HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページ制作後のSEO評価は合計表示回数と訪問者数、検索順位の順

SEO評価は表示回数と訪問者数、検索順位がホームページ制作後の指標

当社ホームページ制作では、9割くらいのクライアントが、公開後はSEOに取り組んでいます。

このSEOにおいては、多くの方が、自分が狙う上位表示キーワードで検索順位だけを見ているケースがほとんどですが、それでは適切な効果測定であるとは言えません。

そこで今回は、当社がホームページ制作後にSEO評価として、合計表示回数と検索順位、訪問者数の順に見ていたいている理由をご紹介します。

SEO評価は合計表示回数と訪問者数、検索順位の3段階

当社はSEOに強いホームページ制作を売りにしていて、クライアントはもちろん当社もSEO効果についてはかなり意識をしています。

クライアントの多くが、狙ったキーワードで昨日は何位で、今日は何位ということばかりに着目しています。

しかし、実はこの検索ランキングだけがSEOの評価指標にするのは良くありません。

というのも、極論ではありますが、SEOは結局のところグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビング次第になっています。

グーグルとヤフージャパンは同じエンジンを積んでいて、マイクロソフトビングは違うエンジンではありますが、似たようなランキングになっています。

そのため、クライアントがホームページ制作後にSEOで意識すべきはグーグルだけになっています。

すなわち、グーグルの判断次第で検索順位が変わっているのです。

例えば、日々検索順位を見ていると、まったくサイト更新をしていないのに、ある日突然、20位以上検索順位を高めているホームページがあります。

これは、その瞬間グーグルが評価を高めているのですが、それから1ヶ月もすると、元の検索順位に戻っているケースがあります。

グーグルのランキングを決定するアルゴリズムはAIを利用していて、毎秒単位かどうかは不明ですが、日々進化をしています。

そのため、検索順位だけを見ていると、実は特定のキーワードで、いきなり評価が上がるタイミングが存在しているのです。

もちろん、検索順位も評価対象ではあります。

ただ、これだけを見ていると、突発的に向上する事例があり、自分が今行っている更新業務が正しいかどうか判断がつかなくなっています。

そのため、当社がホームページ制作後に提案するSEOの評価指標は、検索順位だけではありません。

基本は、合計表示回数と訪問者数、検索順位の順で評価をしていただいていて、ホームページ制作後は、合計表示回数だけを確認していただいているのです。

では、もう少し具体的に合計表示回数と訪問者数、検索順位についてご紹介したいと思います。

SEO評価の合計表示回数と訪問者数、検索順位

弊社がホームページ制作後、クライアントにSEO評価としておすすめする合計表示回数と訪問者数、検索順位をご紹介します。

基本的には、合計表示回数と訪問者数、検索順位の順で評価をしていただいています。

では、具体的にどのようなポイントを見ていただくかをご紹介します。

合計表示回数と訪問者数でみるべきはグーグルサーチコンソールの検索結果になっています。

検索順位は手動でチェックをしても問題ありませんが、当社ではGRCを利用したチェックをおすすめしています。

合計表示回数

ホームページ制作後、最初のSEO評価指標は、グーグルサーチコンソールの合計表示回数になります。

このデータは、検索結果に何回御社サイトが表示されたかになっていて、流入数を増やすために利用するデータとしてはかなり重要指標になっています。

このデータを増やすためには、日々サイト更新業務を行うことと、機会があればしっかりと被リンクを獲得することで増えていきます。

闇雲にウェブページを作成しても増える可能性は低いですが、これまでの経験で言うと、そこまで質を意識しなくても量でカバーができる指標であると思います。

そのため、クライアントウェブマスターとしては、非常に扱いやすいデータであると言え、このデータを見ながら、新規ページ作成の習慣をつけていただくようにしています。

一点だけ注意点があるとすれば、ホームページ制作法やサイト運営法によっては伸びないケースが見られるという点です。

伸びないケースは、トップページだけを上位表示したいと考えてホームページを制作したり、サイト更新を行っている場合は期待以上に向上しません。

しっかりと個々のウェブページで上位表示を狙えるように、設計を立てて行うことで、新規ページ作成を継続していれば、結構簡単に向上するデーターになっています。

最後に、上記のようにクライアントへ説明すると、いったいいつまで合計表示回数を見ていくべきかと言われます。

あくまで、一つの目安ですが、1ヶ月に10万回を目安にしていただいています。

この10万回に到達するまでは、とにかく新規ページ作成を継続していただくことで、よほどでない限りは、それでお問い合わせや商品販売などの成果を出せるようになります。

訪問者数

合計表示回数が10万回に到達をして、実際に成果も得ている状態になれば、次に訪問者数をある程度は見ていただきます。

この訪問者数は、2つの確認法があり、グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスの確認です。

グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスは、グーグル自体がデータ収集法が違い、異なる数値で表示されると発言しています。

