セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.05.25

SEOと文字数の関係は数ではなくホームページの訪問者のニーズを満たす

SEOの核心は単なる文字数ではありません。真の価値は、ユーザーが求める情報やニーズをどれだけ的確に捉え、提供できるかにかかっています。文字数の多いページが検索上位に表示されることもありますが、それはそのページがユーザーにとっての価値をしっかりと持っているからです。私たちが長年のホームページ制作で培った知識と経験から、SEOと文字数の本質的な関係を語り、効果的なページ制作のヒントを提供します。ユーザー中心のアプローチで、真のSEO効果を追求しましょう。

グーグル曰くSEOと文字数は関係がない

グーグルは常にユーザーの利益を第一に考えています。確かに、以前は「多ければいい」という単純な考え方から文字数を増やすことがSEO対策の一つとされていました。でも、私たちがホームページ制作の現場で感じるのは、それだけでは十分ではないということ。何度も制作を手掛けてきた経験から、ユーザーが本当に欲しているのは「的確な情報」であり、「量」よりも「質」が求められる時代になっています。

例えば、レシピサイトを訪れるユーザー。彼らは単に「材料のリスト」ではなく、具体的な調理手順やコツ、そして料理の背景などの情報も求めています。しかし、彼らが求めているのは無駄な情報を除いた、シンプルで分かりやすいコンテンツ。ここで、文字数だけを追求した冗長な文章は、むしろユーザーを遠ざける結果となるのです。

また、実際に検索エンジンの結果を見ると、必ずしも文字数が多いサイトが上位に来るわけではありません。なぜなら、グーグルが評価するのは「ユーザーにとっての価値」。文字数だけでなく、内容の質や構造、そしてユーザーの反応など、多岐にわたる要素が考慮されています。

ホームページ制作の際には、ユーザーの目線に立ち、彼らが何を求めているのかを深く考えることが大切。文字数だけを気にするのではなく、ユーザーのニーズをしっかりと捉え、価値ある情報を提供することで、真のSEO対策を実現していきましょう。

現状で文字数が多いほどSEO効果が出ている理由

内容の充実

現代のサーチエンジンは、単なる文字数よりも「内容の充実」を重視しています。その背景には、ユーザーが検索結果から得たい情報の質が増しているという変化があります。ユーザーが「ホームページ制作」のようなキーワードで検索する際、彼らは単に表層的な情報ではなく、手順やトレンド、さらには注意点など、より深い情報を求めてアクセスしています。

こうしたニーズを叶えるために、ページの内容が豊富であることは必須です。しかし、文字数が多いからといって、それがユーザーにとって価値のある情報とは限りません。内容が乏しい、あるいは不適切な情報を多く含んだページは、ユーザーの満足度を下げる原因となるでしょう。このようなページは、最終的にはSEOの評価も低くなってしまいます。

制作時、私たちはいつもユーザーが求める情報は何かを考えています。そして、それをきちんと提供することを最優先に置いています。ページのデザインや構造も、ユーザーが求める情報にスムーズにアクセスできるよう配慮しています。文字数は重要ですが、それ以上に大切なのは、ユーザーのニーズを深く理解し、それを満たす内容をしっかりと提供することです。これが、真のSEOの力を引き出す鍵となっています。

適切な共起語の利用

共起語の正確な活用は、SEO成功の大きな要因となっています。共起語を用いることで、検索エンジンはページの内容がどれだけ深く、関連性があるのかを判断します。実際の制作現場でも、共起語の適切な使い方は、ユーザーの検索ニーズに応える情報を提供するための重要な手段となっています。

例を挙げれば、「ホームページ制作」に関連する情報を探しているユーザーは、単に「SEO」のキーワードだけではなく、「ユーザーニーズ」や「検索順位」といった関連するキーワードも意識しています。これらのキーワードが適切に組み込まれていると、ページは検索エンジンからそのトピックの専門性が高いと評価されます。

ただし、この点での注意として、共起語を単に多用するだけでは十分ではありません。内容が冗長になり、ユーザーの関心を逸らしてしまうようなページは、最終的にはSEOの評価を下げるリスクとなります。そのため、内容を充実させる際も、共起語の利用は計画的に、そして自然に行うことが大切です。

文字数だけを追求するのではなく、共起語を含む質の高いコンテンツ制作が、SEOの効果を最大化するための鍵となります。ユーザーが真に求めている情報を提供することで、サイトの検索順位も向上するでしょう。

SEO効果を高める文字数への対応法

ホームページ制作の際、多くの方が「文字数」に頼りがちです。確かに、1,000文字や2,000文字という具体的な目安は、情報を伝えるための基盤となります。その中で、読者に対して必要な情報を効果的に伝え、関連キーワードを自然に取り入れるのは一つのアプローチです。

しかし、我々が忘れてはならないのは、単に文字数を増やすだけではなく、内容の質が何よりも重要だということです。たとえば、2,000文字の記事を作成したとしても、内容が冗長であれば読者は途中で飽きてしまいます。逆に、1,000文字の中に魅力的な情報が詰まっていれば、それは大きな価値を持ちます。

私たちが制作を手掛ける際、特定の文字数を目指すよりも、まずは「このページを訪れたユーザーが何を求めているのか?」をしっかりと捉えることが大切です。ユーザーの情報ニーズをしっかりと満たす内容を提供することが、最終的にはSEOの評価も高めるカギとなります。

さらに、記事のリライトも重要な要素の一つ。内容が時代に合わなくなったり、新しい情報が出てきた際には、適切な更新を行うことで、常に最新の情報を提供することができます。このような柔軟性も、ユーザーにとっての価値を高める要因となります。

また、内部リンクの配置は、ユーザーの流れを考える上で欠かせない要素です。ただし、不自然なリンク配置は避け、ユーザーの興味やニーズに基づいて適切なリンクを設定することが必要です。

結論として、SEOと文字数の関係は深いものですが、単に文字数を増やすだけではなく、ユーザーのニーズをしっかりと捉えた上で、質の高い内容を提供することが最も重要です。それこそが、真のSEO効果をもたらす秘訣と言えるでしょう。

まとめ

SEOと文字数、一見関連しないように感じますが、ホームページ制作の舞台裏では密接な関わりを持っています。ただ文字を増やすだけでは、SEOの効果は得られません。現代のユーザーは、明確でわかりやすい情報を求めています。そのため、質の高い内容が不可欠となります。適切な文字数は、サイトの目的やユーザーニーズによって異なります。多すぎず、少なすぎず、ちょうど良いバランスが大切です。ユーザーがページを途中で離れることなく、求める情報を得ることができる。そんなホームページがユーザーフレンドリーと言えます。そして、この適切なバランスが、SEO効果の向上とユーザーの満足度を高める鍵となるのです。ホームページ制作は、ユーザーとのコミュニケーションツール。そのコミュニケーションをより良くするために、SEOと文字数の関係を深く理解し、活用する必要があります。