セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.29

PageSpeed Insightsとは?使い方やホームページのSEO効果を紹介

Webサイトの表示速度はユーザの満足度に直結し、SEOの要因の一つとしても注目されています。高速化の鍵となるのが「PageSpeed Insights」。このツールを活用し、サイトの性能を最適化する方法や、SEOに与える影響を深く探ります。こちらで簡単に概要と取り組み方を解説します。

PageSpeed Insightsとは

Webサイトのページ表示速度は、ユーザーエクスペリエンスの核心となる部分であり、私たちホームページ制作の現場でも、この速度には特に注意を払っています。訪問者が待ち時間を感じることなく、スムーズに情報を取得できるか否かは、そのサイトの価値を大きく左右します。

ページスピード、そのものがどれほど速くなければならないのか、どの部分がボトルネックになり得るのか、私たちは多くのプロジェクトでこれを検証してきました。そしてその中で頻繁に利用されるのが「PageSpeed Insights」です。

このツールは、Googleが提供する非常に価値の高いサービスで、特にホームページ制作に携わる者には欠かせない存在となっています。実際にURLを入力するだけで、ページの表示速度の診断が可能。さらに、具体的な改善のアドバイスまで提示してくれるため、ホームページ制作時の品質向上の一助として非常に役立っています。

私たちの制作現場でも、多くのクライアントのサイトで、このPageSpeed Insightsのスコアを元に、最適化のアプローチをとってきました。具体的には、画像の最適化やCSSの最小化など、多岐にわたる要因を洗い出し、改善点を探る作業を行います。

まとめると、ホームページ制作において、ページの速度は極めて重要。その診断と改善のための手引きとして、PageSpeed Insightsは私たちの強力なパートナーと言えるでしょう。

PageSpeed Insightsの使い方

PageSpeed Insightsは、ホームページ制作に携わる私たちにとって、手放せないツールとなっています。その使い方は非常にシンプルで、初心者の方でも容易に取り組むことができます。しかし、その背後には、ホームページの速度という重要な要素を詳細に解析する高度な機能が備わっています。

最初に、PageSpeed Insightsのページにアクセスします。私自身、これを行う際のわくわく感は、新しいプロジェクトを手がける際のワクワク感と似ています。この一手間が、ホームページ制作の質を大きく左右するからです。

次に、分析したいホームページのURLを入力します。この時、私たちは制作したページの最適化状況や、クライアントからの要望に応えるための新しいアイディアを模索しています。

そして、「分析」ボタンをクリックすると、瞬時に詳細なレポートが生成されます。この結果を目の当たりにするたび、私たちは新たな発見や、改善の余地を見つけることができます。

結果は、「携帯電話」と「デスクトップ」の2つのタブで表示されます。この部分にも私たちの経験が生きてくる。特に、モバイル環境でのユーザビリティや速度の最適化は、近年のホームページ制作において、特に重視すべき要点となっています。

このツールを利用することで、私たちはホームページ制作の過程で、さまざまな最適化や改善のアプローチを見つけ出すことができます。その結果、よりユーザーフレンドリーで、高速に動作するホームページの制作が可能となります。

自社でできるPageSpeed Insightsの改善法

画像を最適化

ホームページ制作の現場で私たちが直面する課題の中で、画像の最適化は常にトップの問題点の一つです。多くのクライアントが、綺麗で高品質な画像を求めますが、その一方でサイトの読み込み速度も重視されます。この狭間での経験から、画像最適化の技術は制作のクオリティを大きく左右する要素となっています。

私たちがホームページを制作する際、最も時間と労力をかけるのは、画像のバランスを取る作業です。画質の良さを維持しつつ、ページの表示速度を早めるためには、ロスレス圧縮のような技術を用いて、データ量を最小限に抑えることが不可欠です。

そして、画像のフォーマット選択。WebPは近年、その圧縮率の高さと品質の良さから、多くのホームページで採用されています。私自身もこのフォーマットの導入により、ユーザー体験の向上を実感しています。

また、画像のサイズをソースコード内で明示的に指定することは、ブラウザが画像を正確に描画する上で非常に役立ちます。この一手間が、ページのレンダリング速度を飛躍的に向上させることが、実際の制作現場で繰り返し確認されています。

画像の最適化は、ホームページのパフォーマンスだけでなく、ユーザーのサイト滞在時間やコンバージョンにも直結する要因です。そのため、私たちホームページ制作業者は、この問題に真摯に取り組むことで、より価値あるページを提供していく必要があります。

ブラウザキャッシュを活用

ホームページ制作の過程で私たちが直面するのは、ただ美しいデザインや情報の提供だけでなく、ユーザーがストレスなく情報にアクセスできる速度も求められます。この経験を踏まえ、ブラウザキャッシュの活用はその鍵の一つとなっています。

ページを訪れるユーザーの視点で考えると、一度訪れたページを再び訪問した際、前回と同じ情報の読み込みに時間がかかると感じるのは、やはり不便です。私たちがホームページ制作の現場で繰り返し確認するのは、このブラウザキャッシュの設定の最適化。実際、適切なキャッシュ設定を施すことで、ページの読み込み時間が大幅に短縮されることを何度も実感しています。

私の経験上、ブラウザキャッシュを適切に活用することで、ページのパフォーマンスが向上するだけでなく、ユーザーエクスペリエンスの質も大きく向上することが分かっています。特に、情報を頻繁に更新するホームページでは、キャッシュの保存期間を適切に設定することで、ユーザーに最新の情報を迅速に提供しながら、ページの読み込み速度も保つことができます。

最終的に、ユーザーの満足度を向上させるため、そしてSEOの観点からも、キャッシュの適切な活用はホームページ制作において欠かせない要素となっています。

ソースコードを軽量化

ホームページ制作の現場での経験を通して、私たちはサイトのパフォーマンスを最適化するための様々な手法を学んできました。その中でも、ソースコードの軽量化は、ユーザーエクスペリエンスの向上とSEOの効果を直接的に向上させる鍵となる作業の一つです。

サイト制作初期の段階で考えることが多く、意識しづらいのがソースコードの最適化です。CSS、HTML、JavaScriptはサイトの機能性やデザインを実現するための核心的要素。しかし、その重要性を理解していても、繁雑になりがちなコードはページの読み込み速度を遅くしてしまいます。

具体的な検証を重ねる中で、私たちが発見したことは、無駄な改行や空白、そして使用していないコードの存在です。これらの不要な部分を削除することで、サイトのデータ容量を大幅に削減することができました。また、多くの無料ツールを使用してコードの圧縮を行い、さらに読み込み速度の向上を実現しました。

これらの取り組みを通して、ホームページの読み込み速度は劇的に改善。それは、訪問者にとってより快適な閲覧環境を提供することに直結しました。結果的に、SEOの評価も上がり、多くのユーザーにコンテンツを届けることができるようになりました。

ソースコードの最適化は、制作の初期段階から継続的に行うことで、サイトの総体的な質を高めることができるのです。

リダイレクトの修正

ホームページ制作の経験から言うと、リダイレクトの最適化はサイトの読み込み速度を大幅に改善する隠れたテクニックと言えるでしょう。リダイレクトの設定自体は、ユーザーにとってスムーズな閲覧体験を提供するための有効なツールですが、適切に管理されていないと、逆効果となることもあります。

特に、古いページから新しいページへの移行時や、モバイル最適化のためにリダイレクトを設定する場合、その適用範囲や条件をきちんと確認することが肝心です。過度なリダイレクトは、サイトの読み込みを不必要に遅らせる原因となります。

ホームページの制作過程で私たちが実施した具体的な検証では、複数回のリダイレクトが連鎖的に行われているページがいくつか発見されました。これにより、本来瞬時に表示されるはずのページが、数秒以上の遅延を引き起こしていました。

この問題を解消するために、まずはリダイレクトの設定を精査。不要なものは削除し、必要なものは最適化を図りました。また、ユーザーエクスペリエンスを向上させるため、モバイルとデスクトップの両方でのアクセスを想定し、それぞれの環境に適したリダイレクトの設定を再検討しました。

