セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.10.08

サイト内検索とは?ユーザーの利便性が向上

サイト内検索とは、ホームページの内部をキーワード検索できるシステムのことを言います。

サイト内検索は、メーカーなどの商品アイテム数が多いホームページや、昨今ではコーポレートサイトやサービスサイトでも、スタッフブログのページ数が多くなるので、実装している企業が増えています。

当ページでは、サイト内検索とは何かや、どんなメリットがあるのかを紹介します。

サイト内検索とは

サイト内検索とは、ホームページの内部をキーワード検索できるシステムのことを言います。

従来のサイト内検索と言うと、メーカーサイトやネットショップなど、商品アイテム数が多いホームページで、ユーザーが探している商品を見つけやすくするために実装していることが大半でした。

しかし、昨今では、コーポレートサイトやサービスサイトなどでも、スタッフブログのページ数が多いことからサイト内検索を実装しているホームページが増えています。

サイト内検索を実装することで、ホームページを管理している企業は、サーチエンジンやSNSから自分が求めているページに直接アクセスしてくるユーザーではなく、トップページなどの別ページに訪れた訪問者を適切なページへと誘導することができます。

ページ数が多いホームページに、サイト内検索がないと、ユーザーは入口ページを見て、ぱっと見の印象で自分が探しているコンテンツがないかを調べて、なければ離脱をしてしまう可能性が高いです。

そのため、ホームページを管理している企業では、サイト内検索を利用して、ユーザーが探し求めているページをピンポイントで発見させることは、成果において重要な要素と言えるのです。

では、次にサイト内検索を実装するメリットを紹介します。

サイト内検索のメリット

ユーザーの利便性の向上

サイト内検索を実装することで、ユーザーに対してホームページの利便性を高めることが可能です。

特にページ数が多いホームページでは、サイト内検索は必須になっており、ユーザーが求めている内容と異なるページに訪れた場合に、ページ数が多いと、自分が探しているページを発見することができません。

また、探していたページを入口にしたユーザーだったとしても、文章を読んでいく中で、別に知りたいポイントが出てきた場合には、サイト内検索を利用する可能性もあります。

昨今のホームページは、多くの企業がSEO効果を目的にして、新規ページ作成を行っているので、サイト内検索があることで、ユーザーの利便性を向上させることができるのです。

類似ページを回避できる

当社のホームページ制作では、サイト内検索を提案したお客さまには、ユーザーのため以外にもウェブマスターの更新効率を高める対策ができると紹介しています。

ウェブマスターが作成しようと考えているページのテーマで、サイト内検索を行うことで、類似ページがないかを確認することが可能です。

同じテーマのページが複数あることは、SEOとしてもホームページの成約率しても、大きなマイナスになるので、サイト内検索を利用して調査することの重要性は高いです。

ただし、管理画面などで検索をしても同じ結果にはなるので、サイト内検索が不要と言われることもありますが、当社のこれまでの経験で言うと、管理画面よりもユーザーが見るホームページでサイト内検索をしたほうが表示速度が速いので、スムーズに運営することが可能です。

サイト内検索をnoindexにしていないと逆SEOの対象になる

ネットショップやメーカーサイトであれば、多くの商品を取り扱っているので、ユーザーが商品を探しやすいようにサイト内検索を実装することが多いでしょう。

また、その他のホームページであったとしても、昨今ではスタッフブログのページ数が多いホームページも増えているので、膨大なページ数の中からユーザーは自分が知りたい情報を探さなくてはならず、サイト内検索を実装して利便性を高めていることが多いと思います。

このように多くのホームページでサイト内検索を実装しているのですが、最近このサイト内検索を使った逆SEOが流行っていて、自由入力ができる検索結果ページをindexにしていると、検索結果に大量に被リンクを行う逆SEOが流行っているそうです。

サイト内検索で自由入力を行った際の検索結果ページは、検索ワードごとにURLが異なってきます。

一般的には、サーチエンジンはサイト内検索の結果ページのURLを認識できないのですが、逆SEOとして、検索結果ページに被リンクを行われると、サーチエンジンがそのページを認識してしまいます。

サーチエンジンに認識されてしまうと、ホームページのページとしてカウントされてしまうので、仮に低品質な被リンクでサーチエンジンが被リンクを無効化してくれていたとしても、一気にページ数が増えてしまい、ホームページのSEO効果は飛躍的に高くなります。

しかし、この過剰な検索順位の向上は、すぐにサーチエンジンに察知され、手動あるいは自動ペナルティが付与されて、ホームページが検索結果に出てこなくなります。

このように、サイト内検索の結果をnoindexにしていないと逆SEOのターゲットになってしまい、一時的にはアクセス数が増えるかもしれませんが、すぐに検索結果から除外されてしまい、お客さまにとっては大きな損害になるリスクがあります。

そのため、現在のホームページでは、サイト内検索の結果ページには、必ずnoindexを設定して、サーチエンジンにインデックスさせないようにしなくてはならないのです。

WordPressサイトでサイト内検索にnoindexタグを付与する方法

プラグインで実装

WordPressに実装しているAll in One SEOやYoastSEOなどのSEO系プラグインでは、サイト内検索の結果をnoindexにする機能があります。

バージョンやプラグインごとに設定できる箇所が異なるので、一概には言えませんが、一般的にはそれぞれのプラグインの編集画面に、サイト内検索の結果ページをnoindexにするや、検索結果のnoindex設定などのチェックボックスがあります。

これらにチェックを付けるだけで、サイト内検索の結果には、noindexが付与されるので、ホームページに逆SEOを行われても、SEOペナルティが付与される心配はありません。

header.phpにコードを追加

WordPressのテーマフォルダー内にheader.phpというファイルがあります。

このheader.phpに以下のコードをコピー&ペーストで埋め込めば、サイト内検索をnoindexにすることができます。

<?php if( is_search() || is_404() ): ?>
<meta name="robots" content="noindex"/>
<?php endif; ?>

ただ、この設定は、ホームページの知識量が少ないお客さまでは難しいかも知れませんので、もし難しいと感じた場合は、無理に設定を行うのではなく、Web制作会社に依頼することがおすすめです。

function.phpを編集

WordPressのfunctions.phpに以下のコードをコピー&ペーストすることで、サイト内検索の結果にnoindexを付与することができます。

function add_noindex_action(){
if( is_search() || is_404() )
echo '<meta name="robots" content="noindex">';
}
add_action('wp_head','add_noindex_action', 4 );

こちらも同様に、お客さまでは難しいと感じれば無理に自分で実装するのではなく、Web制作会社に依頼しましょう。

まとめ

サイト内検索について紹介しました。

昨今のホームページは、ページ数が多い傾向があるので、大半の企業ではサイト内検索が必須と言っても良いでしょう。

サイト内検索の実装でお悩みの方の参考になれば幸いです。