セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.09.04

Googleサーチコンソールの平均掲載順位が高いホームページのSEOメリット

サーチコンソールの"平均掲載順位"は、ホームページ制作後のSEO対策の大事な一環となります。制作会社がこれを取り入れる理由は明白で、その数値からホームページの集客効果を大きく向上させる手がかりを得られるからです。実際、効果的な集客を目指す多くの企業が、この機能を重視しています。

平均掲載順位とは

サーチコンソールの「平均掲載順位」というデータ。これは、我々ホームページ制作会社の経験をもとに、SEO対策の核心となる部分です。平均掲載順位が示すのは、検索結果におけるあるページやキーワードの平均的な表示位置。だからこそ、これを追い求めることで、ホームページの集客や認知度向上を目指すことができます。

例えば、私たちが手掛けたあるクライアントのホームページは、SEO対策を施した結果、平均掲載順位が10位前後へと向上。結果として、このサイトは多くのユーザーに目にとまるようになり、成約率も上昇しました。一方、平均掲載順位が30位以下というサイトもありますが、その多くはトップページのランキングが低かったり、狙ったキーワードだけが高い順位を維持しているケースが多いのです。

私たち制作会社の目線で言えば、平均掲載順位はSEOの"心拍数"のようなもの。それが高ければ、サイトが健康であることの証。低ければ、見直しや改善が必要であることを示唆しています。そして、このデータを基に、ホームページの構造やコンテンツ、さらにはキーワード戦略などを最適化することで、より多くのユーザーとの出会いを実現することができます。もちろん、平均掲載順位だけでなく、他の指標も重要ですが、私たちが制作するホームページの「健康度」を示すバロメーターとして、このデータは欠かせない存在となっています。

平均掲載順位の正しい見方

サイト全体

平均掲載順位の正しい見方を学ぶことは、サイト運営者にとって非常に大切です。特にサイト全体の状態を把握する上で、この数値は欠かせません。平均掲載順位は、サイトの認知度やキーワード戦略の成功度を示すバロメーターとなります。

サイトの健全性を示す1つの指標として、私たちが制作を手掛けた成功例では、多くが10位前後の順位を維持しています。これは、適切なキーワード選定と質の高いコンテンツがしっかりとユーザーのニーズに答えている証拠です。

しかし、常に更新作業を続けているにもかかわらず、平均掲載順位が30位前後にとどまっているサイトも少なくありません。このような状況は、SEOの取り組みが十分に効果を発揮していない可能性を示唆しています。

そのため、平均掲載順位を確認し、10位以内を目指す更新作業を心掛けることが大切です。この順位を上げるための具体的な方法は多々ありますが、基本となるのはユーザーの求める情報を提供することです。これにより、自然と平均掲載順位も向上していくでしょう。

クエリごと

サーチコンソールの中に、実は非常に重要な「クエリ」の項目が存在します。多くの方がサーチコンソールを利用している中、この「クエリ」を深く理解して活用している人はまだ少ないのが現状です。

その中でも、クエリのデータは、サイトがどんな検索ワードで表示されているのかを示しており、SEOの強みと弱みを具体的に把握することができます。このデータを元に、どのキーワードでの表示が多いのか、あるいは逆に少ないのかを見ることで、今後のコンテンツ作成やキーワード戦略を練る上での大きなヒントになります。

しかし、ただ単に数字を確認するだけでは十分な効果は期待できません。ここでポイントとなるのは、すでに強みとなっているキーワードはそのポジションをしっかりと維持すること。そして、まだ十分な表示回数やクリックを得ていないキーワードに対しては、コンテンツのブラッシュアップや新たなコンテンツの作成を行って、そのポジションを上げる取り組みが必要となります。

私が過去に手掛けた多くのサイトで、この「クエリ」の分析を深め、適切な対策を実施することで、サイトの検索順位やトラフィックが大きく改善されるケースを数多く見てきました。サイト運営者として、このクエリのデータは絶対に見逃せない項目と言えるでしょう。

ページごと

サーチコンソールを活用する中で、特に注目すべき項目の1つが「ページごと」の平均掲載順位です。私が過去に携わった多くのプロジェクトでは、この指標の分析が極めて重要であると感じています。

ページタブを見ることで、どのランディングページが検索結果で好成績を収めているのかが一目瞭然となります。実際に、各ページがどれだけの頻度で検索結果に表示され、そしてどれだけのユーザーがそのページをクリックしたのかを知ることで、具体的な対策の方向性が見えてきます。

