セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.14

ホームページのSEOはサーチコンソールの表示回数とクリック数、掲載順位

ホームページ制作は、単に美しいデザインや情報の提供だけでは終わりません。それは、デジタル空間でのビジネス展開の第一歩であり、その成功のための土台作りに他なりません。制作したホームページがどれほどの視聴者に届き、どれほどの行動を促しているのかを知ることは、ビジネスの進行方向や戦略の見直しに不可欠です。

サーチコンソールを活用し、表示回数やクリック数、そして検索順位をチェックすることは、ホームページの成果を具体的に捉え、継続的な最適化への手助けとなります。これらの指標は、ホームページが果たす役割を明確にし、より多くのユーザーに適切な情報を届けるためのナビゲーターです。

私たちのホームページ制作のアプローチは、このSEOの考え方をしっかりと組み込んでいます。ホームページは、お客様のビジネスを成功へと導くための最初のステップ。私たちはその成功をサポートし、最適な方向へと導くためのパートナーとして、常に最前線でお手伝いを致します。

SEO評価とは

ホームページ制作が終わった瞬間、新たな挑戦が始まります。それが、SEOを通したホームページの最適化です。この継続的なプロセスの中で非常に大切なのが、SEOの評価です。

SEOの評価とは、ホームページの検索エンジンにおけるパフォーマンスを定量的・定性的に把握し、更なる最適化の手引きとするものです。検索順位の変動はもちろんのこと、それに伴う流入の質や数量、そしてユーザーの行動は、ホームページ制作の成果を示す指標となります。

ただし、検索順位の上昇だけを追求するのは短絡的。ホームページが真にユーザーに求められるものであるかどうか、それを示すのは表示回数や訪問者の行動です。これらのデータを詳細に分析することで、どの部分がユーザーに受け入れられているのか、またどの部分に改善の余地があるのかを見極めることができます。

特に大規模なホームページや、多岐にわたるターゲットを持つサイトにおいて、これらの評価は極めて価値のあるものです。ホームページ制作の専門家として、私たちはお客様のビジネス成果を最大化するための、最適なSEO評価とアドバイスを提供いたします。ユーザー目線を忘れずに、常に進化し続けるホームページ制作のサポートをお約束します。

SEO評価なら表示回数とクリック数、掲載順位

表示回数

ホームページ制作の後の運営において、SEOの重要性は増しています。その中でも特に、サーチコンソールの「表示回数」は基本中の基本。ホームページが検索エンジン上でどれほどの露出を持つかの指標として、これは重要な役割を果たしています。

ホームページ制作後、ランキングや上位表示を追い求めることはもちろん大切ですが、その前段階として「表示回数」は必須の項目と言えます。これがなければ、どれほど質の良いコンテンツを持っていても、それを閲覧するユーザーがいないことになります。表示回数をまずは増やすことで、より多くのユーザーの目に触れる機会を増やすのです。

例えば、ホームページ制作後、定期的に内容を更新していても、表示回数が伸び悩む場合、その原因は記事の質やキーワード選定に問題があるかもしれません。反対に、表示回数が増えているけれどペースが遅いと感じるなら、更新の頻度やコンテンツの質を再考する必要があるかもしれません。

各検索エンジンでの表示回数は、ホームページが提供している価値や、これから提供できる可能性を示す基準となります。ホームページ制作のプロとして、私たちはこの「表示回数」の重要性を十分に理解しています。そして、それをどのように分析し、改善策を提案するかのアドバイスも行っています。正しい方向性を持つホームページ運営の一歩として、表示回数の分析は不可欠です。

クリック数

クリック数は、SEOの評価において非常に重要な指標の一つとなります。この数値は、ユーザーが実際に検索結果からページにアクセスした回数を示すもので、ホームページの魅力や関連性を端的に示すデータと言えるでしょう。

サーチエンジンからの流入が少ない場合、それは記事やコンテンツがユーザーの求める情報にマッチしていない、もしくは十分な魅力を持っていない可能性が考えられます。このような場合、ホームページのリライトや内容のブラッシュアップが必要となります。

また、現代のインターネット環境において、ソーシャルメディアの影響力は無視できません。ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのプラットフォームを通じてのアクセスも増えており、これらのメディアでの紹介やシェアの効果も考慮する必要があります。もし、ソーシャルメディア上での紹介にも関わらずアクセスが伸び悩んでいる場合、シェアの方法やアカウント運用に見直しが必要です。

被リンクの質もSEOに影響する要因の一つです。一般的に、nofollow属性のリンクはSEOの評価には直接関わらないとされますが、ユーザーエンゲージメントやサイトへの信頼性向上には一定の寄与があると考えられます。重要なのは、質の良い被リンクの獲得です。

総じて、ホームページ制作の際は、ユーザーの実際の行動や反応を踏まえた、効果的なコンテンツ制作と適切な運用が不可欠です。

掲載順位

掲載順位は、ホームページのSEO効果を計測する上で、非常に重要な要素の一つです。多くの企業や個人は、自らのサイトの順位を常にチェックしていますが、それだけでなく、正確な順位把握のためには幅広いページの順位も確認することが必要です。

特に、ホームページ制作においては、トップページだけでなく、下層ページの順位も大切です。下層ページの内容がユーザーにとって価値があると感じられれば、サイト全体の評価が上がり、その結果、トップページの順位も向上することが期待できます。

また、順位チェックツールの中には、特定のキーワードに関する順位を無料でチェックできるものも存在します。しかしながら、詳細な分析や多数のキーワードに対する順位チェックを行いたい場合、有料のサービスの活用が不可欠となるでしょう。

低い検索順位のページをリライトすることで、そのページの順位向上はもちろん、サイト全体のSEO評価も上がる可能性があります。そして、リライト後の効果を正確に計測することができるツールは、ホームページ制作の際の強力なパートナーと言えるでしょう。これらのツールの活用は、効果的なSEO施策を行うために欠かせないステップです。

まとめ

ホームページ制作は、単に美しいデザインや機能性だけを求めるものではありません。その先のSEO対策、すなわち検索エンジンでの可視性の確保も考慮に入れた制作が求められます。しかし、SEOの評価指標として、検索順位のみに固執することは推奨されません。

確かに、検索順位はサイトの認知度や信頼性を示すバロメーターの一つとしては有効です。しかし、日々の変動が大きく、それだけに一喜一憂するのは時間と労力の無駄とも言えるでしょう。実際に、表示回数のみを見ていれば、そのページがどれだけ目に留まっているかの大まかな指標としては十分です。

ホームページ制作の際、重要なのはその後の運用です。SEO対策も大切ですが、ユーザーに価値を提供するコンテンツの制作と更新が何よりも中心となるべきです。ユーザー目線でのコンテンツ制作は、サイトへの訪問者が真に求めている情報や価値を提供するための手段となります。

結論として、ホームページ制作後の運用において、SEO評価の指標としての検索順位に固執せず、ユーザー目線のコンテンツ制作と更新に注力することが、サイトの長期的な成長とブランドの信頼性向上に繋がるでしょう。