株式会社セブンデザイン SEOに強い大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.17

SEOランキングとは?正しい考え方

ホームページ制作後のSEOランキング向上戦略とその正しい考え方を示すイメージ

ホームページを制作した後、目指すのはそのページがSEOランキングでどれだけの位置を占めるか。しかし、単に「ランキングを上げたい」という思いだけでは、戦略が漠然としてしまいがちです。特に、トップページと下層ページでは、その取り組み方に大きな違いがあります。このページでは、長年のホームページ制作とSEOサポートの実績をもつ当社が、SEOランキングの正しい考え方と効果的な戦略を明かします。

SEOランキングとは

SEOランキングという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど、主要な検索エンジンでのホームページの順位を示すものです。ホームページ制作の際、クライアントからのリクエストとして「上位表示されるホームページを制作してほしい」という声は多いものです。

しかし、単に「上位表示」を目指すだけでは、ホームページ制作の方針がぼやけてしまいます。なぜなら、ホームページの中心となるトップページの評価と、特定の情報を提供する下層ページの評価は異なるからです。トップページは、制作されたホームページ全体の質を示すバロメーターとなります。一方、下層ページは、そのページ固有の内容とキーワード、そしてユーザーのニーズにどれだけ応えているかが評価されます。

これを踏まえて、制作するホームページがどの部分、どのページを強化したいのか、明確な目標を設定することが不可欠です。そして、その目標に合わせたSEO対策を施すことで、真に価値あるホームページ制作が可能となります。続くセクションで、具体的な対策法について解説していきます。

SEOランキングの上げ方

トップページ

トップページのSEOランキングは、制作されたホームページ全体の評価を反映するものとなります。この評価を高めるためには、一朝一夕の取り組みでは難しく、長期的な視野と対策が必要となります。短期的に効果を期待するのは難しいのが現実です。

なぜなら、トップページは下層ページ全体の総合評価としての役割を持っています。各下層ページの質が高ければ高いほど、トップページの評価も向上するという仕組みです。下層ページの上部に位置するタイトルタグには、そのページの内容を正確に反映した固有で適切な文章を配置することが肝心です。

継続的に下層ページの新規作成や内容のリライトを行うことで、トップページの評価も徐々に向上していきます。具体的な期間としては、キーワードの難易度にもよりますが、最短で3ヶ月から、長ければ2年のスパンを想定するとよいでしょう。

また、トップページのランキング向上のためだけにトップページ自体を頻繁にリライトすることは、効果が限定的であると私たちのホームページ制作の経験からも言えます。根気強く、全ページの質向上に取り組むことが、最終的なトップページのランキングアップに繋がるのです。

下層ページ

下層ページのSEO対策は、ユーザーのニーズを十分に満たす高品質なコンテンツ制作が鍵となります。特にタイトルタグはページ内容の要約であり、その正確さが検索順位に大きな影響を及ぼします。具体的には、タイトルタグに対応した詳細で価値ある情報を提供することが求められます。

様々なSEOのテクニックや知識、例えばキーワードの適切な配置や画像の最適化などが存在しますが、基本となるのはユーザーニーズの充足です。ランキング1位を目指す際は、情報の厳選や冗長な部分の削除が不可欠です。ホームページ制作の際に有用なのは、競合するページを調査し、自社ページとの違いを洗い出すアプローチです。

実際に上位表示されているホームページを参考にすることで、ユーザーが求めている情報が何かを把握することができます。その知見をもとに、制作した原稿の過不足を確認し、適切に修正することが効果的なSEOの実践となります。

もしも、所望の順位に達していない場合、その原因としてコンテンツが検索意図を満たしていない可能性が考えられます。リライトによって、よりユーザーの要求に合致したページを作成することで、順位向上のチャンスが増えるのです。

SEOランキングが上がらない場合

SEOランキングが上昇しない際、多くの企業が直面する悩みの根源は、検索エンジンのアルゴリズムへの理解の不足です。これらのアルゴリズムは200以上存在するとされ、その全てが公表されているわけではありません。しかし、いくつかの重要な要素は公開されており、ホームページ制作会社やSEOのプロからの記事や情報も豊富に存在します。

この情報を元に、自社サイトの調整を根気よく行っていくことが重要です。近年の検索エンジンは、単なるSEO施策を重視するよりも、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを評価しています。つまり、新規ページを制作する際や既存ページのリライトを考える場面で、検索エンジンのアルゴリズムだけを意識するのではなく、最終的なユーザーのための丁寧で正確な情報提供が必要です。

例えば、書籍や資料、プレスリリース、キャッチコピーなど、様々な文書を制作する際のように、細部まで気を配った原稿制作を心がけることが、実はSEOにも繋がっています。継続的にユーザー目線での質の高いコンテンツ制作を行い、それを反映させてホームページに組み込むことで、期待を超えるランキング向上が期待できます。

まとめ

SEOの世界には、様々な情報や知識が飛び交っていますが、正確な知識を持たずにランキングを上げようとすると、期待する効果は得られません。SEOの最適化は、単に原稿を作成するだけではなく、検索エンジンのアルゴリズムやユーザーの検索意図を深く理解し、それに応じた戦略を組む必要があります。

短期間での結果を求めるのは難しく、真のSEO効果を実感するためには中長期的な取り組みが不可欠です。定期的なサイト改善やコンテンツ更新、そしてユーザー目線での質の高いホームページ制作が、徐々にですが、確実な成果をもたらします。

当社では、これらの正しいSEO知識とホームページ制作のノウハウを併せ持ち、お客様の成功をサポートしています。もし、あなたが真のSEO効果を求めているのであれば、どんな小さな疑問でも構いません、お気軽にご相談ください。