そのため、あくまで当社の考え方ですが、SEOだけを追いかけているうちは、グーグルサーチコンソールのデータを見ていただいています。

グーグルサーチコンソールが示す指標としては、訪問者数は合計クリック数になっています。

ここで見るべきは、主に2点あり、検索順位が高いか低いかだけを一緒にチェックしましょう。

ランキングが高いのに合計クリック数が少ないウェブページは、合計表示回数が少ない、すなわちニーズがないウェブページになります。

そのため、リライトをして、上位表示キーワードを少し変更させることで、訪問者数が増える可能性があります。

次にランキングが低く、合計クリック数が少ないウェブページは、ランキングを高める必要があります。

これは、情報量が不足していないかや、関係がない情報が掲載されていないかをチェックして、最適化を行いましょう。

そうすることで、確実に合計クリック回数が向上していき、期待通りの訪問者数へと成長します。

注意点として、トップページは対象に含まれず、下層ページを中心にチェックしましょう。

検索順位

上記対策である程度SEOからの流入数が増えてから、検索順位をチェックしても良いと思います。

というのも、クライアントが気にされる90%くらいが、トップページであると思います。

そしてトップページを上げるには、実はこの調査で行っている合計表示回数を高めたり、訪問者数が少ないウェブページのリライトがもっとも効果を発揮します。

トップページのランクを高める方法として、クライアントの中には、トップページに問題があると考えて、トップページのリライトを行う企業が多いです。

ただ、実は、トップページのランキングを高めるには、ホームページ全体のSEO評価を高める以外手段がありません。

そのため、実は当社のホームページ制作では、検索順位を計測しようとしたときには、すでに1ページ目、難易度が高い場合でも2ページ目にランクインしています。

これまでの経験から、トップページと下層ページのSEO施策は違っています。

そこで、ここまで来た段階で、次に下層ページではなくトップページを上げるための対策法をレクチャーしています。

合計表示回数と訪問者数、検索順位のSEO評価が伸びない

合計表示回数と訪問者数、検索順位をどんなにサイト更新をしても伸びない場合には、何かしらの問題点がある場合です。

この問題点については、以下2点を改善するようにしましょう。

  • 制作したホームページの構成やコーディングが悪い
  • サイト更新法が悪い

制作したホームページの構成やコーディングが悪い

サイト更新の前にまずは制作したホームページのコーディングを改善しましょう。

というのもコーディングが悪いと、検索エンジンが制作したホームページを正しく認識していない可能性があります。

もちろん逆もあり得て、評価して貰えないウェブページなのに、間違えて認識をして順位が上がっているケースもあります。

ただ、当社では、サイト更新法マニュアルを作成していて、正しい更新業務を行っていただければ、必ず高いSEO評価を受けれると自負しています。

そのため、コーディングを直すことに注力すれば、もしかすればリコーディングだけで一気に順位が高まる可能性があります。

また、サイト構成については、少しあっさりとした説明にして、ウェブマスターであれば行うユーザー視点で企画を立てるだけで問題がありません。

内容をしっかりとディレクトリごとに分けることは、一般的な施策になっていて、もし行っていない場合は、サイト構成を変更しましょう。

ただし、可能であれば、SEOに詳しいWebサイト制作会社に相談をするのをおすすめします。

場合によっては、301リダイレクトが必要になるケースもあり、そのホームページを制作した業者に相談をしてから実施されるのをおすすめします。

サイト更新法が悪い

サイト更新法が悪いと、本当に検索順位は上がりません。

ただし、下層ページは実はしっかりとユーザーのためにコンテンツを作成しているだけでも上がります。

しかし、これまでの弊社が経験した事例で言えば、トップページの順位を上げることを意識していない原稿だと、トップページが本当に上がらないと思います。

このトップページで順位を高める更新法については、当社ではマニュアルを作成して対策を行っていただいています。

実際にどれくらいの効果があるかというと、毎営業日に1ページを作成していれば、1ヶ月あれば10位くらいランキングが上がっています。

ただ、この更新法については、当社のノウハウになり、当ブログではご紹介できません。

そのため、恐らくSEOを意識したWebサイト制作会社であれば、どこでも知っている内容と思われ、そのホームページを制作した業者に確認をお願いします。

品質が低い

ざっくりとした内容で参考になりませんが、品質が低いと検索順位は上がりません。

この品質については、何が良質で何が低品質かは不明です。

ただ、当社がクライアントへ提案する内容としては、ロジカルシンキングの基本概念になるミーシー(MECE)を考えることです。

ミーシーとは、Mutually Exclusive、Collectively Exhaustiveの頭文字を取った略語で、日本語では漏れなくダブりなくです。

要するに、すべてのウェブページでタイトルタグに対して、漏れがなく、他ページと重複していないというのが大切です。

