セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.14

アクセス解析とは?ホームページの成果向上に必須のツール

アクセス解析とは、ホームページの状態を数値データとして示してくれるツールです。

アクセス解析を利用することで、ホームページが抱える問題点を数値データとして閲覧することができるので、効率良く成果を高めることが可能です。

当ページは、アクセス解析とは何かや、必要性、種類、分かる内容、おすすめのツールを解説します。

アクセス解析とは

アクセス解析とは、ホームページの訪問者をより深く知るための鍵になるツールです。

アクセス解析を実装することで、どのページがよく見られているや、どのページが入口になったのか、どの媒体からホームページに訪れたかなどを数値データとして知ることができ、現状把握を行うことが可能です。

ただ、現状把握だけを行っていても、ホームページから成果が出ることはありません。

アクセス解析では現状把握以外にも、どの検索ワードでホームページに訪れたのかや、どのページの直帰と離脱率が高いのか、滞在とエンゲージメント時間をサイト全体と個々のページで知ることができます。

これらの数値データを確認して、訪問者のニーズや抱えている問題を仮説することによって、より高い成果を実現できるホームページへと成長するのです。

中小企業においては、アクセス解析を実装はしても利用されないケースがありますが、ウェブマスターやWeb制作会社の勘や経験でホームページを改善しても、成果が出るかは運次第になってしまうので、アクセス解析を利用して、数値データを基にした改善を行うことが推奨されます。

成果が出るホームページにはアクセス解析が必要か

アクセス解析は、100%ホームページの成果に必要と言いたいところですが、必ずしもアクセス解析を利用しなければ、成果が出ないことはありません。

と言うのも、ホームページには成約率が存在していて、月間10,000人の訪問者を集め、問い合わせ数が50件だとすると、成約率は0.5%になり、対策を行わなければ翌月以降も0.5%前後を推移します。

このときに問い合わせ数を100件にしようとすると、月間の訪問者数を20,000人にすれば、お客さまの希望通りの成果数を実現することが可能です。

ホームページから成果を出すためには、訪問者数を集めることも対策法の一つになるので、アクセス解析を利用せずとも高い成果を出している中小企業は多く存在しています。

また、多くの中小企業では、ウェブマスターが1名で兼任でホームページを管理されているので、ホームページに見込み顧客を集める対策法には多くの余裕があり、アクセス解析を利用しなくても、訪問者数を順調に増やすことが可能です。

しかし、制作実績の企業の中には、SEOやリスティング広告、リアルでの告知、SNS運用など、一般的に言われるホームページの集客対策では、なかなか訪問者数が伸びないケースがあります。

集客対策を継続していても、これ以上訪問者数を増やすことが難しいようであれば、アクセス解析を利用した方が良く、逆にまだ行える集客対策があるのであれば、集客対策に取り組むことも手段の1つになっています。

当社の考えとしては、ホームページを公開した当初から、Web制作会社やアクセス解析会社に相談をして、数値データによる改善を少しずつ行っておいた方が良いと思います。

制作当初の成約率は、そこまで高いものにはならず、当社がよく提案する成約率は0.5%と定めているので、アクセス解析を利用して1件の問い合わせを得るために必要な訪問者数を減らしながら集客対策を継続することが、高い成果を実現できるホームページと言えます。

アクセス解析の種類

サーバーログ型

サーバーログ型とは、サーバーに保管されているログファイルを使って、ウェブマスターが見やすい資料に整理するアクセス解析サービスです。

サーバーログ型のメリットは、IPアドレスからホームページを分析しているので、訪問者だけではなく、サーチエンジンの自動巡回プログラムになるクローラーの動作も分析することが可能です。

デメリットは、膨大なアクセスログから分析を行う必要があるので、リアルタイムでの解析が行えないという点です。

1ヶ月間のアクセス解析を行うのも、最短でも2週間以上の期間が必要になってしまうので、より早くホームページの解析結果を見たいとお考えの企業には向いていないと言えます。

ウェブビーコン型

ウェブビーコン型は、アクセス解析会社が提供するJava Scriptをホームページに実装することで、分析結果を閲覧できるアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスもウェブビーコン型のアクセス解析になっています。

ウェブビーコン型のメリットは、Java Scriptを埋め込めば、解析結果を閲覧することができるので、初期費用がほとんどかからないという魅力があります。

さらに、ウェブビーコン型は、リアルタイムでの解析結果を提供しているので、前日までの分析結果を見たいときにも、管理画面にログインすれば閲覧することが可能です。

デメリットは、昨今ではスマートフォンユーザーが多くいるので、リンクをクリックした直後に回線が弱くなってしまうなど、イレギュラーなアクションが行われると、埋め込まれたJava Scriptが正常に動作せず、アクセス解析の結果としてもカウントされなくなることがあります。

パケットキャプチャリング型

パケットキャプチャリング型は、ホームページのサーバーでリクエストが発生した場合に、その信号を読み取るアクセス解析ツールです。

パケットキャプチャリング型のメリットは、高速で詳細な解析レポートを出しやすく、規模が大きいや訪問者数が多いホームページほどおすすめです。

また、他のアクセス解析よりも高性能な結果を出力してくれるので、より正確で詳細な分析レポートを閲覧することが可能です。

デメリットは、高性能なアクセス解析であるために、専用のサーバーを用意しなくてはならず、初期費用が大きくかかってしまう点になります。

アクセス解析を活用する前に知るべきポイント

アクセス解析は健康診断

アクセス解析は、ホームページが抱える問題ページを発見することができますが、あくまで基本的な機能は、サイト全体の状態把握、すなわち健康診断ツールです。

健康診断を受けると、さまざまな数値データを見ることができ、その数値データを見て、どの数値が悪いかを把握して、生活習慣の改善や治療に取り組むことで、健康な体を手に入れられます。

ホームページも同様で、アクセス解析でさまざまな数値データを確認して、問題がある数値データを改善することで、ホームページの成約率を高めることができるのです。

そのため、これからアクセス解析の利用を考えている方は、アクセス解析の健康診断ツールになっており、どの数値に問題があるかを発見できることが基本機能と理解をしましょう。

改善方法は自分で検討する

アクセス解析は健康診断ツールになり、具体的な改善方法は、自分で検討する必要があります。

例えば、ホームページの訪問者数が足りない場合は、集客力を高める対策が必要になったり、成約率が低い場合は、数値データからなぜ成約率が低いかを検討して、改善策を行う必要があります。

改善方法を自分で考えるという点は、ある程度アクセス解析を使ったホームページの改善ノウハウが必要になっているので、お客さまが行うべきは、成功事例を積み上げるか、アクセス解析会社やWeb制作会社のサポートを受ける必要があります。

もちろん、アクセス解析会社やWeb制作会社であったとしても、1つの数値データを改善する対策を行ったからと言って、100%効果を発揮できることはありません。

そのため、アクセス解析を利用されている方は、単発で利用するのではなく、中長期的にアクセス解析を利用することが重要だと理解しなくてはならないのです。

理想はPDCAサイクルを回すこと

アクセス解析を使ったホームページの改善では、単発で利用しても効果が出る可能性はありますが、できればPDCAサイクルを回して、中長期期間の活用を行いましょう。

当社がお客さまに提案するPDCAサイクルでは、年に3回転させる事例が多くなり、4ヶ月をかけてPDCAサイクルを1回転させています。

アクセス解析を使って、1つの数値データが改善されたとしても、ホームページの成果が増えないケースが多いので、サイト全体で問題点を少しずつ改善し続けることが重要です。

アクセス解析で分かる内容

ホームページの現状を把握できる

アクセス解析を実装することで、ホームページの現状把握を行うことが可能です。

サイト全体はもちろんページ個々で、アクセス数や、直帰率、滞在時間、エンゲージメント時間などを把握することができます。

ウェブマスターであれば現状把握は行っておく必要があり、常にホームページに意識を向けていくことで、より高い成果を実現しようとモチベーションを保つことが可能です。

集客を分析

アクセス解析を利用することで、ホームページの集客分析が可能です。

例えば、サーチエンジンやSNS、広告などから月間でどれくらいの見込み顧客を集客することができたかや、それぞれの集客ルートごとに、訪問者が成果に繋がるアクションを起こしてくれているのかなどを分析することが可能です。

サーチエンジンからのアクセスであれば、Googleサーチコンソールを利用するのも手段ではありますが、Googleサーチコンソールが提供しているデータは、検索結果ページがベースになっています。

そのため、ホームページに訪れた後のアクセス解析は含まれておらず、せっかく訪問してくれたユーザーが、すぐに離脱していたり、内容を読んで情報を収集するだけで離脱されていては集客に成功したとは言えません。

ホームページの集客は、訪問者数を増やすことも大切ですが、別ページに移動してもらうまでを含めることで、集客対策は飛躍的に効果を高めることが可能です。

成約を分析

ホームページを制作した目的は、見込み顧客を集めることではなく、目標成果を達成することです。

アクセス解析を使って、ホームページでよく離脱されているページや、ほとんど内容を読まれていないページを発見して改善していけば、ホームページの巡回効率を高めることができ、ユーザーにより多くのコンテンツを閲覧してもらうことが可能になります。

もちろん、ただホームページの巡回効率を高めるだけではなく、成果に繋がりやすい関連ページへと誘導することが大切で、数ページの誘導率を上げるのではなく、サイト全体で高めることで、成約率は飛躍的に高くなっていきます。

ホームページの成約率の向上は即効性が見られませんが、毎月少しずつ改善を継続することで、1年後には期待を超える成果を実現することが可能です。

アクセス解析が必要になるタイミング

ホームページ制作直後は不要

ホームページを制作した後、すぐにアクセス解析を利用する必要はありません。

アクセス解析は、ホームページにあるすべてのページの訪問者数や流入元ごとのアクセス数などを数値データとして知ることができるツールです。

ホームページ制作直後から、多くの訪問者を集客しているホームページは別ですが、一般的には公開直後は、ほとんど訪問者数が存在していないので、アクセス解析を見ても、すべての数値データが0に近い状態になります。

そのため、Web制作会社はホームページを公開後に、Googleアナリティクスなどのアクセス解析を実装してくれますが、すぐに利用しても有益な数値データを閲覧できないので、見るだけ時間の無駄になってしまいます。

当社の経験ではホームページの訪問者数が2,000人を超えたタイミング

アクセス解析が必要になるタイミングとして、当社の経験からは、ホームページ全体で2,000人の訪問者数になったタイミングと紹介しています。

訪問者数が2,000人もいれば、ホームページにある重要なページに、10人以上の訪問者が存在しているはずなので、有益な数値データとして閲覧することが可能です。

1,000人では駄目なのかと思われる方もいると思いますが、1,000人の場合は、訪問者数が少ないページが多くなる傾向が見られるので、それほど役立つ数値データにはなりません。

例えば、月間に5人の訪問者数を獲得しているページがあり、そのうち4人が離脱していれば、離脱率が80%を超えてくるので、改善が必要なページであると言えます。

しかし、母数が5だと、後日にしっかりと読もうと考えて、お気に入り登録だけをしてホームページから離脱した人や、スマートフォンからのアクセスで電波の悪い地域に移動したため、しばらくはインターネット自体を辞めてしまう方の可能性も十分にあります。

これらの訪問者は、御社のホームページの品質が低いから離脱したのではなく、そういう状況であったため、離脱したユーザーであると言えます。

分母が少ないと、これらのたまたまのアクションの結果の割合が高くなってしまうので、良い数値データであるとは言えなくなってしまいます。

そのため、ホームページにある主要なページで10人以上の訪問者数を獲得しているという意味で、当社では2,000人と定めており、そのタイミングでアクセス解析の利用を始めることで、ホームページの成果を高める活用法が可能になります。

成約数が足りない場合

制作実績で見ても、アクセス解析を利用せずにSEO効果を高めるための対策に全力で取り組んでいる企業は多いです。

もちろん、SEOを行い続けることで、訪問者数が増えるので、成約数も向上する可能性がありますが、制作実績のお客さまで、狙ったキーワードの9割以上が3位以内にランクインして訪問者数が多いのに、まったく成約数がないホームページがあります。

ホームページには、一定の成約率が存在していて、当社がホームページを制作する際には、0.5%と定めています。

もし御社のホームページの成約率が0%だった場合、SEOに取り組んで訪問者数を増やし続けたとしても、肝心の問い合わせや商品販売を行うことはできないでしょう。

そのため、当社では訪問者数が2,000人を超えているのに、成約数が0の場合は、すぐにでもアクセス解析の利用をおすすめしています。

アクセス解析を利用しても1度を修正でホームページの成約率が改善されるケースは滅多にありませんが、1年間PDCAサイクルを回し続けることで、飛躍的に成約率は改善されるようになり、期待以上の成約数のホームページへと成長します。

おすすめのアクセス解析ツール

これまで同業のホームページ制作会社や、お客さまから話を聞いたおすすめできるアクセス解析ツールを紹介します。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleが提供する原則無料のアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスは、原則無料なのに、ホームページの改善に活かせる数値データを網羅しているので、適切なGoogleアナリティクスの利用を行うことで、ホームページの成果を最大化することが可能です。

ただ、データ量が多いので、初めてアクセス解析を利用する方にとっては少し難しく、使いこなすにはホームページ制作会社やアクセス解析会社のサポートが必要になります。

サイトグラム

サイトグラムは、株式会社HARMONYが提供する年間20億PV、250社に支持されるアクセス解析サービスです。

一般的なアクセス解析は、数値データを提供してくれますが、改善法はウェブマスターやホームページ制作会社が検討しなくてはならず、サイトグラムでは専門のコンサルタントがアドバイスレポートを作成してくれるので、具体的な問題点を発見しやすいサービスになっています。

