セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.05.28

SEOライティングとは?高い検索順位を獲得できる文章作成法

現在のSEOライティングには、テクニックは存在していません。

従来のSEOライティングは、ページごとに上位表示を狙っているキーワードが何パーセント利用されているかや、共起語の利用など、数値データを活用したテクニックが重要になっていたのですが、昨今のSEOライティングでは、ユーザー目線になっているかどうかが重要です。

当ページでは、SEOライティングとは何かや、基礎知識、多くの企業の検索順位を高めることに成功した文章の作成法について紹介します。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、ユーザーニーズを満たすことができる文章を作成することを言います。

従来のSEOライティングは、テクニックに依存したものになっていて、例えば、各ページで上位表示を狙っているキーワードを何パーセント利用しているかや、共起語の利用、テクニックとして検索意図の理解など、数値データの活用が重要になっていました。

しかし、現在では、サーチエンジンは、ユーザーに価値あるページでなければ上位表示ができない仕様に変更しているので、テクニックだけでは検索順位を高めることができず、現在のSEOライティングにおいて重要なのは、ユーザーが満足できるかどうかになっています。

現在においては、どんなにテクニックを使ったSEOライティングであったとしても、ユーザーニーズを満たすことができていなければ、検索順位を高めることができないので、ユーザーを想像しながらページを作成して、訪問者を満足させることがSEOライティングになっています。

では次に、これからSEOライティングを行う方が知っておきたい基礎知識を紹介します。

SEOライティングで成功する文章の書き方の基礎知識

これからSEOライティングを行う方が基礎知識として知っておきたいポイントを紹介します。

テクニックは考えなくても良い

現在のSEOライティングにおいては、テクニックは一切不要です。

テクニックを使っているからと言って、SEOでマイナス評価を受けることはありませんが、ユーザーニーズを満たしていなければ、検索順位を高めることができません。

ただし、文章を作成しているときに、テクニックを意識してしまい、訪問者に分かりづらい表現になってしまうと、SEO効果を落としてしまうので、過剰なテクニックへの意識は不要です。

つまり、現在のSEOでは、テクニックを利用していても、検索順位が上がることはないので、テクニックのために時間を使うのであれば、ユーザーニーズを満たすことに時間を使うことの方が重要です。

ページに訪れたユーザーに満足してもらう

SEOライティングを行う方で、もっとも重要になるのが、ページに訪れたユーザーに満足してもらうことに注力することです。

訪問者が満足できる文章を作成するには、文章を作成しているときに、常にページタイトルについての説明文を書いている意識を持ち続けることが大切です。

ページタイトルについての説明文を記載している意識を持つことで、コンテンツの過不足を解消することが可能になるので、ページの品質が高まりSEO効果を実現できる可能性が上がります。

同じニーズのユーザーが訪れるページは作成しない

SEOライティングの効果を最大化させるには、同じニーズのユーザーが訪れるページを量産してはいけません。

例えば、「ホームページ制作会社の探し方」と「Webサイト作成業者の見つけ方」といったタイトルのページを作成することは、カニバリゼーションを発生させるだけになるので、SEOライティングの効果を十分に発揮できなくなってしまいます。

単語ではなく、意味として考えた場合に、同じニーズのページを発生させないことは、SEOライティングの基本になっており、異なるニーズのページしかないホームページとすることで、SEOライティングの効果を最大化することができます。

SEOライティングではサイト全体の評価も影響する

SEOライティングを行う方は、毎日検索順位を計測していると思います。

SEOライティングで文章を作成しているのに、期待通りの検索順位にならないと思った場合に、該当ページのリライトに取り組むことは、時間の無駄に終わります。

SEOは、基本的にはページ単位で評価を行い、検索順位を決定していますが、サイト全体も影響を与えているので、SEOライティングを開始した数ヶ月は、適切な評価をされることはないと判断しても良いでしょう。

