セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.05.16

ホームページでよく見る追従ボタンとは

ホームページの訪問者がスムーズなナビゲーションを経験するための一つの手段として、追従ボタンが浸透してきました。これは、ユーザーがページを下へスクロールしても、必要なボタンやメニューが画面内に常に表示される特性を持つ機能です。このようなデザインの取り入れは、ユーザビリティの向上やコンバージョン率のアップに寄与しています。当社のホームページ制作においても、追従ボタンの導入を推奨し、その実績と効果をここで詳しく解説します。

追従ボタンとは

追従ボタンは、多くのホームページで利用される要素の一つとして、ユーザーエクスペリエンスや成果への寄与が注目されています。ホームページ制作に携わる者として、数多くのサイトでこの機能の効果を目の当たりにしてきました。

ある時、特定のオンラインショップでの利用例を確認している際、この追従ボタンがいかに顧客を購入ページへと誘導するかを感じました。ユーザーがページをスクロールすると、商品の詳細や価格、そして「カートに追加」ボタンが常に画面内に存在し、購入意欲の刺激となっていました。

このように、追従ボタンはページのどの部分にいても、ユーザーが求める情報やアクションを手元に提供する役割を果たします。また、制作時に追従ボタンの位置やデザイン、動きの細かな調整を行うことで、さらにその効果を最大化することが可能です。

一方、制作会社としてもこの追従ボタンの有効性を認識しており、クライアントのニーズやサイトの特性に合わせて、最適な設置を提案しています。実際に、適切に設置された追従ボタンを持つサイトは、他のページと比較しても高い成果を出しているのが現状です。

しかし、追従ボタンの設置は一概にすべてのサイトに推奨するわけではありません。ホームページの目的やターゲットに応じて、その必要性や配置を考慮し、最適なデザインや機能を取り入れることが大切です。制作会社としては、そのバランスを見極め、ユーザーに最良の体験を提供するためのサポートを続けていきます。

よく見る追従ボタン

パソコンの場合

パソコンにおけるホームページの閲覧経験は、大画面での快適なビューが魅力となっています。その中で追従ボタンは、ユーザーにとって非常に効果的なツールとなることが多いのです。私が携わったホームページ制作の中でも、特にデスクトップ版のデザインでは追従ボタンの最適な位置や機能性を追求しています。

考えてみれば、多くの方が長い記事や商品リストをスクロールする中で、頻繁に上部へ戻りたいと感じることがあります。一方で、重要なコンテンツや問い合わせへの内部リンクが常に目に入るような配置は、ユーザーの行動を促進する上で非常に有効です。

モニターのサイズが大きくなり、解像度も向上している今日、右上や左下など、さまざまな場所に追従ボタンを配置する余地が生まれています。その一例として、私たちが制作を手掛けたピュアカナダでは、コンバージョンを促すラインでの相談ボタンを右上部に配置。この配置は、利用者の目につきやすい位置にあり、実際に多くの問い合わせが寄せられる結果となりました。

別のクライアント駕平では、ユーザーが記事をじっくりと読むことを重視し、追従ボタンを「ページの上部に戻る」機能として採用。ユーザーからのフィードバックをもとに、この機能が有効であることを実感しています。

しかし、追従ボタンの導入は必ずしも万能ではありません。閲覧領域の狭さやデザインのバランスを崩すリスクも考慮する必要があります。ホームページ制作の際は、ユーザーのニーズとデザインの調和を見つけることが、最良の結果を生む鍵となります。

スマートフォンの場合

スマートフォンでのホームページ閲覧は、デスクトップとは異なる一連の課題を持っています。特に、表示領域の制限により、情報を効果的にユーザーに伝えるための工夫が求められます。これまでの制作経験から、追従ボタンの配置やデザインについての独自の工夫や検証を重ねてきました。

例えば、ライフディフェンスのホームページ制作時、ページ下部に問い合わせや電話番号のボタンを設置しました。これにより、ユーザーが情報を求める際のアクションを助けることができました。しかし、グローバルナビも追従させると、コンテンツの閲覧領域が狭まり、ユーザビリティが低下する可能性が浮上します。

そのため、私たちが選んだ手法は、メニューのみを追従ボタンとして配置し、その中に必要なリンクや電話番号を組み込む方法でした。このアプローチにより、コンテンツの視認性を確保しつつ、必要な情報へのアクセス性も高めることができました。

メニューボタンをタップすることで、電話番号やその他の重要な情報にアクセスできるデザインは、当社の多くのホームページ制作プロジェクトにおいて採用しています。これにより、ユーザーにとっての情報アクセスのしやすさと、コンテンツの視覚的魅力を同時に満たすことができるのです。

ホームページ制作の現場から見ると、ユーザビリティとデザインのバランスを取ることは難しい課題ですが、これまでの経験と検証を通じて、最適な解決策を模索し続けています。

まとめ

追従ボタンはホームページ制作において、利用者にとっての利便性や、事業者側の成約向上を目的とした手法として取り入れられます。その設置は、高額な費用を伴わず、手軽に導入可能です。しかし、単純にライバルが導入しているからという理由での設置は避けるべきです。

真の効果を追求するためには、ホームページの全ページで「おもてなしの心」を持ち、ユーザーの視点での最適化を心がけることが大切です。追従ボタンの存在は、直接的なSEO効果をもたらすものではありませんが、成約数の向上に寄与する可能性があります。ただし、ユーザビリティを損なうような過度な配置は避け、訪問者がストレスを感じない設計を心がけることが重要です。最終的に、すべてはユーザーのための最適化を追求し、その結果としてビジネスの成果を得るという視点が不可欠です。