セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.28

Googleビジネスプロフィールとは?ホームページに与える影響

Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供するSNSになります。

Googleビジネスプロフィールを活用することで、ローカルパックやGoogleの地図検索にホームページへのリンクが掲載されるようになります。

当ページでは、地域を絞ったビジネスを提供しているホームページに必須のGoogleビジネスプロフィールについて紹介します。

Googleビジネスプロフィールとは

Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供しているSNSになります。

Googleビジネスプロフィールに登録することで、Googleの検索結果やGoogle地図検索にホームページへのリンクを掲載することができるので、より多くの見込み顧客をサーチエンジンから集客することが可能です。

特に、地域を絞ったホームページを運営されている企業では重要になり、地域名を含んだGoogle検索を行うと、上位に表示されているホームページよりも上位にローカルパックが表示されることがあります。

さらに、飲食店や美容室などのホームページの場合は、【近くの美容室】などの検索を行うスマートフォンユーザー数も多くなるので、単に検索結果だけではなく、Google地図検索からも見込み顧客を集客できるようになります。

一般的にBtoB企業などでは利用しないと言われるケースもありますが、登録自体はそれほど大変ではないので、登録だけはしておくことがおすすめです。

Googleビジネスプロフィールの登録方法

Googleビジネスプロフィールの登録方法は、それほど難しいものではありません。

会社名で検索を行い、「ビジネスオーナーですか?」というリンクボタンをクリックして、基本的な会社の情報を入力し、最後に電話とメール、はがきのどれかで取得したコードを入力することで、本人確認が行われ、それで登録が完了です。

Googleビジネスプロフィールでできること

店舗の正確な情報の打ち出し

Googleビジネスプロフィールに登録することで、検索結果やGoogle地図検索に、会社名や電話番号、住所、定休日、営業時間など、会社のさまざまな情報が公開されます。

会社の基本情報を正確に打ち出すことによって、ニーズに合致した見込み顧客に見てもらうことができれば、高い成果を実現することとができるのです。

写真や動画の公開

Googleビジネスプロフィールを利用すれば、写真や動画の公開が可能です。

もちろん、闇雲に写真や動画を公開しても意味がありませんが、ビジネスに関する写真や動画をアップロードすることによって、多くのユーザーに閲覧してもらうことが可能になり、期待通りの成果を実現できる可能性があります。

例えば、飲食店であれば、料理を作っている最中の動画や、完成した料理の写真などを公開することで、ユーザーが御社のGoogleビジネスプロフィールに興味・関心を持ってくれるようになるので、ホームページへの誘導や予約の獲得に繋がります。

会社の最新情報を発信

Googleビジネスプロフィールでは、テキストの公開も可能です。

テキストを公開することで、ユーザーの検索ワードと合致した場合に、ローカルパックやGoogle地図検索で上位表示される可能性があります。

配信内容としては、Googleビジネスプロフィールのターゲットを考えることが大切で、例えば会社の最新情報であったり、キャンペーンやイベント情報などを公開すると高い効果を発揮します。

口コミの獲得

Googleビジネスプロフィールのメインは、口コミの獲得になります。

お客さまからGoogleビジネスプロフィールに口コミを書いてもらうことで、多くの見込み顧客がその口コミを確認することができるので、より多くの見込み顧客をホームページへの誘導や予約の獲得に繋げることが可能です。

Googleビジネスプロフィールのメリット

すべての機能が無料で利用できる

Googleビジネスプロフィールはすべての機能を無料で活用することができます。

SEOを行っているホームページよりも上位に表示される

Googleの検索結果では、地域名を含んだキーワードで検索をすると、ローカルパックが表示されることがあります。

ローカルパックでホームページへのリンクを表示させるには、MEO対策と呼ばれる対策が必要です。

MEOで成果を出すには以下の対策が必要です。

  • ビジネスに関する正確な情報配信
  • ユーザーに価値ある最新情報と画像、動画の投稿
  • Googleビジネスプロフィールの継続した運用
  • 口コミの獲得と返信

上記の4点を行うことで、ローカルパックに表示される可能性がありますが、ローカルパックは、Googleがローカルパックを表示したほうがユーザーにとって便利だと判断した場合にのみ表示されるので、必ず表示されるものではないと認識しましょう。

無料の分析ツールが提供されている

Googleビジネスプロフィールでは、Googleから無料の分析ツールが提供されています。

分析ツールでは、概要や通話、予約、ホームページへのリンクをクリックしたユーザー数などが表示されており、これらの数値データを確認して、問題点を改善することで、より高い成果を実現できます。

ただ、これまで多くのホームページにGoogleビジネスプロフィールの運用をサポートしてきた経験で言うと、露出回数が大きな影響を与えていると思うので、まずは露出回数を高めるために、ユーザーに価値ある運用を行うことから始めましょう。

Googleビジネスプロフィールのデメリット

口コミに誹謗中傷がかかれる

Googleビジネスプロフィール最大のデメリットは、悪意のある方から誹謗中傷の口コミが書かれてしまうケースです。

誹謗中傷が書かれるパターンとしては2つあります。

1つ目が、悪意のある会社が悪い口コミを書き込んだ後、書き込んだ企業に対して、悪い口コミが書かれているので削除しますと電話営業をかけることです。

書き込んだ方であれば、口コミを削除することができるので、自作自演の口コミをされて高額な費用を請求されてしまう恐れがあります。

この対策法としては、その会社が悪意のある会社であることをGoogleに伝えるしか方法がなく、削除されるまで定期的にGoogleに連絡を行うしかありません。

2つ目が、同業他社からの嫌がらせになり、当社の制作実績のホームページで、同業他社から誹謗中傷を受けていたケースがありました。

口コミに書かれている内容は、そもそもそんなサービスを提供していないや、そういった相談事例は1つもないような内容が書き込まれていました。

当初は、Googleに通報をして削除申請をしていたのですが、投稿数が多すぎて削除が追い付かない状況であったため、お客さまは、Googleビジネスプロフィールを閉鎖することにしています。

ビジネス情報が書き換えられる

Googleビジネスプロフィールでは、管理者だけではなく、一般ユーザーもビジネス情報を書き換えることが可能です。

制作実績のホームページでは、悪意のあるユーザーから、まったく違う会社名に変更されてしまい、その都度正しい会社名に変更を繰り返していました。

もちろん、Googleにも通報をしていたのですが、対応してもらうことができなかったので、最終的にはGoogleアカウントの閉鎖をしています。

このようにGoogleビジネスプロフィールはまじめに運営をしていても、悪意のある第三者に目を付けられると、大変な目に合う恐れがあるので、閉鎖も考えた運用を行うことが大切です。

ただし、飲食店や美容室などの一部のGoogleビジネスプロフィールの効果が高いと言われる業種においては、閉鎖ではなく、根気よくGoogleに通報する必要があります。

Googleビジネスプロフィールには拒否されましたがある

これまで多くのホームページのGoogleビジネスプロフィールの運用をサポートしてきましたが、Googleビジネスプロフィールには拒否されましたというステータスが存在しています。

Googleビジネスプロフィールの拒否されましたとは

Googleビジネスプロフィールで投稿を行っている方は、拒否されましたというメッセージを1度は目にしたことがあると思います。

Googleビジネスプロフィールに投稿した内容は、プログラムによって精査されており、Googleが定めたコンテンツポリシーに違反していないかをチェックされています。

コンテンツポリシーに違反していると感じた場合は、投稿自体はできるのですが、これまでの経験で言うと、1営業日以内に、投稿が取り消されてしまい、なかったことになってしまいます。

基本的には、コンテンツポリシーに違反するような投稿を行う方はいないと思いますが、そこでポイントがあり、それは人間ではなくプログラムで確認しているという点です。

そのため、ホームページと同じテーマで投稿を行ったとしても、プログラム次第によっては、拒否されるケースがあります。

また、制作実績の企業から、Googleビジネスプロフィールで拒否されると言うことは、ホームページでも似た文章を掲載しているので、その箇所がSEOでマイナス評価を受けているのではないかと質問を受けたことがあります。

SEOとGoogleビジネスプロフィールは別のアルゴリズムで動いているので、Googleビジネスプロフィールで拒否されたとしても、SEOに影響はないのでご安心ください。

では次に、どのような文章を作成すれば、拒否されないのかについて紹介します。

拒否されないための対策は存在せず定期的なチェックが必要

Googleビジネスプロフィールで拒否されないための対策は存在しません。

これまで多くのホームページに、Googleビジネスプロフィールの運用をサポートしてきましたが、Googleが定めたコンテンツポリシーに違反していなかったとしても、拒否されるときは拒否されているように感じます。