そのため、1ページの検索順位にこだわって、そのページのリライトばかりを行うのではなく、まずはサイト全体でビジネスに関する内容を網羅させることで、SEOライティングの効果が最大化させると理解しましょう。

SEOライティングを使った文章作成法

SEOライティングの基礎知識を理解した後、実際にどのようにSEOライティングを行うのかを紹介します。

作成するページのテーマを検討する

SEOライティングを行うために、ホームページがメインで上位表示を狙っているキーワードを考えましょう。

ここで定めるキーワードは、多くの場合がトップページで上位表示を狙っているキーワードになり、例えば当サイトで言えば、【ホームページ制作】が該当します。

そして、作成するページは、すべて【ホームページ制作】に関するページを作成することになっているのですが、その際に当社ではExcelを利用することが一般的です。

SEOライティングを行うためのExcelシート

こちらがお客さまに提案するExcelシートになっており、1行に1ページの情報を記載して、カテゴリの列にメインで上位表示を狙うキーワードを、SEOワードの列に各ページで上位表示を狙ったキーワードを記載します。

例えば、トップページで【ホームページ制作】で上位表示を狙うのであれば、No.の1のカテゴリーとSEOワードにホームページ制作と記載して、その下の行に【ホームページ制作料金】や【ホームページ制作実績】などのSEOワードを記載しましょう。

このExcelシートを作成することで、似たテーマのページを作成する心配もなくなり、さらにはホームページ制作に関するページを網羅させることが可能になるので、SEOライティングの効果を最大化することができます。

ライバルサイトのページ数をカウントする

メインで上位表示を狙っているキーワードで、実際に上位表示を実現しているホームページのページ数をカウントしましょう。

カウント方法は、Google検索を利用して、メインで上位表示を狙っているキーワードで検索をして、1位から10位までのホームページのページ数をカウントします。

ライバルのホームページのページ数のカウント方法は、Google検索を使って、【site:(ライバルサイトのドメイン)" (上位表示を狙ったキーワード)"】で検索を行います。

現在のGoogleはこの検索だけではページ数を表示してくれません。

Google検索を利用したライバルのホームページのページ数のカウント法

では、どのようにページ数を調べるかと言うと、【site:(ライバルサイトのドメイン)" (上位表示を狙ったキーワード)"】で検索した後、検索ボックスの下にあるツールをクリックすると、右側に件数が表示されます。

1位から10位までのホームページのページ数をカウントして、その平均値が目標になるページ数になるので、平均値が分かったあとは、毎日どれくらいのページ作成を継続して、いつ目標ページに到達するのかのスケジュールを策定しましょう。

ページタイトルを決める

SEOワードを記載したExcelシートに、各ページのページタイトルを記載しましょう。

ページタイトルでは、メインで上位表示を狙ったキーワードではなく、ページ単位で上位表示を実現することだけを考えたページタイトルの作成が重要です。

ページタイトルを決める際に大切なポイントは以下になります。

  • 該当ページで上位表示を狙っているキーワードを含める
  • 検索結果に表示されたときに魅力的であること
  • 25文字から35文字のページタイトルを作成する

SEOを単に上位表示を行う対策だと考えていると、上位表示を狙たキーワードと共起語などの利用を考えてしまいますが、仮にそれで上位表示を実現できたとしても、検索結果でのクリック率が低ければ、どんなに上位表示を実現できたとしても、期待通りの訪問者数を集客することはできません。

そのため、ページで上位表示を狙っているキーワードを使いながら、検索結果でページタイトルを見たユーザーが思わずクリックしたくなるような魅力的なページタイトルを作成することで、SEOライティングの成果を最大化することができるのです。

ちなみに、このページタイトルは、目標ページ数分を一気に決めることがおすすめされ、運営の中で少しずつページタイトルを作成してしまうと、似たテーマのページタイトルを作成してしまう可能性が高いです。

