セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.10.04

ホームページがGoogleペナルティを受ける原因と解除法

Googleの検索順位向上を目指す中で、適切なSEO対策が欠かせません。

しかし、Googleのガイドラインを守らない方法を採用すると、ペナルティのリスクに直面します。このペナルティは、検索順位の大幅な低下や、検索結果からの除外を招く可能性が高まります。そうなる前に、正しい知識と対策が求められます。この記事では、ペナルティの原因とその解消法を詳しく解説します。

Googleペナルティとは

Googleペナルティとは、Googleの目指す「質の高いコンテンツをユーザーに届ける」という理念に背く行為をしたサイトに科される制裁です。具体的には、「ウェブマスター向けガイドライン」を無視し、不適切なSEO対策やユーザーを惑わせるようなコンテンツ作成を行った際に、そのページやサイトが検索結果から大幅に下がる、あるいは表示されなくなる現象を指します。

当初、私がWeb業界に足を踏み入れたころは、SEO対策の方法も多種多様で、どの方法が正しいのか、どの方法がペナルティのリスクを持っているのかはっきりしない時代でした。そのため、さまざまな試行錯誤を重ねながら、実際にサイトを運営してみることで、Googleの求める「品質」とは何かを少しずつ掴んでいきました。例えば、過去にはキーワードを無理やり詰め込む「キーワードスタッフィング」という手法が一部で行われていました。しかし、これはユーザー体験を低下させるため、Googleからペナルティの対象とされました。

時代とともに、Googleのガイドラインも変化し続けていますが、その核心は変わらず「ユーザーのためのコンテンツ制作」にあります。私たち制作者は、検索エンジンのアルゴリズムを追いかけるのではなく、最終的にはコンテンツのエンドユーザー、つまり、私たちのコンテンツを求めて訪れる人々のために、価値ある情報提供を心がけることが大切です。それが、結果としてGoogleからも評価され、ペナルティのリスクを避ける道となるのです。

Googleペナルティの種類

Googleペナルティの種類は、主に手動と自動の2つに分かれます。これらのペナルティがどのようなものか、そしてその違いについて具体的に解説していきます。

手動ペナルティは、名前の通りGoogleの担当者が直接コンテンツを確認し、ガイドライン違反があったと判断した場合に科されるものです。私がホームページ制作を手掛ける中で、客先のウェブサイトが手動ペナルティを受けた例が何度かありました。その際、Googleサーチコンソールにログインすると、明確な違反内容と対応策が示されていました。これは、違反の是正を図るための指南書のようなもので、正確な対応を行うことでペナルティの解除を申請できる仕組みとなっています。

一方、自動ペナルティは、Googleのアルゴリズムがウェブページの内容や構造を自動で分析し、不適切な要素を検出した際に科されます。自動ペナルティは手動とは異なり、特定の通知はされません。この点が特に厄介で、突然の検索順位の低下やアクセス減少といった現象が表れた場合、それが自動ペナルティに起因しているかどうかの判断が難しいのです。私自身も、ウェブサイトのパフォーマンスが低下した際に、原因の特定に四苦八苦した経験があります。

このように、Googleペナルティの種類によって、受けた際の対応や認識の方法が異なります。サイトの運営者としては、常にGoogleのガイドラインを意識し、適切なSEO対策を継続して行うことが、ペナルティリスクを最小限に抑える鍵となります。

Googleペナルティを受ける原因

Googleペナルティを受ける原因について、私がホームページ制作を手掛けてきた中で感じてきた点や遭遇した事例を元に詳しく解説いたします。

まず、ホームページ内に質の低いコンテンツが存在することが、ペナルティの大きな原因となります。例えば、制作の初期段階で、私が受け持ったあるプロジェクトでは、お客様から「とにかく多くのコンテンツを追加したい」という要望がありました。しかし、量だけ追求しテキスト量の少ないページや、他サイトからのコピペばかりのコンテンツを増やすことは、逆効果となることが多いのです。ユーザーの役に立たない、または情報の新規性がないページは、Googleからの評価が低くなり、ペナルティのリスクが高まると感じました。

また、質の低い外部リンクに関しても注意が必要です。私が以前手がけたサイトの中で、SEO対策として大量の外部リンクを購入したクライアントがいました。その結果、リンク元のページの内容が不適切だったり、アンカーテキストが不自然になってしまったケースがありました。これも、Googleの評価を低くする要因となり、ペナルティを受けるリスクが高まるという経験をしました。

このように、ホームページ制作や運営の際には、単なる量や形式だけでなく、質を追求することが必要です。ユーザーにとって有益で、かつオリジナリティ溢れる情報を提供することで、Googleペナルティのリスクを避けることができると感じています。

Googleペナルティの解除法

Googleペナルティの解除法について、数多くのホームページ制作を経験してきた中で得た知識と実際の取り組みをもとに説明します。

ペナルティの解除は、まず原因を正確に把握することが肝心です。手動ペナルティの場合、Googleから直接的な通知がくるため、その指摘内容を一つずつ確認して改善するアプローチが必要です。以前、私が関わったプロジェクトでは、Googleからの違反通知を元に、該当ページの内容の見直しやリンクの修正を行いました。改善後は、Googleサーチコンソールを使用して、再審査を依頼することが大切です。

一方、自動ペナルティは少々複雑です。なぜなら、具体的な違反内容や理由が明示されないからです。これには、私たちが制作したサイトでSEOの順位が急に下がった時の経験が役立ちます。その際、ガイドラインに反する可能性のある部分を徹底的に調査し、可能性のある原因を洗い出して改善策を実施しました。クローラーが次にページを訪れるまで待つことは少しストレスを感じるかもしれませんが、ここは焦らず、丁寧に改善作業を進めることが肝心です。

ペナルティの解除は、正直なところ一筋縄ではいかない場面も多いです。しかし、Googleのガイドラインを理解し、ユーザー目線での有益なコンテンツの提供を心掛けることで、ペナルティのリスクを低減できると感じています。

まとめ

Googleペナルティの背景と解決策に関する内容を今回取り上げました。ペナルティに繋がる原因の特定や解消に向けたアクションは、単なる手間だけでなく、時にはサイトの評価回復への時間も必要です。しかし、この複雑さを乗り越えるためにも、Googleのガイドラインの精緻な理解と適切なSEO手法の適用は絶対的な重要性を持っています。これを実践することで、サイトの持続的な健康を保ち、利用者にとっても有意義な情報を提供する道が拓けます。