ただし、拒否されたや、されなかったと漠然と見るのではなく、どのような投稿を行えば拒否される可能性が高いのかの傾向を把握する努力は必要だと感じます。

傾向を把握したとしても、拒否されるときはされてしまいますが、拒否される可能性を下げることは可能だと思います。

そのため、定期的に自社が投稿した内容が拒否されていないかを確認して、されているケースが多い文章にはどのような傾向が見られるのかを判断していきましょう。

傾向を理解しながらGoogleビジネスプロフィールの運用を行うことで、拒否されましたの回数を大きく減らすことが可能になり、効率的な運用が行えます。

成果が出たGoogleビジネスプロフィール運用例

Googleビジネスプロフィールの運用代行を行ったところ、高い成果を出した造園会社のGoogleビジネスプロフィールの運用例を紹介します。

Googleビジネスプロフィールの初期設定をしっかりと行う

造園会社からGoogleビジネスプロフィールの運営代行を依頼いただいて、初めに行ったのが、Googleビジネスプロフィールの初期設定をしっかりと行う対策です。

Googleビジネスプロフィールの初期設定では、会社名や住所、電話番号の表記を意識することが大切になり、造園会社のホームページはもちろん、他のホームページに打ち出すときにも、表記を統一する必要があります。

表記を統一することで、Googleからインターネットによく情報が公開されている造園会社であると認識をしてもらえるので、MEO効果を高めることが可能です。

また、造園会社では、最低限の情報は登録していましたが、プロフィール情報の設定に漏れがあったので、プロフィール情報を100%埋めていただくようにしました。

【造園や剪定、伐採、草刈りなど+地域名】のキーワードでGoogle検索をしたときに、検索結果にローカルパックが表示されているので、ローカルパックで1位表示を狙う基本的な対策としています。

お客さまから写真と箇条書きの文章を支給いただく

GoogleビジネスプロフィールでMEOを行う方法として、口コミを集めることが効率的ではありますが、造園会社に確認をすると、口コミを集めるハードルが高いと言われ、却下されています。

そのため、メインの対策は、最新情報と写真の追加になっており、ここに造園会社のビジネスに関するテキストや写真をアップロードすることで、MEO効果の最大化を狙いました。

テキストや写真をアップロードするためには、投稿内容が必要になり、当社は造園会社ではないので、テキストも写真も持っていません。

そのため、造園会社から定期的で良いので、作業をしている写真やテキストがある場合は箇条書きで良いのでお送りいただくようにしています。

写真は当社で適切なサイズにトリミングをしてからアップロードを行い、箇条書きは当社で文章化してからアップロードするようにしました。

造園会社も当社も最低限の時間でGoogleビジネスプロフィールの更新を行えるようになったので、スムーズな投稿を繰り返すことが可能になり、実際に投稿頻度としては、2日に1投稿は行っています。

MEOを意識した投稿

最新情報を投稿する際には、MEOを意識するようにしています。

MEOを意識したGoogleビジネスプロフィールの最新情報の投稿方法は、ユーザー目線と各最新情報でビジネスに関するキーワードを1回以上利用することが大切です。

例えば、造園に関する写真の最新情報であれば、造園を1回または2回は利用することを意識して、さらには文章をユーザーが読みやすく魅力的に感じることを意識しました。

また、投稿内容によっては、造園会社のホームページや、協会、ウィキペディアへのリンクも行っており、ユーザーに価値ある投稿を行うようにしています。

最初のころは、当社に造園や剪定、伐採、草刈りなどの知識がなかったので、大変な作業ではありましたが、Googleビジネスプロフィールの運用を継続しているうちにスムーズにリンクの設定を行えるようになりました。

まとめ

Googleビジネスプロフィールについて紹介しました。

Googleビジネスプロフィールは、無料で活用ができるので、すべての業界のお客さまに登録だけは必須と紹介しています。

ただ、悪意がある方がいるのも事実で、その時には適切な対応を行うことで、ホームページの訪問者数や問い合わせ数の向上を実現することが可能です。

Googleビジネスプロフィールって何?とお思いの方の参考になれば幸いです。