セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.11.11

ホームページに掲載するコンテンツはユーザー目線の追求

ホームページ制作の中でもっとも難しく大切になるのが文章の作成です。

どんなにレイアウトやデザインが優れたホームページであったとしても、コンテンツの品質が低ければ、集客力や成約力が高まることはありません。

今回は、ホームページに掲載すべきコンテンツとは何かや、注意すべきポイントを紹介します。

ホームページに掲載するコンテンツとは

これからホームページを制作する方は、どのような文章を掲載していけば良いかでお悩みではないでしょうか。

ホームページに掲載すべきコンテンツとは、もちろん御社が打ち出すべき内容を掲載することも大切な要素ですが、ホームページはユーザーのためのものになるので、ユーザーのことを踏まえながら御社が打ち出したいコンテンツを掲載することが大切です。

例えば、すべてのサービスで無垢材を利用しているリフォーム会社においては、無垢材という単語を打ち出したコンテンツをホームページに掲載したとします。

しかし、多くのユーザーは無垢材を求めているわけではなく、リフォーム後の健康被害が0であることを求めているのです。

このように、自社が作成する文章が、ユーザー目線になっているかは、ユーザーが求めているものをベースに、本文の中で自社の強みやアピールポイントなどの自社が打ち出したいコンテンツを掲載することが求められています。

ホームページに掲載する文章は、まずは自社が打ち出すべきポイントを整理し、その整理内容をユーザー目線で調整することによって、より効果的な文章作成が可能になるのです。

ユーザー目線のコンテンツ作成は高い成果を生み出す

さまざまな集客効果を得られる

ホームページ公開当初に成果が出ない理由の大半が集客力不足になります。

ユーザー目線のコンテンツを作成することで、さまざまな媒体から見込み顧客を集客できるように成長します。

例えば、SEOにおいては、サーチエンジンがユーザーにとって有益な情報を掲載しているページかを評価してランキングを決定し、さらにユーザーにとって有益な情報のページ数が多ければ多いほど、ページ単位ではなく、ホームページ単位でもSEO効果を生み出せるのです。

また、SNSにおいては、ユーザー目線のコンテンツは、拡散される可能性が高まるので、SNSから多くの見込み顧客を集客することが可能です。

このように、ユーザー目線のコンテンツは、集客力の高いホームページにおいては必須であり、制作中はもちろん、運営の中でもユーザー目線を追求することが重要になります。

成果に繋がるアクションを起こしやすくなる

ユーザー目線のコンテンツは、御社が提供する商品やサービスの魅力を最大限にアピールすることが可能です。

ユーザーが行う成果に繋がるアクションは、例えばサーチエンジンで検索を行い、最初にアクセスしたホームページで行っているわけではなく、文章を読んだうえで、自分が抱える問題や課題を解決できる会社に対して行っています。

すなわち、すべてのページがユーザー目線で作成されていることで、自然と成約率が高まっていき、多くの成果を獲得することができます。

ホームページの掲載するコンテンツの作成法

ユーザー目線のコンテンツを作成する際には、まずは自社が打ち出したい情報を整理しましょう。

この整理では、ホームページ制作時には、Web制作会社から提供されるサイトマップやディレクトリリストを活用して、各ページのページタイトルをチェックしましょう。

その際には、まずは自社が打ち出したい情報が網羅されているかをチェックして、その後、それぞれのページタイトルがユーザー目線になっているかを確認します。

先ほどの例で、リフォームの特徴カテゴリーに無垢材というページタイトルがあった場合は、無垢材ではなく、健康被害を抑えるという文言に変更させることが重要です。

無垢材と言うキーワードは、本文の中に自然に入れることで、訪問者は、健康被害を抑えるために無垢材を利用しているのだと理解をすることができます。

また、運営においては、無垢材を探しているユーザーもいると思うので、それらのキーワードに対応していくことも重要です。

御社のビジネスに関連する情報を網羅的に紹介するページを作成し続けることで、最大の集客と成約効果を得ることが可能になります。

まとめ

現在のホームページ制作や運営でもっとも重要なのは、ユーザー目線のコンテンツ作成になります。

このコンテンツとは、文章や画像はもちろんデザインやサイト構成などすべてを含んでおり、ホームページ全体でユーザー目線を追求することで高い集客と成約効果を得ることが可能です。

これからホームページを制作する方は、ぜひユーザー目線を追求して、本当に高い成果を得てみてはいかがでしょうか。