セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.05.28

キーワードカニバリゼーションとは?ホームページに与えるSEOへの影響

キーワードカニバリゼーションは、ホームページのSEO効果を下げるサーチエンジンの仕様です。

キーワードカニバリゼーションを意識したホームページ制作や運営を行うことによって、ホームページのSEO効果を最大化することが可能です。

当ページは、キーワードカニバリゼーションとは何かや、ホームページへの影響、改善法を紹介します。

キーワードカニバリゼーションとは

キーワードカニバリゼーションとは、サーチエンジンの検索結果で、1つのキーワードで検索したときに、サイト内の複数のページが表示されている状態のことを言います。

1つの検索結果で、複数のページが表示されているというのは、ウェブマスターにとっては、クリック回数を高めることができると考えてしまいますが、SEOとしてはマイナス評価を受けている状態になります。

カニバリゼーションとは、日本語で共食いという意味になるのですが、キーワードカニバリゼーションが発生して、1つのキーワードで複数ページが表示されていると、それらのページで共食いを起こしている状態になります。

サーチエンジンは、共食いが起こっているページは、どちらのページを上位表示すれば良いか分からないので、分からないページを上位表示させる事例は滅多になく、キーワードカニバリゼーションが起こっているページの検索順位を少し下げているのです。

さらに、サイト全体でキーワードカニバリゼーションが発生している数が少ないと、該当ページの検索順位が下がるだけですが、多くなると、キーワードカニバリゼーションの発生の有無に関係なく、低品質なページが多いホームページと判断をされて、サイト全体の検索順位が落ちてしまいます。

そのため、キーワードカニバリゼーションはできる限り発生しない方が良いのですが、ホームページを制作して、運営をしていると、発生させないということは不可能です。

そこで、ウェブマスターは、キーワードカニバリゼーションを意識したホームページ制作や運営を行い、また定期的にキーワードカニバリゼーションの確認をして、過剰に多い場合は適切な改善を行うことが大切です。

では次に、キーワードカニバリゼーションが発生するとホームページが被る影響を紹介します。

キーワードカニバリゼーションが与えるホームページの影響

検索順位が下がる

キーワードカニバリゼーションが発生すると、検索順位が落ちてしまいます。

サイト全体で、キーワードカニバリゼーションが発生しているページが少ない場合は、該当ページの検索順位が下がるだけですが、数が多くなってくると、キーワードカニバリゼーションに関係なく、サイト全体の検索順位が落ちてしまいます。

意図と違うページが上位表示されてしまう

キーワードカニバリゼーションが発生すると、意図と違うページが上位表示される可能性があります。

例えば、サービス名で検索をしたときに、サービスページが上位表示されたいのに、トップページが上位表示されたりするケースは、ホームページにキーワードカニバリゼーションが発生しています。

ただ、意図と違ったページが上位表示されている場合に、どのキーワードカニバリゼーションを改善すれば良いかは、数値データとしての提供はされていないので、意図と違ったページが上位表示されている場合は、多くのキーワードカニバリゼーションが起こっているページを改善しなくてはなりません。

キーワードカニバリゼーションの改善法

各ページで固有の情報公開を意識

キーワードカニバリゼーションを改善するためには、ホームページにあるすべてのページで、固有の上位表示ワードを定めましょう。

キーワードカニバリゼーションが発生しているページと言うのは、同じ上位表示ワードを設定しているページで発生するか、あるいは似たようなテーマのページで発生するかのどちらかになるので、サイト全体で明確な違いがある上位表示ワードを設定することで、キーワードカニバリゼーションの発生を最小化することが可能です。

Googleサーチコンソールで確認して改善する

Googleサーチコンソールの検索パフォーマンス>検索結果には、検索結果で表示されたクエリの一覧が表示されています。

クエリをクリックすると、そのクエリに絞った状態を確認することができるので、クエリを絞った状態で、どのページが検索結果に表示されているかをチェックしましょう。

1つのクエリに対して、2ページ以上が表示されている場合は、キーワードカニバリゼーションが発生しているので、検索結果に出てこなくても良いページのリライトを行うことが大切です。

リライトを行う際に、ページタイトルと本文、meta descriptionのリライトに取り組むことが大切で、リライトを行うページで重要なキーワードを強調した文章へとリライトするようにしましょう。

適切な強調ができていれば、キーワードカニバリゼーションが改善されるので、ホームページのSEO効果を高めることが可能です。

まとめ

キーワードカニバリゼーションとは何かを紹介しました。

キーワードカニバリゼーションが発生するとホームページのSEO効果を下げる結果になるので、ウェブマスターは定期的にチェックしなくてはなりません。

ホームページにSEOを行っている方は、キーワードカニバリゼーションの発見と改善に取り組むことで、期待以上のSEO効果を実現することができます。