ただ、高い平均掲載順位をキープするためには、定期的なコンテンツの最適化が不可欠です。私自身、特定のページの順位を上げようと思った際、数回のリライトが必要だったことも珍しくありません。特に競合が激しいキーワードをターゲットにしている場合、その調整の難しさは増すばかりです。

しかし、その甲斐あって、1ページずつ順位を上げることで、サイト全体の認知度や信頼性が向上します。そして、これは結果として、サイト全体のSEOの健全性や成果に寄与することとなります。それぞれのページが持つ力を最大限に引き出すことで、全体のSEOパフォーマンスも飛躍的に向上するのです。

平均掲載順位の改善法

新規ページ作成

新規ページの作成は、SEOの成果を飛躍的に高める戦略の一つです。過去に数々のプロジェクトで新しいページを作成し、その成果を実感したことがあります。新しいページは、サイト内のキーワードのバリエーションを増やすだけでなく、検索エンジンからの評価も高まります。

平均掲載順位が低めのキーワードを特定して、それを対象にした新規ページの作成は確かに効果的です。しかし、同時に、まだサイトに取り上げられていないがビジネスに直結するキーワードも忘れてはいけません。例えば、業界の新しいトレンドやニーズに応えるキーワードなど、これからの成長が期待されるものを対象にするのも良いアプローチと言えます。

そして、何より大切なのは、キーワードだけを羅列するのではなく、そのキーワードに対する価値や情報をしっかりとユーザーに提供する内容とすることです。実際、サーチエンジンはキーワードに関連する情報量が豊富なページを評価し、それを上位表示します。

新規ページを作成する際は、ターゲットとなるキーワードを明確にし、そのキーワードを中心に価値ある情報を提供することを心がけましょう。

リライト

リライトは、SEOの効果を最大化するための必須の手段となっています。私自身も多くのプロジェクトでリライトの重要性を体感してきました。特に、サーチコンソールでの平均掲載順位をもとにページの内容を見直す際、低い順位のページを中心に取り組みを進めてきました。

ページを遷移した後、クエリを確認することで、そのページに関連するキーワードが一目でわかります。そのキーワードリストをもとに、ページ内容の整理や強化を行います。過去の経験から、不要なキーワードを削除し、ページの目的に合ったキーワードを強調することで、劇的な成果を得ることができたのは確かです。

そして、最近のSEOの傾向として、単にキーワードを詰め込むだけではなく、その内容が質的にも高いことが求められています。これは、エンドユーザーが求める情報を的確に提供することが、検索エンジンからの評価も高まるという考え方に基づいています。そのため、読みにくい文章や内容が薄いページは、リライトを通じてしっかりとブラッシュアップすることが不可欠です。

削除ページの復活

削除ページの復活について、私たちの経験から考えると、それは時にSEOの鍵となる重要なステップです。以前、一部の低順位のページを諦め、削除を選択した経験があります。しかし、検索エンジンにはリライトの取り組みが評価されることが多いのは事実です。

しかし、確かにリライトを行うための時間や工数が多くかかることも少なくありません。そうした状況下でのページ削除は、一時的な解決策としては有効かもしれません。それでも、注意点があります。削除したページが過剰に404エラーを発生させると、それはサイトのSEOに悪影響を及ぼす恐れがあります。

私たちのサイトでも404エラーの増加を確認した際、その原因となるページを復活させたり、適切なページへの301リダイレクトを設定することで、ユーザーエクスペリエンスの向上とSEOの安定を図りました。要するに、ページの削除は慎重に検討する必要があり、それを選択した場合でもその後の対応が重要です。

まとめ

サーチコンソールの平均掲載順位は、ホームページ制作時から非常に有効なツールとして推奨されます。当初はその多機能さに戸惑うかもしれませんが、定期的に目を通すことで、使い方や見方のコツが身に付きます。実際、日常的な確認がホームページの適切な運営には欠かせません。

毎日のチェックを続けることで、サーチエンジンがどのような基準でページの順位を決めているのか、直感的に感じるようになります。この感覚は、SEO対策を行う上で非常に貴重です。時代の中でサーチエンジンのアルゴリズムは進化していますが、平均掲載順位の定期的な確認と活用は、上位表示を目指す上での大切な手続きと言えます。