HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページ制作の企画!提案書の構成

Web制作の企画

ホームページ制作は、作業を行う前に、しっかりと企画を立てていますか?

ただ、公開するだけでは、集客力が問題になり、絶対に成果を出せません。

そこで今回は、あくまで大阪のWebサイト制作会社である当社の事例ですが、どのような企画を立て、提案書に落とし込んでいるかをご紹介します。

ホームページ制作の企画

ホームページ制作で成果を出すには企画が非常に大切です。

この企画で立てる内容は、面白さや豪華なコンテンツを作成するために行うのではなく、当社では成果を出すために行っています。

この企画を立てないと、なんとなくライバルになる競合他社がこういったホームページを制作しているから自社も似たような感じでコンテンツを作ってしまいます。

もちろん、それが良いか悪いかは判断ができませんが、なんとなくライバルサイトを模倣するだけでは、以下のような問題が発生します。

  • ライバルが成功しているとは限らない
  • ライバルサイトの強みや弱みが分からない
  • 具体的な成果への道筋が見えてこず運営方針が見えない

まず、企画を立てず、ライバルサイトを漠然と見て、自分もこんな感じでホームページを制作したいと考えて作り始めた場合の最大の問題はライバルサイトです。

参考にしたライバルサイトが本当に成果を出しているか分からず、成果が出ていないホームページを参考にしても成果を出せません。

さらには、例えばライバルをSEOで成功しているホームページに設定したとします。

その時に、なぜSEOで成功しているかが分からないと、参考にしたときに、成功要因ではなく大半が評価を下げているコンテンツを参考にしてしまう恐れもあります。

このように、成功している理由が分からない、あるいは成功しているかどうか分からないホームページを参考にするのは絶対にいけません。

そして当社では、企画を立てた後、受注のために、その内容を提案書に落とし込んでお客さまにプレゼンをしています。

では、この提案書はどんな構成になっているかをご紹介します。

当ウェブページで紹介する提案書の構成は一般論になっていて、どんな業種でも提案している大まかな内容であるとご理解をお願いします。

ホームページ制作の提案書

ホームページ制作においては、受注のために提案書を作成するのが一般的です。

提案書は、基本的には、最適な内容は、業種や会社によって異なってきます。

ただ、共通の内容がないという訳ではありませんので、その共通箇所に絞ってご紹介したいと思います。

どんなホームページを制作するのか

まず全体的な概要をご紹介しています。

どういった点に力を入れてホームページを制作し、成果を出すにはサイト運営が必要で、どういった作業や無料サポートを受けれるのかなどになってきます。

もちろん、サイトマップなども一緒に提案をしていて、まずは全体像を把握していただいています。

この全体像の把握は非常に大切です。

全体像がぶれていると、公開後に成果が出なかったら、ちょっとしたポイントで成果に繋がっていなかったとしても、修正しなくてはならないと考えてしまいます。

実際に、当社クライアントでも、「適当にお任せするから、早く公開してくれ」と言われました。

ただ、Webサイト制作会社は、勝手にホームページを作るわけにはいかず、すべて確認を取ったうえで作業を行いました。

ただ、公開して、新規ページ作成量が足りていないとお話をしているにもかかわらず、ここが意図と違うから直さないとSEO効果は出ないと考えられたのです。

当社としては、絶対にそういう小さなポイントではなく情報量が足りないとお伝えはしました。

しかし、あまりにも気にされていたので、公開してまだ2ヶ月目だったので無料で修正をしております。

結果としては、当然SEO効果は向上せず、問い合わせ数なども増えていません。

このように後から気になるケースが本当に多く、クライアントや、当社のためにも、しっかりと全体像を把握しましょう。

そこで問題がありそうな箇所は、しっかりと企画段階で修正をすることによって、後々問題にならないようにできます。

集客ルートと対策

特に力を入れるのが、集客ルートの選定と具体的なクライアントが行う更新業務です。

当社が提案する集客ルートは以下になります。

  • 検索エンジン(SEO)
  • ソーシャルメディア運用(ツイッターやインスタグラムなど)
  • 広告(リスティングやユーチューブ、ポータルサイトなど)
  • リアルで告知(実店舗への営業やFAXDMなど)
  • 外部サイトを活用

もちろん、人を集めるには、上記のルートがありますと提案するだけではありません。

具体的に、集客ルートごとにどのような作業が発生し、成功するまでにどれくらいの期間や作業量が必要になるかを概算でご紹介をします。

その上で、クライアントに集客ルートを定めていただいています。

ただし、例えば、リアルで告知するとおっしゃられた場合に、どれくらいの訪問者数が集まる可能性があるかもお答えいただいています。

リアルで告知するのは、当社では具体的にどれくらいの訪問者数が獲得できるかが読めず、現実的かどうかを判断しているのです。

ちなみに、これまでの経験で言うと、企画段階でSEOとリアルで告知を選択された方がもっとも効果を出しています。

まずSEOが本当に効果を出している点と、リアルでの告知方法が非常に上手く、安定して訪問者数を底上げしています。

実際にSEOとリアルの告知だけで、日に1,000人ほどの集客に成功をしています。

公開後のサイト運営計画

集客ルートごとに対策法は異なってきます。

そのため、一概に、提案する内容はご紹介をできませんが、一例としてSEOの場合でご紹介をします。

SEOで大切になるポイントは、量と質です。

トップページで上位表示を狙うSEOキーワードに対して、良質なウェブページを作成し続ける必要があります。

実際に何ページを作成すれば良いかですが、当社では上位表示キーワードに対して、具体的な目標ページ数を定めています。

例えば、【ホームページ制作 大阪】で上位表示を狙う場合は、実際にグーグル検索を行ってみます。

そして1ページ目にランクインしているホームページにアクセスをして、【site:トップページURLアドレス】で検索をして見ます。

トップページのURLアドレスはindex.htmlやindex.phpは抜いて、/で終わるようにしましょう。

そうすると、グーグルが認識しているウェブページ数が表示されます。

これを1位から10位のホームページすべてで行い、平均値がクライアントが目指すウェブページ数です。

これまでの経験で言えば、大体100ページ前後が多いように感じます。

ただ、100ページを作れば成果が必ず出るかというとそうではありません。

現在検索エンジンは質もチェックをしていて、良質でなければ上位表示はできず、あくまで1ページ目に入る資格を得たことになっています。

そのため、ライバルサイトよりも良質を意識して、日々サイト更新業務を行うことで、必ず上位表示ができるようになっています。

各ページをユーザーのために更新するのは意外と大変そうに感じますが、慣れてしまえば大きく時間短縮が可能です。

当社ではSEO効果を出すために、日々の作業をスケジュールとしてご提出をして、100%の達成率としていただいています。

また、もちろんですが、SEO以外にも、ソーシャルメディア運用やリスティング広告なども、日々の作業を明確にできるスケジュールを作成しています。

無料のアフターサポート

当社では、公開後に必ずアフターサポートを提供しています。

このアフターサポートには、無料と有料がありますが、原則無料で対応したいと考えています。

その理由は、ホームページ制作は決して安い買い物ではないからです。

初期投資をしていただいたクライアントへは、必ず成果を出していただく必要があると考えています。

そのため、無料の範囲は非常に広く、実際にお客さまへ説明をすると、それも無料なの?と驚かれるケースがあります。

例えばですが、原稿作成など、営業担当ができるような作業はすべて無料です。

もちろん、全ページの全原稿を差し替えるなどになってくると、時間がかかり、営業は作業をせず、HTMLコーダーへ依頼をします。

そしてHTMLコーダーへ依頼する場合は、かかる作業時間から、お見積書をご提出してからの作業を行います。

もちろん原稿だけではなく、画像差し替えや、ちょっとしたリンク先の差し替えなども対応が可能です。

営業担当者ができる範囲になっていて、もちろん担当営業ごとにできる範囲が異なっています。

そのため、無料かどうかというのは、はっきりと言えないものになっていて、もし更新して欲しい箇所があれば、お気軽にご相談をいただいています。

そして無料であれば、遅くても、5営業日以内、担当者に時間があれば、即日で対応をさせていただきたいと思います。

ウェブデザイン作成は提案時に行わない

昨今では当たり前になったかもしれませんが、ホームページ制作の提案時にはウェブデザインは作成しません。

ただ、要点については、ワイヤーフレームを作成してご紹介をしています。

ワイヤーフレームとは、線画になっていて、簡単に言うと、ウェブページをペンで作成している資料です。

昔は結構、提案時にウェブデザイン作成を多くの企業が行っていたのですが、ウェブデザイン集めを目的として、問い合わせされる方も多く見られました。

ただ、現状では、提案段階ではウェブデザインは作成しないことが当たり前になっているので、そのようなことも無くなったと感じます。

当社では、もしウェブデザインを作成して欲しい場合は、有料で対応が可能ですので、その際にはお気軽にご相談ください。

ただし、お渡しするのはJPGデーターになり、元データーになるPSDは、原則有料扱いになっています。

企画や計画に基づいたホームページ制作作業

ホームページの制作作業が明確になったら、実際に作業を開始いたします。

ウェブデザイン作成やコーディング、ウェブプログラム開発になってくるのですが、その間お客さまは何もしなくて良いわけではありません。

実は、当社がホームページを制作している間に、クライアントへは、サイト運営作業を開始していただいています。

もちろん、制作するホームページの原稿や画像収集が最優先です。

ただ、空いた時間があれば、例えばSEOであれば新規ページ作成をしたり、ソーシャルメディア運用ならアカウント開設から投稿を行っていただきます。

もちろん、当社もただ更新してくれという訳ではなく、具体的なルールを定めてご提案します。

これらのルールに基づいて、ホームページ制作中からサイト運営を行っていただくことにより、成果を出すまでの期間を短縮することが可能です。

当社でもっとも成果を出した事例としては、現在年商1億5千万から2億のネットショップです。

こちらは、先述していますが、SEOとリアルで告知を提案していました。

そして最も時間がかかるSEOと、FAXDM用の資料作成をホームページ制作時から行ったのです。

実際に当社は、公開までの期間が3ヶ月程度になっていて、その間を使って100ページ以上の良質な新規ページを作成していただきました。

その効果があり、実は公開してから5営業日以内にSEO効果を出して、売上が発生することに成功しています。

そして、運営方法が正しかったと確信をされて、当社ルールに基づいて毎日1ページを作成し、さらにはFAXDMなどのリアルでの告知を開始しました。

FAXの資料自体は当社で作成したのですが、送信はクライアント自身で行っていただいています。

それよりも、現在公開して3年ほどが経過していますが、現在でも日々売上を上げ続けられています。

よくある事例ですが、企画をしっかりと立てるクライアントさまで、企画だけを立てて、作業は行わないという例があります。

これは絶対に成果が出ず、しっかりと企画を立てて、継続した作業を行うようにしなくてはなりません。

ホームページ制作の企画や提案書に関するQ&A

ホームページ制作の企画や提案段階でよくいただくQ&Aをご紹介します。

集客ルートが分からない

当社は闇雲に集客ルートを定めておらず、選定するために、実際に作業を行っていただきます。

そしてその段階で評価をするのではなく、継続できそうかや、品質を高めれそうかを考えたうえで、集客ルートを選定していただきます。

ただ、実際に作業を行っても、本当にウェブマスターである自分が作業を継続できるか分からないと言われるケースもあります。

そういった場合は、当社が提案するのがまずはSEOです。

集客ルートの中でSEOがもっとも努力量でカバーできる範囲が多いからです。

そして次に、リアルでの告知も必須で提案をしています。

どこにどのような告知を行うかをクライアントと一緒になって考えて、もっとも効果的な対策法をご提案します。

そして次に、とことんユーザー目線を追求しなければ成果が出ないソーシャルメディア運用を提案しています。

ただ、ソーシャルメディア運用は、SEOのように作業量などは一切関係がありませんが、ユーザーに信頼される点とユーザーが求めている情報を発信しなくてはなりません。

そのため、こちらについては任意でご判断をいただき、もしソーシャルメディア運用を行わない場合は広告出稿をご検討いただきます。

広告出稿は予算が必要であり、予算があれば行う、なければ行わないという判断です。

また行う場合は、しっかりと効果測定を実施することが大切で、ただお金を出して出稿しているだけでは、絶対に期待通りの成果を出せません。

最後に外部サイトの利用ですが、こちらについては、効果を出すには相当難しいものになっています。

そのため、自社サイトの更新に余裕がある場合のみ外部にサテライトサイトや無料ブログなどを開設していただくご提案をしています。

企画を立てれば必ず成果が出る?

残念ながら、必ずとは言えません。

企画は基本的には成果が出る確率を飛躍的に高める目的で立てるものです。

また、さらには、企画だけを立てて実作業を行わないと、絶対に成果を出せません。

そのため、しっかりと企画を立ててホームページを制作し、その後更新業務を継続すれば、成果が出る確率は非常に高いです。

現在、100%成果が出る対策はなく、「作業を行ってみて、効果測定をして、問題があれば改善する」を繰り返すことで成果を出せるようになっています。

納期はどれくらい増える?

当社のスケジュールで言うと、提案時にすでに企画は立てていますが、発注後に見直しなどを行っています。

そのため、大体発注から1ヶ月は企画の調整に時間を使っています。

闇雲なホームページ制作よりも、1ヶ月納期が伸びるという認識でお願いいたします。

企画費用って高そう

当社の金額ですが、実作業の20%の金額になっています。

もっとも多い事例で20万円くらいです。

ただ、実際には、企画を立てるだけではなく、ウェブディレクションや営業、交通費など、実作業以外の費用すべてを含めて20万円前後になっています。

そのため、実はそれほど高いものではないと思っています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP