HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

Yoast SEOへの変更

All in One SEOからYoast SEOへ変更

当社のホームページ制作は、8割以上のクライアントさまにワードプレスを実装しています。

そして、ワードプレスに従来は、All in One SEOを導入していたのですが、今後はYoast SEOへと切り替えます。

今回の変更を行った理由をご紹介したいと思います。

従来抱えていた問題点

従来の問題点

All in One SEOが悪いというわけではありません。

約10年くらいすべてのホームページ制作サービスで導入してきた経験があり、多くのメリットが存在しています。

特に、使い慣れたプラグインの方が、コーダーなどのホームページ制作者にとっては作業が楽に進むため、多少使いづらくても使い続けておりました。

しかし、決定的に変更を考える点があり、それはバージョンアップです。

当社のホームページ制作は、成果が出るまでは、なるべく月額を抑えたいと考えております。

しかし、バージョンアップは必須であり、通常であれば無料から数万円での実施が可能です。

しかし、All in One SEOを利用していると、このバージョンアップで、タグが崩れたり、他のプラグインと互換性がなくなったりしていたのです。

このように、導入段階では、Webサイト制作会社の調整で行えるのですが、バージョンアップでの不具合はかなり面倒くさい作業になっています。

もちろん、バージョンアップと成果は関わっていて、安心で安全なサイト運営には必須であると思っております。

しかし、成果に直結するかと言うと、そういうものではないので、ここで無駄な予算をお客さまにかけていただくのは、少し当社の意図とは異なっています。

また、さらには、当社はこれまで感じた経験がないですが、All in One SEOについて調べていると結構重たいという情報も出回っています。

上記の理由から前々から、別のプラグインで対応したほうが良いのではないかと考えておりました。

ただ、ホームページ制作作業などを考えると、即導入と言うのは厳しく、使い続けておりましたが、2021年10月ごろから真剣に検討に入っております。

その検討で出てきたのが、Yoast SEOになっています。

Yoast SEOの評価の高さと実際の感想

高評価と利用した感想

Yoast SEOについて調べると非常に評価が高くなっています。

と言うのも、基本的には集客に対する対策の多くをこのプラグイン1つで対応が可能になっています。

また、さらには、軽いという噂もあり、かなりおすすめされている記事を多く見かけました。

しかし、情報は情報であり、実際にホームページ制作で活かせるかは、当社の組み方も影響を与えてくるものになっております。

そのため、一度広告代理店さまの許可をいただいて、代理店さまからの案件で導入をして見ることといたしました。

そちらのホームページは、ネットショップになっていて、少しだけ手間がかかる作業が必要になっておりました。

当案件で対応ができれば、恐らくすべての企業さまに導入が可能であると考えて、導入してみることとしたのです。

まず、第一印象として、従来に比べてホームページ制作作業がわずかに早くなったように思われました。

それは対応ができる箇所が多くなったためであり、ホームページ制作作業としては非常に便利なものになっております。

次にサイト運営については、導入前から理解をしておりましたが、基本的にはお客さまの作業量が増えることはありません。

従来からお客さまが利用するのは、メタディスクリプションの記載だけになっております。

そのため、サイト運営量も変わらないため、ホームページ制作と運営では、良いものであると判断をいたしました。

最後に、成果です。

当社のホームページ制作は、基本的にはSEOは標準提案をしており、公開後にはしっかりと日々更新作業をお願いしております。

この成果が出なければ、どんなに作業が少しだけ早くなったり、お客さまが行う作業量が変わらなくても、まったく意味がありません。

そちらのネットショップでは、スタッフブログを作成しており、毎日とは言いませんが、週に3ページほどを新規作成いただいております。

2022年1月ごろから、日々更新作業を行っていただいているのですが、十分満足ができるものと判断をいたしました。

というのも、現在で言えば、合計ページ数は、100ページくらいになっております。

そして目標が200ページであり、200ページに到達して初めて、主要キーワードで10位以内にランクインができる可能性があるとお話をしているのです。

当社も検索順位を計測しているのですが、10の検索キーワードで平均15位くらいになっております。

もちろん、後100ページを作ったところで、質が低ければ、平均15位から動かない可能性も十分にあります。

しかし、現段階の原稿作成法を継続いただければ、恐らく後50ページもあれば、1ページ目にランクインできるのではないかと考えております。

Yoast SEOを導入したホームページ制作に力を入れる

Yoast SEOを導入したホームページ制作

今後は、Yoast SEOを導入したホームページ制作を行おうと考えております。

現状で言えば、Webサイト制作会社である当社とクライアントさまの作業量としては、従来とほとんど変わらないか、当社の作業では本当に少しだけ減ったくらいです。

さらに、まだ1サイトしか分かりませんが、成果についても従来と変わらないくらいの効果を発揮しております。

そして、当社はこれまで経験がないのですが、All in One SEOは重たいという噂もあるので、これらを回避できるのは非常にありがたいです。

さらには、プラグインのバージョンアップが結構当社としては、嬉しいです。

バージョンアップをしませんかとお客さまに提案をすると多くの場合で、いくらかかるの?と聞かれます。

ただ、当社は作業量から料金を算出をしているので、費用については、「たぶん50,000円くらいで対応が可能です。」と言っていました。

しかし、プラグインのバージョンアップで、タグが崩れたり、さらには互換性がなくなると、50,000円以上の作業が発生してしまいます。

このような問題が発生した事例をもちろん調査をしており、特に見当たらなかったので、0とは言いませんが、かなり可能性は下がるように思われます。

一点問題があるとすれば、サイト運営サポートです。

まだ、実際にホームページ制作者はもちろん、営業担当者も、熟知しているわけではなく、一般的な利用方法くらいしか分かっておりません。

しかし、実際にお客さまからどのような質問をされるか分からないので、簡単な質問であれば即答が可能ですが、複雑な場合は少し時間がかかるかもしれません。

ただ、この箇所については慣れが大切だと思っていて、しばらくは即答ができずご迷惑をおかけするかもしれませんが、しっかりと対応をしていきたいと思っております。

当たり前ですが、All in One SEOが悪いわけではありません。

そのため、当記事をご覧の方で、All in One SEOを利用されている方は無理に変更はしなくて良いと思います。

ただ、サイト運営に真剣であればあるほど、バージョンアップの問題や、場合によっては、重くなってしまっている可能性もあります。

そういった場合には、ぜひ検討いただきたいプラグインだと思われます。

もちろん、時代によって導入するプラグインは変わってくると思います。

その時々で最適なものを選択することが、御社の成果には非常に重要なものになってくると思います。

最後にYoast SEOは本当に多くの施策が行えるものになっていて、人気も非常に高くなっております。

しかし、すべての機能を使う必要はありません。

例えば、ブログとソーシャルメディアアカウントを連携すれば、ブログを更新したら、ソーシャルメディアに投稿されるような機能もあります。

昨今の集客対策としてのソーシャルメディアの利用法では、この利用法はあまり行わないのが一般的になっています。

そのため、本当に必要な機能だけを利用するようにしましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP