セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.19

ホームページ制作後に100ページを作成する集客効果

ホームページ制作後、コンテンツ量がどれだけ集客に効果的か。

多くの方が、ページ数と集客効果の関連性を疑問に思うかと思います。実際、ページの量とその質は、訪問者数やSEOの成果に大きく影響します。数多くの企業が目指す、100ページというマジックナンバー。しかし、これは単なる一つの指標。大切なのは、競合の動向を綿密にリサーチし、最適なページ数を戦略的に設定すること。そして、何より、質の高いコンテンツを継続して追加する努力が、集客力を最大限に引き出す秘訣です。

100ページ作成の目的は集客効果

SEO

ホームページ制作を終えた後、真の課題が待っていること、多くの企業や個人が気付いていません。SEO対策は、この新しいフェーズの一歩目となります。制作後のサイト運用には、明確な戦略と方向性が必要です。

ホームページ制作を通じて、私たちはさまざまな業界やクライアントのニーズに応えてきました。その過程で、特定のキーワードを目指して上位表示させるためには、しばしば100ページ近くのコンテンツが求められることを繰り返し目の当たりにしてきました。例えば、"飲食店 大阪"のようなキーワード。多くの検索ユーザーが使うこのキーワードで上位に表示されるサイトのページ数を詳しく調査すると、その平均が100ページ近いことがわかります。

この100ページという数字、実はSEOの戦略的な方向性を示す一つの指標として役立っています。この基準をもとに、ホームページ制作後にコンテンツの追加や更新を進めることで、SEOの面での成果を実感できるようになりました。しかし、この数字の背後には重要なポイントが隠れています。それは、ページ数だけではなく、各ページの「質」が極めて重要であるということ。

単にページ数を増やすのではなく、ユーザーが求める情報を的確に、かつ魅力的に伝えるコンテンツが求められます。私たちの経験からも、ホームページ制作の後、質の高いコンテンツを持ったページを増やすことが、SEOの成功への近道であることを強く実感しています。

最後に、SEO対策の本質は変わらず、常にユーザーを中心に考え、彼らが求める情報を提供すること。ホームページ制作とSEOは切っても切れない関係にあり、その両方をバランス良く進めることが、最終的な成功への鍵となります。

ソーシャルメディア

ホームページ制作において、その後の運用は非常に重要です。特に、100ページ以上のコンテンツ制作は、集客効果を高めるための鍵となります。その背景にはソーシャルメディアの存在があります。

ソーシャルメディアが日常に浸透する現代において、情報の拡散力は非常に大きなものとなっています。ユーザーが有益と感じる情報は、瞬時に多くの人々へと共有される可能性を秘めています。そのため、ホームページ上で提供される情報の質は、これまで以上に重要視されるようになっています。

多くのページを持つホームページは、ソーシャルメディアユーザーにとっても、多彩な情報や視点を提供する大きな宝箱となり得ます。スタフブログやノウハウ記事など、ユーザーにとって価値のある情報を多く持つホームページは、ソーシャルメディアでの共有を促し、さらに多くの訪問者を引き寄せる原動力となるのです。

しかしその一方で、ページ数が少ないホームページは、訪問者からの信頼を得るのが難しくなることがあります。情報提供の面積が狭いため、訪問者が求める情報や知識を十分に提供できない可能性が考えられます。

ホームページ制作の際には、単にページ数を増やすだけではなく、そのページごとにしっかりとした価値を持たせることが大切です。そして、その質の高いコンテンツがソーシャルメディアで共有されることで、集客効果を実感できるでしょう。

100ページを目標に少ないページ作成で効果を出した事例

ホームページ制作の際、多くのページ数を制作することが集客効果を上げる近道と考えられがちです。しかし、成功の鍵はページ数だけではありません。実際に100ページを目標として新規ページ作成を進めていたある企業は、途中でページ制作を50ページに絞り、その中で高品質なコンテンツを集中的に作成しました。その結果、予想を超える効果を出すことができました。

理由はシンプルです。彼らが制作したページは、原稿だけでなく、掲載されている画像やPDFなどの情報が非常に良質だったからです。ユーザーが求める情報を的確に提供し、彼らの問題解決の手助けとなるようなコンテンツは、検索エンジンからも高い評価を受けました。

多くのライバルサイトが存在する中、単純にページ数を増やすだけでは上位表示は難しい。重要なのは、ページ数にとらわれず、各ページが持つ「質」を向上させること。高品質なコンテンツはユーザーの滞在時間を延ばし、再訪問の確率を上げる要因となります。さらに、良質なコンテンツは他のサイトからの被リンクも増やすため、SEOの観点からも非常に有効です。

この事例から学ぶべきは、ホームページ制作時にページ数を増やすだけでなく、その内容を磨くことの重要性。少ないページ数でも、その中に詰まる情報の質を高めることで、上位表示を狙うことが可能となります。

まとめ

ホームページ制作において、ページ数と質のバランスは絶対的な要素です。ライバルサイトのページ数、例えば100ページを目標に設定するのは、戦略的な一手段です。この目標を掲げることで、方向性が明確になり、具体的なアクションを起こしやすくなります。

しかしながら、100ページを目指すだけでなく、その中の各ページが持つ「質」も同時に考慮しなければなりません。ユーザーが求める情報を的確に、かつわかりやすく提供することで、サイト訪問者の信頼を勝ち取ることができます。質の高いコンテンツは、ユーザーの滞在時間を延ばし、再訪問の可能性を高めるだけでなく、SEOの観点からも非常に有益です。

ページ数と質、双方を無視することなく、バランスよく対策を進めることがホームページの成功につながります。最終的には、ユーザーの期待に応えるコンテンツを提供することが、継続的な集客やビジネスの成長に繋がる鍵となるでしょう。