セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

ビジュアルコミュニケーションとは?Webデザインで理解度を高める

昨今は、どの会社もホームページを制作していることが当たり前になったので、訪問者に効率的にコンテンツを理解させることの重要性が高まっています。

訪問者に効率的にコンテンツを理解させるためには、文章で長々と解説するのではなく、ビジュアルコミュニケーションを意識したWebデザインを作成することが重要です。

当ページでは、ビジュアルコミュニケーションとは何かや、重要性、ポイントを解説します。

ビジュアルコミュニケーションとは

ビジュアルコミュニケーションとは、視覚的にコンテンツを表すことで、ユーザーが直感的に内容を理解できる表現法のことを言います。

昨今は、どの会社もホームページを制作することが当たり前になり、多くのライバルサイトが存在しており、ユーザーは必ず御社とライバルサイトを確認して、比較検討を行っています。

その際に、長々と文章で解説しているホームページよりも、直感的に内容を理解できるホームページの方が訪問者に選ばれる可能性が高くなります。

さらに、昨今では、パソコンでのアクセスではなく、スマートフォンでのアクセスが急増しています。

パソコンユーザーであれば、ホームページを「読むもの」として認識しているので、長々と文章で解説をしていたとしても、読んでくれる可能性は高いでしょう。

しかし、スマートフォンユーザーは、スライドでページを見ることが一般的になるので、ホームページを「読むもの」ではなく「見るもの」と認識しているのです。

すなわち、ホームページにビジュアルコミュニケーションの概念を取り入れることで、訪問者が短時間でコンテンツを理解することができるので、コンバージョン率に良い影響を与えるのです。

ビジュアルコミュニケーションの重要性

昨今のホームページは、パソコンよりもスマートフォンからのアクセスの方が多くなっています。

パソコンユーザーの大半は、ホームページを読み物として認識してくれるので、長々と文章で説明していたとしても、しっかりと目を通してくれる可能性が高いです。

しかし、スマートフォンの訪問者は、スライドでページを見ているので、読み物ではなく、見るものとして認識をしており、長々と書かれている文章を好まない傾向が見られます。

文章であれば読まれなければ、訪問者に理解してもらうことができませんが、ビジュアルコミュニケーションを活用することで、見るだけで画像の上下に書かれている文章の内容を推測することが可能です。

つまり、スマートフォンユーザーに正確にコンテンツを理解してもらうためには、ビジュアルコミュニケーションの考え方を活用して、少しでも文字数を減らし、直感的に画像で理解してもらうことが重要なのです。

ビジュアルコミュニケーションの重要性は、ネットショップを見ると分かりやすく、多くのネットショップでは、テキストを読ませるのではなく、上手く画像を利用することで、ユーザーが大切なポイントを理解できるようにしています。

ビジュアルコミュニケーションのポイント

Webデザインに活かすビジュアルコミュニケーションのポイントを解説します。

色の数を絞る

色の数が少ない方が何を言っているかが分かりやすい

ビジュアルコミュニケーションを意識する場合には、色の数を絞ることが大切です。

複数の色を使っている画像は、華やかに見えるかもしれませんが、華やかに見せるよりも、画像で何を伝えたいかを明確にしていくことが大切です。

ビジュアルコミュニケーションでは、主題と文字色、強調の3つで考えることが大切であり、不必要に色を多用してしまうと、ユーザーが画像を認識するのに多くの時間がかかってしまいます。

色で情報の関係性を打ち出す

色で関係性を示す

色を利用して、情報の関係性を打ち出すことも重要です。

文字を読むよりも色で視覚的に見た方が、スムーズに理解することができるので、ユーザーの理解力を高める効果があります。

色の慣例にならう

男性は青、女性は赤

一般的に世の中で言われている色の慣例にならうことも大切です。

  • 昼は赤っぽく、夜は青っぽい
  • 男性は青、女性は赤

一般的に言われている色の慣例にならうことで、ユーザーが直感的に何について書かれているかを把握できるので、ホームページの理解度を高めることができます。

まとめ

ビジュアルコミュニケーションを解説しました。

ホームページにうまくビジュアルコミュニケーションの考え方を取り入れることで、訪問者の理解がスムーズになり、コンバージョン率を高める効果が見込めます。

ビジュアルコミュニケーションって何?とお思いの方の参考になれば幸いです。

記事一覧に戻る