URLを定める

ページタイトルが決まったら、次にURLを定めましょう。

URLは、例えばブログであれば、/blog/〇〇/というように、各ディレクトリーが適切に設定されていればなんでも良いのですが、ベストなURLの定め方は、そのページで上位表示を狙っているキーワードを英語表記で記載することです。

現在のサーチエンジンは、関連性を高く評価しており、URLもそこまで大きなSEO効果を生み出すことはできませんが、それでも小さなSEO効果を与えることが可能です。

見出しを作成する

ページの文章を作成する前に、まずは見出しの文章を考えましょう。

なぜ見出しから作成するかと言うと、どんなに優れた文章を書いていたとしても、ページタイトルに対して、関係がない見出しがあるや、重要な見出しがないページと、訪問者が満足できる文章作成が行えないので、サーチエンジンからも評価されることがないからです。

そのため、ページタイトルが定まれば、まずはページタイトルに対して詳しいページとするための見出しを作成して、ページタイトルに対しての情報が網羅された訪問者に価値あるページを作成しましょう。

文章を作成する

見出しが完成したら、文章作成を行います。

文章を作成する際に、SEOライティングを意識していると、過剰に上位表示を狙ったキーワードを利用しようと考えてしまいますが、SEOライティングで大切になってくるのは、ユーザーが読みやすく価値あるコンテンツを提供できているかです。

もちろん、上位表示を狙ったキーワードが利用されていないページでは、上位表示を実現することができませんが、ページタイトルに対しての文章を作成していれば、自然と数回は利用していると思います。

そのため、SEOライティングに慣れてくれば、自然と上位表示を狙ったキーワードを利用していると思うので、SEOライティングに慣れるまでは、公開する前に上位表示を狙ったキーワードが数回使われているかをチェックしてから公開しましょう。

画像を作成する

SEOライティングは、単にテキスト情報だけを最適化するにとどまらず、画像の利用が必須です。

画像を利用する際には、本文と関連性を意識することが重要で、本文と関係がないイメージ画像を利用するのではなく、本文の補足説明を行う画像を利用しましょう。

実際に、お客さまで、もともとは画像が1枚もないページでしたが、ユーザーがより読みやすく理解しやすいホームページとするために、補足説明の画像を設置したところ、設置したページのSEO効果を高めています。

そのため、SEOライティングでは、単にテキスト情報の記載方法と考えるのではなく、テキストだけでは伝わりづらい箇所は、画像を利用することで、SEOライティングの効果を最大化することができます。

meta descriptionを作成する

ページの文章が完成したら、meta descriptionを作成しましょう。

検索結果に表示されるmeta description

meta descriptionは、検索結果のタイトルの下に表示されるテキストのことを言い、SEOライティングの効果を最大化するには、meta descriptionを適切に作成することが重要です。

meta descriptionを作成しても、検索順位は上がりませんが、検索結果でのクリック率を高めることができるので、ユーザーがページに興味・関心が出るような文章を作成することで、SEOライティングの効果を高めることができます。

読み直しを行う

ページが完成した後、公開ボタンを押す前に、最後にページタイトルと本文、meta descriptionを読み直して、ユーザーに価値あるページになっているかを確認しましょう。

SEOライティングを行っている場合の多くは、本文が大きく変わったケースは聞いたことがなく、誤字・脱字の発見が目的になっており、誤字・脱字を改善してから公開することで、文章を読んでいるユーザーが読みやすいページとすることができます。

SEOライティングでは、単に文章を書くだけではなく、最後の読み直しがもっとも重要になっていると理解をして、読み直しを行うようにしましょう。

まとめ

SEOライティングとは何かや、基礎知識、多くの企業の検索順位を高めることに成功した文章の作成法について紹介しました。

SEOライティングとは、テクニックではなく、ユーザーが満足できる文章を作成することを言い、ユーザーに価値ある文章を作成すること、さらには公開前に読み直しを行うことで、期待通りの検索順位を獲得することができます。

SEOライティングってどうやったら良いの?とお悩みの方の参考になれば幸いです。