるように検討しましょう。

ページの上部と下部

ヘッダーやフッターではなく、コンテンツ領域の上部や下部にCTAを設置することで、ヘッダーやフッターを見てくれないユーザーに対してアピールすることが可能になり、コンバージョン数を高めやすくなります。

広告出稿を行っているホームページでは、ページの上部にCTAを設置しているケースが多く見られ、訪問者にどのようなアクションが行えるのかを打ち出すことで、スムーズにコンバージョンに繋げる対策としています。

また、昨今のホームページは、比較的に縦に長い傾向が見られるので、ページの下部にCTAボタンを設置して、最後までページを閲覧してくれた方をコンバージョンに繋げる対策を取る企業も多いです。

追従型コンテンツとして表示

ページを下部にスクロールやスライドした場合に、一部のコンテンツが付いてくるホームページを見たことがあると思います。

ページをスクロールしたときについてくるコンテンツを追従型コンテンツと言うのですが、多くの企業が追従型コンテンツを使ってCTAを表示させています。

追従型コンテンツとして表示されるCTAボタン

こちらは制作実績のホームページで、ページの右には常にラインで相談というCTAボタンを表示しています。

ページを下部にスクロールしても、同じ位置で固定化されてくるので、常にユーザーの視界にCTAボタンを表示させることができます。

もちろん、ラインで相談のCTAボタンを設置したのには理由があり、ホームページをリニューアルする前に、ユーザーがよく利用している問い合わせ方法がラインになっているので、ラインで相談を表示させています。

カラー

CTAボタンのカラーは、ホームページのカラーと統一感を持たせる必要がありますが、CTAボタンは重要なコンテンツになっているので、目立たせることも大切です。

何色を利用すれば良いかと言うのは、サイト全体のイメージや取扱商品、ユーザーニーズによって異なってくるので、一概には言えず、ホームページ制作会社に相談をしながら、適切なカラーを選択すると良いでしょう。

ちなみに、一般論としてのカラーは、赤系や青系、緑系を使うホームページが多いように感じます。

サイズ

CTAボタンは重要なコンテンツになるので、目立つように大きめのサイズにしましょう。

また、CTAボタンを利用する際には、パソコンとスマートフォンでクリックがしやすいサイズにすることで、ユーザーがコンバージョンを行いやすいCTAボタンとなります。

サイズについてもホームページによって異なってくるので、一概には言えず、自然に見えることは当然ですが、目立つことを意識したサイズをホームページ制作会社に相談しましょう。

テキスト

CTAに表示させるテキストは、シンプルさとユーザーがコンバージョンを起こしたくなるかどうかが大切です。

文字数が多いとユーザーは読まなくてはならないので、仮にユーザーが求めているCTAボタンであったとしても、コンバージョンを行ってくれる可能性が低くなります。

また、問い合わせはこちらや、詳しくはこちらなどの文章では、ユーザーにコンバージョンをしたいと思わせることができないので、CTAの効果を発揮することができなくなります。

そのため、ホームページのテキストの中でもCTAのテキストは、もっとも難しいと言っても過言ではなく、時間をかけて作成するようにしましょう。

CTA作成の注意点

CTAを作成する際の注意点を解説します。

思わずクリックしたくなるCTAボタン

CTAボタンは、ユーザーが思わずクリックしたくなるデザインやテキストの作成が大切です。

ユーザーが考えなくとも、直感的にクリックしてしまうようにしなれば、CTAの効果を最大化することができないので、自然とクリックしたくなるかを時間をかけて検討してから作成するようにしましょう。

CTAボタンの選択肢を減らす

CTAに大量のリンクボタンを設置してしまうと、ユーザーは検討しなくてはならなくなるので、クリックしてくれる可能性が下がります。

CTAで大切になるのは直感性になってくるので、多くても3つのCTAボタンに厳選することが大切になり、ユーザーが何も考えなくてもクリックできるくらいの選択肢に留めるようにしましょう。

情報量を厳選する

ホームページの目的が多くあるからと言って、CTA内にすべてのコンテンツを配置してはいけません。

情報量が多くなると、1つ1つのCTAが目立たなくなってしまう恐れがあり、さらにはユーザーが選択しなくてはならなくなるので、コンバージョン数が減少してしまう恐れがあります。

そのため、情報量は厳選した方が良く、ディレクトリやページごとに重要なCTAのみを表示させましょう。

効果測定は必須

CTAは設置して終わりではなく公開後に効果測定を行いながら改善しなくてはなりません。

CTAの位置やデザイン、テキストなどを最適化しながらユーザーのコンバージョンを促すものにしましょう。

CTAの分析法

CTAの分析方法は2つあります。

アクセス解析を使って効果測定

アクセス解析を使って、CTAの効果が出ているのかを確認します。

例えば、電話番号やリンクのクリック率を調査することによって、期待通りの効果が出ていないCTAの改善に取り組むことができます。

A/Bテストの実施

CTAを2パターン用意して、1ヶ月ごとに変更することで、どちらのCTAの方が効果的なのかを計測することが可能です。

例えば、コンバージョンは同じものにして、色やテキスト、サイズなどを変更した2つのパターンのCTAを用意することで、効果的なデザインを知ることが可能です。

A/Bテストは1度行えば終わりではなく、定期的に実施することで、もっとも効果的なCTAを知ることが可能になるので、ホームページのコンバージョン数を最大化することができます。

CTAの改善例

これまでの経験から、CTAの改善によってホームページのコンバージョンを高めた改善例を紹介します。

ページの上部にCTAボタンを設置

ページ上部のCTAボタンで商品の購入までスライドさせる

ランディングページの事例で、メイン画像には、販売している商品の魅力を伝える画像やテキストを配置しているだけでした。

もちろん、それでも多くのコンバージョン数を獲得することに成功していたのですが、お客さまからの要望で、さらに多くのコンバージョン数を獲得するための改善提案をして欲しいと言われ、メイン画像内に商品の購入はこちらというCTAボタンを設置しました。

CTAボタンをクリックすると、商品が購入できるコンテンツにスライドするだけになるのですが、それでもコンバージョン率を0.2%ほど高めることに成功しています。

なぜページの上部にCTAボタンを設置することでコンバージョン数が高まったかと言うと、当社の推測では以下になります。

まず1つ目の理由は、ページを下部までスクロールする手間がなくなったので離脱が減ったことが成功要因として考えられます。

ランディングページになるので、購買意欲の高い方が訪問していることが推測されたので、訪問者がコンテンツを見る手間を省いてあげることで、スムーズに商品購入が行えるようになりました。

2つ目の理由が、訪問者がすぐに商品が購入できることを理解できるようになった点です。

具体的に、ランディングページで何が行えるかを最初に伝えることによって、購入へのハードルが低くなったことが成功要因になっています。

CTAボタンを具体的な内容に変更

具体的なCTAボタンに変更

ネットショップの事例で、会員登録者数を増やす対策として、CTAボタンを具体的にする提案を行いました。

もともとは、トップページの上部に会員登録を行うというCTAボタンがあっただけだったのですが、さらに多くの見込み顧客に会員登録を行ってもらうためのCTAボタンに変更しています。

そちらのネットショップでは、もともとから定期的に期間限定で会員登録で100ポイントのプレゼントなどを行っていたので、そのことをボタン内に記載する提案を行いました。

その結果、会員登録者数は倍増し、ネットショップの売上も1.3倍ほど向上させることに成功しています。

まとめ

CTAについて紹介しました。

CTAはただ設置すれば良いわけではなく、ホームページのコンバージョンに繋げるにはどのようなCTAボタンを配置するかの計画を立てることが重要です。

ホームページのコンバージョン数を高めたいとお考えの方は、当ページをご覧の機会に、CTAの改善を行うことをおすすめします。

記事一覧に戻る