ただし、生ログ型になっているので、サイトグラムを申し込んでから約16営業日後にレポートが届くので、すぐにアクセス解析の結果を見ることができません。

AIアナリスト

AIアナリストは、株式会社WACULが提供するAIを使ったアクセス解析ツールです。

単にアクセス解析を行ってくれるだけではなく、AIがアクセス解析の結果を精査して、改善のヒントをレポーティングしてくれます。

また、レポートも見やすくなっているので、初めてのアクセス解析を検討中の方であっても、扱いやすいアクセス解析ツールになっています。

ホームページをリニューアルする前に見たいアクセス解析のデータ

ホームページ全体の現状把握

アクセス解析会社のレポートも、1ページ目は、ホームページ全体の概要が掲載されています。

これは、アクセス解析を使って何かアクションを起こす際には、まずはホームページ全体の状態を把握することが大切だからです。

そのため、現サイトの現状を把握するために、ホームページ全体の訪問者数やPV数、直帰率、平均滞在時間を確認しましょう。

集客力を分析

当社の制作実績から、ホームページの集客ルートは、SEOとSNS、リスティング広告、メルマガ、リアルでの告知の5つからの訪問がメインです。

どの集客ルートが人気があるかが分かれば、リニューアル後に、さらに多くの見込み顧客を集客する方法、さらに成果が出ていない集客ルートではどんな対策が必要になるかを検討することが可能です。

また、多くの労力をかけているのに、ほとんど集客効果がないルートは、リニューアルを機にその対策を辞める選択も考えられます。

ホームページの集客は、闇雲に行っても成果を出すことが難しいので、運営の中でもアクセス解析をチェックすべきではありますが、普段は忙しくて見る暇がない場合は、リニューアル前だけでも必ず確認することを推奨します。

人気があるページの把握

ホームページで人気があるページを確認するようにしましょう。

人気があるページは、アクセス解析が示すPV数と入口回数、平均滞在時間の数値データです。

PV数が多いページは、内部リンクを使って、ページに訪問しているユーザーが多いことを指していて、他のページを見た後に、ページにアクセスする可能性が高いことを意味します。

入口回数が多いページは、サーチエンジンやSNS、メールマガジンなどからホームページの入口となっているページになり、ホームページ外の対策が成功していると言えるでしょう。

最後に、平均滞在時間は、ページの内容がよく読まれていることを意味しているので、コンテンツの内容がユーザーにとって魅力的で良質であると言えます。

これらの数値データを確認して、なぜその結果になったのかを検討することで、成功しているページの作成法を成果が出ていないページに実施することが可能です。

直帰率

これまでの制作経験から、アクセス解析が示す数値データの中で、もっともホームページの成果を妨げているのが直帰率です。

直帰率とは、該当ページが入口になったけれども、訪問者がそのページだけを見て離脱したことを指しています。

すなわち、直帰者を減らすことで、訪問者に複数ページを閲覧してもらうことが可能になり、自然とホームページの成果数が向上していきます。

ただし、この直帰率は、1点注意点が存在しています。

例えば、自社の近隣にある施設を紹介するページで、それぞれの施設のホームページに発リンクしているページでは、直帰率が高くても問題ありません。

自社のホームページに最適な直帰率の活用が求められていて、必ず数値データだけを確認するのではなく、現在のホームページの状況から対策法を検討していくようにしましょう。

平均エンゲージメント時間

平均エンゲージメント時間とは、ユーザーが文章を読み、内部リンクなどを使って他のページへと移動した指標になります。

平均エンゲージメント時間の改善は難しくなっていますが、平均エンゲージメント時間の少ないページの文章が読まれていない理由を検討して、定期的にリライトを行いましょう。

平均エンゲージメント時間は改善することができなかったとしても、ウェブマスターにノウハウとして蓄積されるので、初めてのアクセス解析の方は、平均エンゲージメント時間を確認して、改善をしてみて、その結果をアクセス解析で見る習慣を付けることが大切です。

まとめ

アクセス解析とは何かを紹介しました。

アクセス解析を利用しなくても、ホームページから成果を出せている企業はありますが、それは集客対策に余裕が残っているからです。

また、集客対策の成果を最大化するには、アクセス解析の利用は必須になっているので、ホームページからの成果を高めたいとお考えの企業は、この機会にアクセス解析を利用し始めましょう。