セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

キーワードスタッフィングとは?対策法を解説

キーワードスタッフィングを行うことで、一時的に検索順位が高まる可能性があります。

ただ、キーワードスタッフィングは、SEOスパム行為に該当するので、仮に検索順位が高くなったとしても、どこかのタイミングでサーチエンジンにバレてしまい、検索結果から除外、または検索順位を大きく落としてしまいます。

当ページでは、キーワードスタッフィングとは何かや、キーワードスタッフィングで知っておきたいこと、具体的な対策法、キーワードスタッフィングにならないための対策法を解説します。

キーワードスタッフィングとは

キーワードスタッフィングとは、ページごとに定めた上位表示キーワードを大量に詰め込むことを言います。

例えば、キーワードの詰め込みとは以下のような事例があります。

キーワードスタッフィングの例

上記の文章は、意味は分かるとは思いますが、しかし【晴れ】というキーワードを過剰に利用しており、明らかにユーザーに読みづらい文章であると言えます。

このようにキーワードスタッフィングでは、伝えたい内容は理解ができると思いますが、【晴れ】という単語が乱用されていて、サーチエンジンの認識を明らかに意識している文章のことを言います。

従来のSEOでは、サーチエンジンがコンテンツの品質を十分に評価することができなかったので、キーワードを詰め込むだけで高いSEO効果を発揮できていたので、多くのホームページはキーワードスタッフィングを行っていました。

しかし、現在では、コンテンツの品質をある程度把握することができるようになったので、キーワードの詰め込みを行い、ユーザーが読みづらいと感じるページのSEO効果を下げているのです。

さらに、Googleは、キーワードスタッフィングを行っていたホームページが多いことから、Google検索セントラルでキーワードの乱用を禁止していると公表しています。

その結果、現在ではキーワードスタッフィングは効果がないどころか、逆にSEOスパムとして、大きく検索順位を下げてしまう対策となりました。

キーワードスタッフィングについて知っておきたいこと

これまで多くのホームページの文章作成を行ってきましたが、文章がうまい方は、重要なキーワードを効果的に強調し、適切な頻度(2~3%)で使用しています。

しかし、当社や文章作成があまり得意でない会社では、ユーザーのために文章を書いていると、キーワードの使用頻度が5%前後になることがよくあります。

キーワードスタッフィングとは、キーワードを過剰に使用することであり、一般的に1ページに重要なキーワードが5%前後も含まれると、乱用と見なされることが不安になる方も多いでしょう。

幸いにも、サーチエンジンは、意図的にキーワードスタッフィングを行っている場合を除き、ユーザーのために一生懸命文章作成を行っている場合には、SEOでマイナス評価をすることはありません。

実際に上位表示を実現しているホームページの中には、ユーザーのために書かれた文章で、キーワード使用率が5から7%前後になっているものもあります。

つまり、キーワードスタッフィングとは、意図的に重要なキーワードを過剰に使用することを指し、ユーザーのことを考えて作成した文章であれば、キーワード使用率が5~7%であっても問題ありません。

ただし、現在のサーチエンジンはキーワード出現頻度を重視していないため、7%のキーワードを使用してもSEO効果が出る保証はありません。

そのため、キーワードの割合にこだわらず、ユーザー目線で文章作成に取り組むことが重要です。

キーワードスタッフィングの対策法

キーワードスタッフィングとは、各ページで重要なキーワードを詰め込むと言っても、どのような詰め込み方があるのかを解説します。

ページタイトルと本文、meta descriptionに詰め込む

キーワードスタッフィングの手法で、ページタイトルと本文、meta descriptionに各ページで重要なキーワードを詰め込むことがありますが、過剰に詰め込んでいるのも問題ですが、絶対に行ってはならないのが、文脈に関係ないポイントでキーワードを利用することです。

絶対に行ってはならないキーワードスタッフィング

文章を読んだときに、明らかに不自然に感じる使い方は絶対にいけません。

また、上記の画像で言うと、最後に【サンマ】と羅列させているのも意味が分からないので、キーワードスタッフィングとしてSEOペナルティが科せられる恐れがあります。

もちろん、本文だけではなく、ページタイトルもmeta descriptionもこのような文章は作成してはならず、ユーザーのための文章作成だけに注力しましょう。

altやtitle属性に詰め込む

alt属性とは、画像が表示されなかった場合に表示されたり、音声読み上げソフトで画像が表示されていた場合に読み上げられるテキストのことを言います。

alt属性を使ったキーワードスタッフィングの例
<img src="example.jpg" alt="ホームページ制作 Webサイト作成 大阪府 大阪市" />

alt属性には画像の説明文しか入れてはいけません。

alt属性は、表示されることが滅多にないので、そこを利用してキーワードスタッフィングを行おうと考える方がいますが、Googleは画像検索に力を入れているので、細部まで監視されており、すぐにスパム行為として検索結果から除外されてしまいます。

次にtitle属性とは何かですが、リンクや画像の上にマウスポイントを持っていくと吹き出しが表示されると思いますが、その吹き出し内に表示されるテキストをtitle属性と言います。

title属性を使ったキーワードスタッフィングの例
<a href="/blog/" title="ホームページ制作会社のブログ スタッフブログ Web作成会社のコラム">ブログの詳細を見る</a>

昨今では、パソコンではなくスマートフォンユーザーが多いので、title属性が表示されることはそれほど多くありませんが、それでもサーチエンジンには監視されているので、キーワードスタッフィングは辞めましょう。

noscriptタグに詰め込む

noscriptタグとは、<script>タグに対応していないブラウザ、つまりJavaScriptが無効になっている場合に、代替してくれるHTMLタグです。

noscriptタグを使ったキーワードスタッフィングの例
<noscript>
<img src="/img/example.jpg" alt="ホームページ制作 Webサイト作成 大阪府 大阪市" />
<a href="product.html" title="ホームページ制作会社のブログ スタッフブログ Web作成会社のコラム">商品詳細を見る</a>
</noscript>

ただ、昨今では、ほぼすべてのブラウザがJavaScriptに対応しているので、一般的にnoscriptタグを目にする機会がありませんが、キーワードスタッフィングとして活用するのは辞めましょう。

Googleビジネスプロフィールのビジネス名に詰め込む

SEOではありませんが、MEO対策として、ビジネス名に重要なキーワードを埋め込むこともキーワードスタッフィングと言います。

ビジネス名に重要なキーワードを詰め込むことで、確かに上位表示されている傾向が高いですが、これらはキーワードスタッフィングと言われ、さらに閲覧者が通報できる仕組みもあるので、すぐにGoogleからビジネス名を変更されてしまいます。

また、変更された後に、すぐにまたビジネス名でキーワードスタッフィングを行うと言うのはおすすめができず、過剰に何度もキーワードスタッフィングを行うと、アカウントBANされてしまい、二度とGoogleビジネスプロフィールアカウントが作成できなくなります。

そのため、Googleビジネスプロフィールのビジネス名にキーワードを埋め込むキーワードスタッフィングは絶対に行ってはなりません。

キーワードスタッフィングにならないための対策法

キーワードスタッフィングにならないためには、基本的にはWebマスター自身で気を付けて、文章作成が終わり、公開前に読み直しを行って、しつこくキーワードを利用している箇所をリライトしましょう。

ただ、Webマスターが目視ではどうしても分からないという場合は、AIライティングツールのChatGPTがおすすめです。

ChatGPTにキーワードスタッフィングに該当するかを確認

昨今のChatGPTは丁寧な回答を提示してくれるので、ChatGPTが構成した案をベースにリライトを行うことによって、キーワードスタッフィングを回避することができます。

キーワードスタッフィングに関連したページの紹介

キーワードスタッフィングに関連したページを紹介します。

ブラックハットSEO サーチエンジンのアルゴリズムの穴をつき、検索順位を上げるためだけに行われるSEO
隠しテキストと隠しリンク ユーザーの目には見えないテキストやリンク
ペイドリンク 被リンクを購入する行為
クローキング サーチエンジンと人間で見せるコンテンツを変える
ワードサラダ 意味の分からない文字のコンテンツ

まとめ

キーワードスタッフィングについて解説しました。

キーワードスタッフィングとは、ページで重要なキーワードを乱用することを言うのですが、これは意図している場合に限っているように感じられ、ユーザーのために文章作成を行った結果、多少キーワード数が多くなっても、SEOにデメリットがありません。

キーワードスタッフィングって何?とお思いの方の参考になれば幸いです。

記事一覧に戻る