セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.18

分かりやすいホームページは成果が出やすい

昨今では、シンプルなホームページが流行っているので、意識をする必要がありませんが、最低限の知識として、分かりやすいホームページは成果が出やすいと理解をしましょう。

迷路のような分かりづらいホームページは、ユーザーだけではなくサーチエンジンも迷子になってしまう可能性があるので、ホームページの成約率やSEO効果に大きなマイナス影響を与えます。

当ページでは、成果を出す可能性が高い、分かりやすいホームページとは何かを紹介します。

分かりやすいホームページとは

ユーザー目線の追求

ユーザー目線で分かりやすいホームページとは、例えば、サイト構成がシンプルになっていたり、内部リンクが適切に設置されていること、各ページで重要なポイントが一目で理解ができるなど、訪問者がそのホームページのコンテンツを正確に早く認識できることを言います。

すなわち、ユーザーフレンドリーなホームページのことを指しており、サイト全体はもちろん、個々のページでも、どのようなレイアウトやデザイン、構成を作成すればユーザーに価値あるページになるかを考えることが大切です。

昨今のインターネットでは、多くの同業他社のホームページが存在しているので、ユーザーからすれば、1つの事柄について調べる際に、多くの選択肢が存在しています。

そのような環境の中で、高い成果を実現できるホームページと言うのは、コンテンツの品質が高いことは当然として、分かりやすさを追求することが重要になるのです。

サーチエンジン目線を意識

分かりやすいホームページとは、訪問者だけではなく、サーチエンジンにとっても分かりやすさを追求することが大切です。

これまで多くのホームページを制作してきましたが、複雑な構造のホームページほど、SEO効果が出るまでに多くの時間がかかっています。

サーチエンジンは、クローラーと呼ばれるプログラムを使って、ホームページのソースコードを自社のデータベースに格納して、そこで検索順位を決定しています。

すなわち、分かりづらいホームページだと、クローラーがページすべての情報はもちろん、サイト全体のページの情報をデータベースに格納するのに時間がかかります。

また、ページ構成が複雑だと、検索順位が不安定になり、落ち着くまでに多くの時間が必要になるので、サーチエンジン目線で分かりやすいホームページほどSEO効果を高めることができるのです。

まとめ

分かりやすいホームページとは何かを紹介しました。

昨今ではシンプルなホームページ制作が流行っているので、複雑なホームページを見るケースはほとんどありませんが、ウェブマスターは最低限の知識として理解しましょう。

これからホームページを制作する方の参考になれば幸いです。