セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.01.25

ホームページにあるブログの文字数をSEOに最適化するテクニック

ホームページの運営を行う際に、少ない文字数で更新したいと考えるお客さまは多くいます。

Googleは文字数とSEOに関係性はないと発言をしていますが、実際には文字数が少ないページの多くが、クロール済み - インデックス未登録になったり、検索順位が低くなってしまいます。

当ページでは、文字数のSEOには影響がある前提で、少ない文字数でホームページを運営するテクニックを紹介します。

文字数が少ないホームページのメリットとデメリット

運営時間短縮のメリット

文字数が少ないホームページのメリットは、運営時間を短くできるという点です。

SEOを考えてホームページを運営していると、文字数とSEOは関係がないと言っても、良質が重要であると言われているので、ライバルサイトや共起語などの調査を行って、多くのコンテンツを追加しようと考えてしまいます。

しかし、文字数が少なくても良いと判断すると、自分が書きたい内容で文章作成が行えるので、調査や原稿作成の時間を短縮することができます。

SEOで低評価を受けるデメリット

文字数が少ないホームページのデメリットは、SEOと言っても良いでしょう。

Google曰く、文字数とSEOには関係がありませんが、制作実績のホームページのGoogleサーチコンソールを見ると、文字数の少ないページはクロール済み - インデックス未登録になる可能性が高いです。

クロール済み - インデックス未登録になると、該当ページのSEO効果が0になり、さらにはクロール済み - インデックス未登録が多いホームページは、サーチエンジンから低品質と見なされ、サイト全体の検索順位を落とされてしまいます。

また、文字数の少ないページは検索順位が低くなる可能性も高く、SEOで低評価を受けるデメリットがあると言えます。

文字数が少ないホームページがSEO効果を得るために

文字数が少ないブログの運営を行われている制作実績のホームページに提案するSEO効果を発揮するための対策法を紹介します。

1.文字数の少ないページを作成

文字数が少なければ必ずクロール済み - インデックス未登録になるや、検索順位が低くなるわけではありません。

そのため、ブログに新規ページを作成する際には、文字数は気にせずに新規ページ作成を行います。

ブログの文字数が少ない制作実績のお客さまにヒアリングすると、1ページあたり500文字前後、作成時間は30分ほどになっていたそうで、スムーズにホームページの運営が行えるとおっしゃっていました。

もちろん、ページを公開して終わりではなく、サーチエンジンの認識次第で、リライトが必要になることを了承したうえで、文字数の少ないページの作成を行っています。

2.クロール済み - インデックス未登録のチェックと改善

1ヶ月に1度、Googleサーチコンソールを確認いただき、作成したページがクロール済み - インデックス未登録になっていないのかを確認していただきます。

クロール済み - インデックス未登録のページは、そのページ自体が検索結果に出てこないので集客力はありませんし、数が増えてくると、サイト全体の検索順位を落としてしまいます。

そのため、クロール済み - インデックス未登録になっているページに対しては、コンテンツを追加するリライトを行いましょう。

コンテンツの追加方法は、ライバルサイトを調査しても良いですし、自分が不足していると思われるコンテンツを追加しても良いです。

大切なのは、どんなコンテンツを作成するかではなく、ユーザー目線になっているかになります。

制作実績のホームページを見ると、クロール済み - インデックス未登録になったページに100文字を追加するだけで、改善された事例もあります。

そのため、リライトと言っても多くの時間が必要になるわけではなく、月に1度の作業になるので、確実にこなし続けることが重要です。

3.検索順位のチェックと改善

作成したページの検索順位を確認して、想定よりも低い場合は、リライトを行いましょう。

ページの検索順位を高めることは、難易度が高いので、ホームページ運営に慣れていない段階であれば、スケジュールを立てて計画的ではなく、思い付きで行っても良いと思います。

クロール済み - インデックス未登録のページが改善されるだけでも、ホームページのさまざまなページの検索順位は向上する可能性があるので、後回しにしてしまっても良いでしょう。

リライトは、お客さまだけでがむしゃらに行うよりも、Web制作会社やSEO会社のサポートを受けて、どんなリライトが必要かを確認してから取り組んだほうが効率的と思います。

まとめ

ホームページのブログ運営を行う際に、少ない文字数で更新する方法を紹介しました。

ブログの文字数が少なければ、必ずSEOでマイナス評価になるわけではないので、無理に文字数を増やした運営を行う必要はありません。

ただ、Googleが低品質と判断している場合は、クロール済み - インデックス未登録になっていればコンテンツの追加、検索順位が低ければWeb制作会社やSEO会社のサポートを受けてリライトを行う必要があります。

無理に文字数を増やしたページを作成すると、関係がない情報を追加してしまう恐れもあるので、Googleの判断を見てから改善することがおすすめです。

SEO効果を高めるために、ホームページの運営を行っている方の参考になれば幸いです。