セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.09.08

Googleサーチコンソールの削除でホームページのSEO効果を向上

サーチコンソールの「削除」機能に対する認識は、時間とともに大きく変わってきました。かつてはホームページ制作後に特に意識しない機能として捉えられていましたが、今では正しい活用方法により、SEOの効果を大幅に引き上げることが可能となっています。このページでは、その具体的な活用法とその効果について詳しく解説してまいります。

サーチコンソールの削除とは

サーチコンソールの「削除」機能は、ある特定のページをGoogleの検索結果から一時的に非表示にするためのものです。これを実際に利用した経験からお話しします。

昔のウェブページには、現在とは異なる情報や時代遅れのコンテンツが含まれていることがあり、それを速やかに検索結果から取り除きたい場合にこの機能が役立ちます。左側のナビゲーションから「インデックス」を選び、その中にある「削除」ボタンを使用して、非表示にしたいURLを送信するだけです。

ここでの注意点は、この方法で非表示にできるのは最大6ヶ月間だけです。そして6ヶ月が経過すると、そのページは再び検索結果に表示される可能性が高まります。だからこそ、私たちはさらなる対策として「noindex」タグを追加することを推奨しています。このタグを付与することで、Googleはそのページをインデックスしないようになります。

実際に、ある企業様が過去のイベント情報を検索結果から取り除く際、この方法を用いたところ、数年たってもそのページは検索結果に表示されていません。しかし、この方法も100%の保証はありません。万が一の場合を考慮し、本当に外部からのアクセスを防ぎたいページは、ベーシック認証をかけるのが最も確実です。

また、一部のサイトでは「noindex」と「ロボットテキスト」の併用が推奨されないという話も耳にしますが、私たちの経験上、特に問題は生じていません。ただし、それぞれのウェブサイトの状況や目的に応じて、最適な方法を選択することが大切です。私たちは、クライアント様の要望やサイトの状態をしっかりと把握した上で、最も適切な対策を提案しています。

SEO効果を出す削除の使い方

検索結果に表示したくないURLを送信

ホームページ制作の中で、SEOの最適化は重要なステップの一つです。その中でも、検索結果に表示したくないページを適切に非表示にすることは、ホームページ全体の品質を向上させる手段として注目されています。

なぜなら、ホームページ内には時に低品質と認識されるページが存在することがあります。これらのページが検索エンジンにインデックスされると、ホームページ全体の評価が下がるリスクが考えられます。具体的には、古い情報、短いコンテンツ、重複した情報など、ユーザーにとっての価値が低いと判断されるページです。

これらの低品質ページを検索結果から適切に除外することで、サイト全体の信頼性や権威を保つことができるのです。具体的には、グーグルサーチコンソールの「URLの削除」機能を活用し、該当ページを一時的に検索結果から除外します。さらに、ページに「noindex」タグを付与することで、検索エンジンにそのページをインデックスしないよう伝えることができます。

このようにして低品質なページを適切に非表示にすることは、ホームページ全体の品質を維持し、その結果、SEO効果を向上させる可能性があります。ユーザーに有益な情報のみを提供し、検索エンジンからの信頼を得ることは、長期的なSEO戦略において極めて重要です。

以上のことから、検索結果に表示したくないページの適切な管理は、ホームページの品質を高めるための有効な手段と言えます。ホームページ制作時には、この点を意識して、SEO効果を最大化する方針を取り入れることをおすすめします。

低品質ページを削除

ホームページ制作において、SEOは重要な要素です。新規ページを作成することは、もちろん大切。だけど、それだけがSEO効果を高める手法ではありません。ホームページを制作してしばらくたち、新規ページ作成の熱意が落ち着くと、過去のページの質を見直すタイミングが訪れます。

私たちが何度も実感しているのは、低品質ページの存在。検索エンジン、特にグーグルはページの質を重視しています。ページの質が低いと判断されると、サイト全体の評価が下がることが。そんなとき、そのページをリライトするか、削除するかの選択が求められます。内容が充実できないページは、残念ながら削除の対象に。また、ページ内の内容が重複していると、検索エンジンはそれを好ましく思わない。例として、サイト内検索で似たようなタイトルのページを見つけたら、その中から最も価値のあるページを残し、他は削除する。そうすることで、ページの質を一層高め、検索エンジンからの評価もアップします。

そして、ページを削除したら次のステップ。グーグルサーチコンソールを利用して、そのページのURLを削除します。そうすれば、短期間でそのページは検索結果から消え、ユーザーには質の高いページだけが表示されるように。その結果、ホームページの評価が上がり、検索順位の向上が期待できます。特に、6ヶ月以内にリライトやページの削除を行うと、その効果は一気に実感できるでしょう。

まとめ

サーチコンソールの削除機能を適切に活用することで、SEO効果を向上させることが可能です。しかし、このツールを使う際は一定の知識が必要です。間違った方法で利用すると、逆に検索順位が下がるリスクがあります。

確かに、この機能を知っているだけで、効果的に活用できるわけではありません。しかし、正しい知識と技術を持っていれば、SEO効果を向上させるための強力な武器となります。そのため、この機能を利用しようと考えている場合、ホームページ制作を担当した専門家やSEO業者に相談することを強くおすすめします。

そうすることで、正確かつ効果的なアドバイスを受け取ることができます。そして、グーグルサーチコンソールの削除機能を最大限に活用し、ホームページの検索順位向上を実現する一助となるでしょう。