結果として、ページの表示速度は大幅に向上。ユーザーからのフィードバックも非常に良好でした。リダイレクトの最適化は、SEOにもポジティブな影響をもたらし、サイトへのアクセス数も増加しました。

リダイレクトの設定を見直すことは、時には面倒かもしれませんが、その効果は計り知れません。適切な設定と継続的なチェックは、ホームページ制作の品質を維持し、ユーザーに快適な閲覧体験を提供するための鍵となります。

サーバーの最適化

ホームページ制作の現場で日々感じるのは、素晴らしいデザインや機能があっても、サーバーの読み込み速度が遅いと、その価値が半減してしまうことです。サーバーの最適化は、ユーザー体験やSEOを向上させるためのカギと言えます。

多くのホームページ制作プロジェクトで、サーバーのスペックや設定に悩むことは珍しくありません。低いメモリ、古いphpバージョン、サーバーのキャッシュ設定の問題など、さまざまな要因が影響する可能性があります。

私たちが制作したあるホームページでは、初めはサーバーの読み込み速度が非常に遅かった。ユーザーの待ち時間が長くなることで、サイトへの訪問が減少し、SEOの順位も下がってしまいました。しかし、具体的な検証を行い、サーバーのメモリを増設し、phpのバージョンを最新に更新した結果、ページの読み込み速度が2倍以上に向上しました。

また、サーバーに導入されているキャッシュシステムの最適化や、CDNの利用も検討する価値があります。これらの手法は、グローバルなアクセスを多く受けるホームページに特に効果的です。

結果として、サーバーの最適化はホームページ制作の一部として欠かせない要素であることが確認されました。サーバーの問題を早期にキャッチし、専門家と連携して最適な対策を講じることで、ユーザーの満足度を高め、SEOの評価もアップさせることができるのです。

PageSpeed InsightsのSEO成果は小さいが重要

ホームページ制作の中で、私たちは度々PageSpeed InsightsのスコアとSEOの関連性について考えます。このツールを使用すると、ホームページのパフォーマンスを評価し、最適化の提案を受け取ることができます。実際、あるプロジェクトでは、私たちのクライアントのサイトスピードスコアを70点から100点に向上させる作業を行いました。しかし、この改善にもかかわらず、期待していたSEOの効果、すなわち検索順位の上昇は見られませんでした。

この経験を通して、検索エンジンは確かにページの読み込み速度を評価の一部としていますが、それが検索ランキングの決定的な要因ではないことが明らかになりました。検索エンジンの評価基準は多岐にわたり、ページスピードだけではなく、コンテンツの質や外部リンクの数など、多くの要因が関与しています。もし、同じSEO評価を受けた2つのページが存在する場合、表示速度が高い方が上位表示される可能性があります。しかし、それはあくまで他の要因が同じ場合の話です。

実際には、高いSEO評価を持つページの中には、PageSpeed Insightsのスコアが30点しかないものも存在します。このことから、ページスピードの最適化が検索ランキングに与える影響は限定的であることがわかります。

ただし、ホームページ制作の過程では、ページスピードの最適化は依然として重要です。特に、グローバルなターゲットを持つサイトでは、回線の状況が異なるため、スピードの最適化が必須となります。Webサイト制作会社として、私たちにはユーザーの利便性を最優先する責任があります。スピードの最適化はその一部であり、SEOにおける絶対的な要因ではないかもしれませんが、ユーザーエクスペリエンスを高めるための重要な手段であることは間違いありません。

まとめ

PageSpeed Insightsは、ウェブページの読み込み速度を評価する無料ツールです。Googleが提供しており、専門知識がない方でも簡単に使用できます。評価は0~100のスコアで表示され、低いスコアの場合、具体的な最適化のヒントが示されます。

速度が遅いウェブページは、ユーザーエクスペリエンスを損ね、SEOにも悪影響を与える可能性があります。特に、直帰率の増加はユーザー獲得の障壁となります。したがって、ページの読み込み速度は、制作や運営の際の重要なポイントとなります。改善方法としては、画像の圧縮、ブラウザキャッシュの活用、そして不要なソースコードの削除などが挙げられます。ユーザーが快適にサイトを利用できるよう、継続的な最適化が求められます。