HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページ制作目的を定める!成果には必須

ホームページ制作目的を定めよう

これからホームページを制作される方は、目的をしっかりと定めていますか?

この目的設定は、集客力と成約力を最大化させるには必須であると当社では考えていて、単に問い合わせが欲しいや商品を売りたいではいけません。

では、具体的に、どんな目的であれば効果を発揮できるかについて、当社がホームページ制作前に、クライアントへ提案している内容を紹介します。

ホームページ制作目的とは

なぜホームページを制作するかを明確にしていますか?

この目的については、実際に多くある事例として、コーポレートサイトであれば「問い合わせが欲しいから」、ネットショップであれば「商品を売りたいから」と言われます。

これは間違いではありませんが、この情報だけでは、業者は何もできません。

と言うのも、問い合わせが欲しいから連想できるのは、メールフォーム作成になります。

商品を売りたいのであれば、ショッピングカートシステムの実装になってきます。

もちろん、実装は重要でありますが、問い合わせフォームを構築しても、訪問者が利用してくれなければ、まったく意味がありません。

ここで重要になるのは、訪問者がなぜ利用するかまでを考えることです。

なぜ問い合わせを行ってくれるのかまでを含めれば、作成するウェブページやコンテンツが明確に定まり、業者も効果的な施策が行えます。

実際に当社は、ヒアリング時にはしっかりとなぜまでを確認して、具体的な回答がある場合は、それらを活かします。

もちろん、ヒアリング時にはない場合や、新設法人であり、まだ分からないという場合もあるでしょう。

ただ、その場合は、当社もお客さまと一緒になって目的策定をサポートしています。

確かにクライアントからすれば、ホームページ制作を依頼したのに、面倒くさい作業だと感じるかもしれません。

ただ、あいまいなままで話をすすめても、絶対に良い結果を得れず、しっかりと策定してからホームページを制作しましょう。

では、具体的な定め方をご紹介します。

ホームページ制作目的の定め方

ホームページを制作する目的を定める方法をご紹介します。

どういうアクションをして欲しいか

ヒアリング時にクライアントがよく言われる、問い合わせが欲しいや商品を売りたいなども非常に重要です。

というのも、例えばホームページを制作した目的を定めないと、業者が勘違いをして作ってしまう可能性があるからです。

例えば、クライアントは、集客対策は一切不要で、ただ必要な情報を公開したいと依頼したとします。

その話を聞いたとしても、業者は問い合わせを獲得できた方が良いと考え、問い合わせ獲得に向けた施策を行います。

このときに実はクライアントが、ユーザーサポートを考えていたとします。

商品購入者に対してURLアドレスを告知し人を集め、そしてウェブページを閲覧して貰えば、問い合わせ数を減らす目的だったとすればずれてしまいます。

もちろん、当社実績でも、多くが問い合わせが欲しいや商品を売りたいと考えられていますが、しっかりとクライアントの口から何をして貰いたいかを伝えましょう。

なぜアクションをしてくれるか

先述もしていますが、理由を加えて、明確にしていきましょう。

例えば、ホームページを制作して問い合わせが欲しいと言われたら業者は、問い合わせフォームくらいしか思いつきません。

これでは、確認した意味がなくなってしまいます。

現状でも、なぜ仕事が入ってくるかという点を伝えることが大切です。

例えば、現状で、サポートが非常に優れていて、問い合わせをしてくれているとします。

そうなった場合には、全体でサポートを謳う方が成約率が高くなってきます。

さらには、クライアント次第ではありますが、サポートについて1ページを作成した方が良いケースもあります。

このように、現状で成果が出ている理由が分かれば、それを全体に含めれば、本当に高い成約率へと成長します。

集客も含めるとなお良い

現状で、商品やサービスが売れている理由を含めると、高い成約率へと成長します。

ただ、ホームページ制作は、集客対策で成功して初めて成果を出せるようになっています。

そのため、内部がどんだけ優れていたとしても、見込み顧客が訪問してくれないと、一切効果を発揮できません。

実は目的策定時に集客についても検討する必要があります。

集客には、当社が提案する施策として以下があります。

  • SEO
  • ソーシャルメディア
  • リスティング広告
  • ユーチューブ広告
  • 既存顧客からの被リンク
  • サテライトサイト
  • リアルで告知

もちろんクライアントだけで何を行うかを定めるのは難しいです。

ただ、業者を利用すれば、それぞれの集客ルートごとに、どう運営や運用、更新業務が必要かを明確に提示してくれます。

これら提示された内容から、実際に実行できるもの、あるいはしやすいものを選んで対策を行えば、多くの見込み顧客が集まります。

実際にこれまでホームページを制作してきた経験で言うと、成果が出ないケースの9割くらいが集客に失敗しています。

そのため、集客は非常に大切な要素であり、目的に含めれば、具体的な運営作業を行えます。

目的が達成できるホームページを制作

では次に、目的を達成できたホームページ制作についてご紹介をいたします。

クライアント名は伏せ、一部情報はぼやかした記述をしています。

ただし、実際に会ってお打ち合わせの中であれば、多少は公開しても良いと言われている事例があり、ご興味があればお気軽に問い合わせください。

目的が明確でサイト運営効率が急上昇

まず初めに集客の中でもSEOに特化した目的策定についてご紹介をいたします。

あるクライアントから、現在SEO目的で、日々新規ページ作成を行っているが、まったく成果が出ないとご相談をいただきました。

こちらの企業は、ぱっと見は、確かに、良質を意識したウェブページ作成を実施されていましたが、いまいち分からないウェブページになっていました。

そのため、まずはSEO目的を定めて、そして達成できる新規ページ作成を実施いただきました。

もちろん、必要な具体的な施策はレクチャーしています。

これにより、これまでどんなに新規ページ作成やリライト、低品質だと思われるウェブページの削除を行っても動かない検索順位が一気に高まりました。

この目的策定では、まずは上げたいキーワードを明確にしています。

そして上げたいキーワードが大体10くらい出てきたら、その中で優先順位を付けて、順番に対策を行っていただきました。

その効果は非常に高く、大体3ヶ月で5キーワードで1位から5位以内にランクインしていて、現在では20キーワードくらいが5位以内に入っています。

もちろん検索回数が少なく、ライバルサイト数も少ないスモールワードではありません。

ビッグワードでもありませんが、ミドルワードのキーワードで上位表示ができていて、現在では多くの問い合わせ数が獲得できています。

具体的な対策内容としては、上げたいキーワードを定めたら、そのキーワードについて詳しいウェブページ作成です。

ただし、詳しいだけでは駄目で、そのキーワードの利用を意識していただきました。

現在、上位表示をしているホームページのキーワード出現頻度を見ると、結構適当で、2%から7%の間になっています。

そして、キーワード出現頻度ではなく、利用を意識していただく程度に留めていて、そうすることで各ページが正しく評価されます。

その結果、関連性が向上し、メインで狙っているキーワードで上位表示ができます。

SEOにおいては目的が非常に大切であり、あれもこれも対策が難しい場合は、1キーワードずつ着実に上位表示を狙っていきましょう。

公開直後から集客も成約も

これまでさまざまなホームページを制作してきて、もっとも高い成果を出した事例で、ネットショップ作成案件になります。

そちらの企業はホームページ制作目的で、集客と成約の両方を定めています。

まず集客についてですが、SEOとツイッター、インスタグラム、リンクトイン、リアルで告知の5つをルートとして定めています。

ただ、実際に作業を行っているのは、SEOとリアルでの告知だけです。

まずSEOですが、SEOは良質なウェブページ数が最も大切です。

被リンクなどもありますが、まずは良質なウェブページ数を業界で最も多く作成して、それで検索順位が上がらなければ検討すると定めました。

そのためネットショップを作成している最中から、スタッフブログを更新していました。

実際に大切なのは更新内容です。

特定を防ぐ手段として、テーマを変えてご紹介をします。

そちらは、サイクリンググッズを販売しているネットショップです。

サイクリンググッズを販売しているネットショップだと正攻法で言えば、更新内容はサイクリングに関するブログになってきます。

ただ、サイクリングについて記事を書こうとすると、自転車メーカーや大手ショップなどには、絶対に情報量では勝てないと判断をされました。

そのため、実は旅行ブログとしたのです。

もちろん旅行と言っても、サイクリングには関係しています。

例えば、記事例でいうと、大阪の旭区一周の旅などのタイトルでサイクリングに関する情報を公開して頂いたのです。

もちろん大阪だけではなく、兵庫県の淡路島や九州などについても書いています。

さらにはそれだけではネタが尽きてしまい、出張で他府県に行ったときに、この地域はサイクリングに適しているなどの情報を公開しています。