また、さらには、もう一点追加していて、それは不要な情報は掲載しないことです。

ミーシーでも単語上は出てきていませんが、必ず必要な内容になっています。

もちろん、重複は簡単に分かると思いますが、何が漏れで何が不足とサーチエンジンが考えるかは分かりません。

ただ、これらを意識していれば、適切な分量で原稿を作成できるので、成果を出せる確率が一気に高まります。

もちろん、これでも抽象的と感じられるかもしれませんが、品質というものが何か説明できる業者はいないと思います。

そのため、上記が恐らく限界になっていて、後は実践の中で調整されていくしかありません。

ただ、漏れなくダブりなく不足なくを意識していれば、当社ホームページ制作経験で言えば、多くのクライアントが成果を出しています。

被リンクが足りないかも

御社が狙うキーワード次第です。

昨今のホームページ制作では被リンク提案をする機会が激減しています。

それは、検索エンジンが被リンクを非常に厳しくチェックして無効化しているからです。

もちろんこれは御社だけの話ではなく、ライバルサイトも同様です。

あくまで弊社の予測ですが、現在、被リンク効果を得れているホームページは、ナチュラルリンクを大量に集めれているホームページくらいではないかと思っています。

実際に、当社実績では、被リンク本数が0本でも、非常に高いSEO効果を得ているクライアントも多くいます。

ただ、被リンクが効果がないわけではなく、もししっかりと新規ページを作成しているのに、合計表示回数と訪問者数、検索順位が向上しない場合は被リンクを増やしましょう。

その際に、被リンクは基本はナチュラルリンク、自分自身で行う際には国が制作したホームページから獲得しましょう。

ナチュラルリンクは、どれか一つでも効果を発揮できれば、検索順位が上がります。

さらに自分で行う被リンク対策は、効果があるかは分かりませんが、国が制作したホームページは評価が高いと言われています。

これらを行い合計表示回数と訪問者数、検索順位が増えるかどうかを確認してみて、もし効果が出ればもっと増やせる方法を検討するのがベストでしょう。

SEO評価になる合計表示回数と訪問者数、検索順位のQ&A

最後にSEO評価になる合計表示回数と訪問者数、検索順位でよくあるQ&Aをご紹介します。

合計表示回数が上がらない

たまにいらっしゃいますが、合計表示回数をチェックして、新規ページ作成を行っても、なかなか伸びないと言われるケースがあります。

このケースでは、これまでの経験でいくつかのパターンが見られています。

  • 削除したURLの再利用
  • 原稿がほとんどないウェブページの量産
  • 作成ページを読んで意味が不明

削除したURLをグーグルサーチコンソールを使って調べ、そのURLで新規ページ作成を行うクライアントがいました。

こちらについては、当社も別に問題がないと思っていたのですが、削除ページのURLアドレスの再利用はしてはいけません。

削除したウェブページは、アクセス数が少ないケースや表示回数が少なかったウェブページです。

もちろん100%ではないですが、想定を大きく下回る向上になっています。

次に原稿がほとんどないウェブページが評価されるケースもありますが、それはドメインパワーが高い場合のみです。

そのため、ホームページを制作したばかりや、SEOを行い始めたばかりのときは、低品質であると見なされてしまいがちです。

最後に作成したウェブページがタイトルに対するアンサーになっていない場合があります。

この場合は、リライトをしてタイトルに対して詳しいウェブページにすれば、合計表示回数は向上してきます。

トップページの表示回数と検索順位が上がらない

昔は当サイトでもその現象に陥っていました。

対策法はノウハウになり、お伝えできませんが、下層ページが上位表示ができているのであれば、後少しです。

本当にちょっとしたポイントを意識して原稿作成を行うだけで、トップページの表示回数と検索順位は飛躍的に高まっていきます。

具体的に当サイトでご紹介をします。

もともと当サイトは、1日に300人くらいを集客していましたが、トップページの流入数が0で、トップページだけ検索順位が低かったです。

ただ、ちょっと原稿作成法を変えるだけで、リライトと新規ページ作成を2,3ヶ月くらい実施したところ、狙い通りのランキングになり、合計表示回数も大きく高まっています。

もし対策法を知りたい場合は、当社にご相談をいただいても、有料ですが、お伝えすることが可能です。

ただ、本当にちょっとしたポイントであり、そのホームページを制作した業者であれば、無料で教えてくれる可能性も十分にあると思います。

検索順位は見ない方が良い?

見ることは否定しません。

ただ、1つや2つのキーワードで見てもあまり意味がありませんし、さまざまなウェブページで確認すべき内容になっています。

そのため、これらを計測するには、手動では不可能になっていて、GRCの有料プランを利用することがおすすめになります。

無料プランだと、1ドメインで10キーワードまでになっていて、最低でも一番安い有料プランをご利用ください。

GRCの有料プランを利用するのであれば、ホームページ制作直後から検索順位だけを見ていても問題はないと思います。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP