セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.16

SEOに強いホームページ制作とは

ホームページの集客対策として、人気があるのがSEOになります。

SEOでは、ホームページを公開した後、良質な新規ページ作成を継続することで成果を発揮しますが、ホームページ制作法によって運営の効果は大きく変わってきます。

当ページでは、これまで多くのホームページにSEOを行い、高い成果を実現してきた経験から、SEOに強いホームページ制作とは何かや対策法を紹介します。

SEOに強いホームページ制作とは

SEOに強いホームページ制作とは、サーチエンジンが高く評価するサイト構成やデザイン、ソースコード、コンテンツなどを作成することを言います。

すなわち、サイト全体でサーチエンジンが高い評価をしてくれる仕組みを構築することになります。

しかし、SEOに強いホームページを制作するだけでは、狙い通りに高い検索順位を獲得することができず、サイト運営が必須です。

サーチエンジンは、ページ単体だけではなく、サイト全体でも評価しているので、運営していないホームページでは、検索ユーザーのニーズを満たすだけの情報量がないや、更新されていないホームページでは今現在の有益な情報がないと、サーチエンジンに判断されてSEO効果を発揮できません。

そのため、SEOに強いホームページ制作は、サーチエンジンが好むようにホームページを作り、定期的な運営を継続できる仕組みを構築することを言います。

では、次に、具体的にSEOに強いホームページ制作に必要な対策法を紹介します。

SEOに強いホームページ制作に必要な対策法

クローラーへの意識

サーチエンジンは、クローラーと呼ばれる巡回プログラムを使って、ホームページにある各ページに訪れ、訪れたページのソースコードや画像ファイルを自社のデータベースに格納して、データベース内で検索順位を決定しています。

クローラーは、1度ページに訪問しただけで、ページにあるすべての情報をデータベースに持ち帰っているわけではなく、1度の訪問では、ソースコードの2,3行になっており、何度も訪問されて初めて、データベースにページの情報が完全に格納されます。

すなわち、SEOを行うホームページでは、クローラーの集客を意識しなくてはならず、訪問頻度を高める対策やページ間の移動をスムーズに行える仕組みづくりが重要になります。

SEOに強いホームページ制作では、このクローラーを効率よく集客するための仕組みづくりや、内部リンクを使って、訪れたページから別のページへと誘導する対策が必要になり、この対策はホームページ運営ではどうしようもないので、制作段階で徹底して行わなくてはなりません。

良質な原稿作成法をレクチャー

サーチエンジンは、ページの原稿を確認して検索順位を決定しているので、低品質なページではSEO効果を発揮できず、良質でなくてはなりません。

一般的にSEOに強いホームページ制作を行うと、Web制作会社は良質なページを意識した運営を行ってくださいと言いますが、お客さまは良質とは何かを理解していることはあまりありません。

そのため、多くのWeb制作会社では、SEO効果を発揮できる良質とは何かを説明して、お客さまの運営効率の最大化を図っています。

各ページでユーザーの読解を助ける画像

ホームページはテキストだけで良質を求めても問題ありませんが、さらに高いSEO効果を得るためには、テキストの説明を行える画像を配置する必要があります。

例えば、文章を作成して読み直したときに、テキストだけではユーザーが理解しづらいと感じてしまう箇所があれば、その補足説明として画像を利用しましょう。

ページの内容や設置する画像の上限にあるテキストと関係がない画像を利用すると、サーチエンジンから低品質な画像と見なされて、数が多いとホームページのSEO効果を落とされてしまいます。

そのため、画像を利用した方がSEO効果が出そうという理由ではなく、ユーザーに役立つ画像だけに限定して利用することが重要です。

運営スケジュールの策定

どんなにSEOに強いホームページを制作しても、公開だけで狙い通りの検索ワードで上位表示を実現することは難しくなります。

SEOは、ライバルサイトとの競争になっているので、ライバルサイトよりも上位表示を狙っているキーワードに関する良質なページ数を増やすことが大切です。

検索ワードに関する良質なページ数が増えることで、キーワードとホームページの関連性が高まるので、SEO効果が発揮しやすくなるのです。

そのため、Web制作会社は、ホームページ運営のスケジュールを策定しているですが、無理なスケジュールを立ててはいけません。

SEOで大切な運営スケジュールとは、毎日の作業量が少なくても、10年でも20年でも実行し続けることができる方が重要になるので、無理のない範囲で最大の運営が行えるスケジュール策定を行います。

まとめ

SEOに強いホームページ制作とは何かや、具体的な対策法を紹介しました。

SEOに強いホームページ制作は、検索順位が上がりやすい仕組みの構築になり、検索順位を上げるには、良質な運営の継続が必要です。

SEOに強いホームページ制作を検討中の方の参考になれば幸いです。