このように、旅行とサイクリングを併用すれば、実は業界ナンバーワンの情報量と言うよりも、その企業しかないテーマで公開している状態になります。

そして現在のSEO効果としては、非常に高く、サイクリングはもちろん、地域名を絡めたときにも上位表示ができていて、非常に多くの見込み顧客が集客できています。

そして、実はSEOだけに依存をしていません。

リアルでの告知を行いながら見込み顧客を確実に集めています。

もちろんそれほど多くはないですが、グーグルアナリティクスの結果を見ると、訪問者数の底上げはしっかりとできています。

現状で、検索からの訪問者数は1日500人程度です。

そこにプラスして、リアルでの告知効果で100人程度を集めれていて、月間で3200人ほどを集客できています。

リアルでの告知は、一度仕組みを作ってしまえば労力がかからず、クライアントとしても非常に満足できる効果になっています。

上記が集客になっていて、次は成約についてご紹介をします。

ネットショップで販売している商品には代わり映えもなく、ライバルも似た値段で販売している商品です。

そういった中で、どういう特徴を打ち出したかと言うと、購入者に対してのアフターフォローに全力で取り組みました。

例えば、購入者が請求書が必要だと思えば、当社に依頼をされて、マイページから請求書をダウンロードできる仕組みを構築しました。

さらには、特売情報があれば連絡が欲しいと言われ、メールマガジンを発行いたしました。

このように、ライバルとは差がつけづらい業種であり、とにかくユーザー満足度を最大化させる手段を取り続けられています。

基本はSEOによって新規の購入は上手くいき、ユーザーにリピートしてもらう対策だけで非常に高い成果を出しています。

実際に、ホームページ制作時は、代表者1名の会社でしたが、現在では5名になっていて、うち1名がウェブマスターです。

これらも目的をしっかりと定めた効果になっていると思っていて、成果が出ないとお悩みの方はぜひとも目的を具体的に定める必要があります。

目的達成ができる段階的なサイト更新

実際に当社ホームページ制作は、目的の重要性をしっかりとお伝えしています。

ただ、会社によっては、代表がウェブマスターをされ、そこまで時間が取れないというケースもあるでしょう。

そういった場合は、目的を細かく細分化して定めて、段階的な実施がおすすめです。

例えば、成果を出すにはスタートラインはSEOやソーシャルメディアなど、集客で成功する必要があります。

そのため、集客のための目的を策定して、まずはそれだけに取り組んでも良いと思っています。

そして集客が成功してから成約のための目的を実施していきます。

確かに、成果が出るまでに時間がかかりますし、さらにはホームページ制作料金も単価で見れば高くなってしまいます。

しかし、成果が出ていて、予算が非常に組みやすくなり、確実な成功を手に入れられます。

お忙しいウェブマスターは、例えば初めてのホームページ制作や、集客対策であればあれもこれも対策を行うよりも段階的がおすすめです。

無理にすべてを網羅させて対策を行うと、すべてが中途半端になってしまい、一切成果が出ないケースもあります。

そのため、自社ウェブマスターによっては、網羅させるのではなく、段階的な目的実現も視野に入れて対策を行いましょう。

ホームページ制作目的に関するよくある質問

最後に、ホームページ制作目的について話をしたら良くいただくご質問と回答をご紹介します。

目的って必ず必要?

当社では必ず必要であると思っています。

2022年現在で、闇雲にホームページを制作してもまず効果は出ないでしょう。

その理由は、集客対策もありますが、消費者の購買行動がアイドマからアイシーズに変わったことが要因です。

アイドマとアイシーズの違いは、アイドマには比較検討がなく、アイシーズにはあるという点です。

要するに、常にライバルと比較されていて、最大の成約率とするには、訪問者に明確に御社の魅力を伝えなくてはなりません。

もちろん、集客においても大切で、具体的なルートと対策を明確にしていかなくては、集客で成功できません。

そのため当社では必須であると考えています。

定め方がから分ない

初めての経験の場合は決め方が分からなくて当然だと思います。

その場合は、ホームページを制作する業者に相談をしましょう。

業者であれば、これまで数多くの業種に対して提案してきた経験があり、適切なサポートを行ってくれます。

段階的な実施の際に最初に決めるべきは?

最初に行うべきは集客です。

集客ができないホームページ制作は絶対に成果が出ません。

そのため、ある意味成果を出すスタートラインであると言えます。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP