セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.03

Googleコアアルゴリズムアップデートとは?SEO効果を出すための知識

年に3,4回開催されるGoogleコアアルゴリズムアップデートを理解することで、ホームページのSEO効果は安定しやすくなります。

Googleコアアルゴリズムアップデートは、サーチエンジンが検索順位を決定するルールの中心部分の改定のことを言い、どのようなアップデートが開催されるかを知ったうえで、ホームページ運営を行うことで、サイト全体のSEO効果を高めることが可能です。

当ページでは、Googleコアアルゴリズムアップデートとは何かや、Googleコアアルゴリズムアップデートを知ることで検索順位が安定する理由、具体的な対策法を紹介します。

Googleコアアルゴリズムアップデートとは

Googleコアアルゴリズムアップデートとは、Googleが年に3,4回開催している検索順位を決定するアルゴリズムの中心部分のバージョンアップのことを言い、通常の仕様変更よりも大きなものになっています。

Googleコアアルゴリズムアップデートの影響を受けたホームページは、多くの検索ワードで検索結果に表示されなくなったり、上位表示していたキーワードが突然100位以下になる可能性があります。

もちろん、お客さまは、ホームページ制作会社やSEO会社のように、詳しくGoogleコアアルゴリズムアップデートを理解する必要はありませんが、最低限の知識を持っておくことで、安定して高いSEO効果を発揮できるホームページとすることが可能です。

Googleコアアルゴリズムアップデートでは、どのようなバージョンアップが行われるかと言うと、基本的な考え方としては、ホームページが検索ユーザーのためになっているかのチェックです。

すなわち、普段のホームページ運営から、ユーザー目線を追及することによって、Googleコアアルゴリズムアップデートに影響を受ける可能性はほぼなくなるというわけです。

さらに、Googleコアアルゴリズムアップデートの基本的な考え方を持つことによって、通常アルゴリズムのアップデートにも影響を受けることがなくなるので、必死に検索順位を気にしなくても、多くの見込み顧客を集客できるホームページにすることができます。

ちなみに、このGoogleコアアルゴリズムアップデートについての詳細は、Google検索セントラルのGoogle検索のコアアップデートとウェブサイトのページから確認が可能です。

また、開催履歴については、Google Search Status DashboardのGoogle Search Status Dashboardのページからご覧ください。

Googleコアアルゴリズムアップデートはドメイン評価が重要

Googleコアアルゴリズムアップデートの影響を受けたページは、闇雲にリライトしていても、リカバリーは難しくなっています。

その理由は、影響を受けたページのリライトをしたとしても、サイト全体が低品質であるとみなされている可能性が高いので、数ページをリライトしただけでは、元通りの検索順位に戻ることがないからです。

さらに、Googleコアアルゴリズムアップデートの影響を受けた場合、多くの企業がやってしまう対策は、ドメインの変更です。

確かに、ドメインを変更すれば、Googleコアアルゴリズムアップデートで受けた影響がなくなるので、一時的には元の検索順位に戻せる可能性は高いです。

しかし、根本を改善していなければ、次のGoogleコアアルゴリズムアップデートの影響を受けてしまい、いたちごっこになる可能性が高くなっています。

そのため、基本的にウェブマスターが検討すべきは、すべてのページの品質を高めるリライトでドメイン評価を改善することと、ドメイン評価を上げるホームページ運営になっており、運営量ではなく、品質を重視して取り組むことで、ホームページの検索順位を戻すことが可能です。

Googleコアアルゴリズムアップデートの理解で検索順位が安定する理由

インターネットでSEOについて調べると、SEO情報として公開されている多くのコンテンツは、コアアルゴリズムの周りにある小さな情報になっており、根本の部分はユーザー目線のホームページになっているかどうかです。

すなわち、多くのホームページで公開されているSEOテクニックは、Googleコアアルゴリズムアップデートではなく、通常アルゴリズムで評価される内容になるのです。

そのため、どんなにSEOについて勉強をしていたとしても、周りにあるアルゴリズムの理解だけでは、普段は検索順位が上がると思いますが、Googleコアアルゴリズムアップデートでは影響を受けてしまう可能性が高いのです。

Googleコアアルゴリズムアップデートでは、この小さなテクニックを一新させるバージョンアップになっているので、Googleコアアルゴリズムアップデートを理解していないと、検索順位が落ちる可能性は高くなります。

昨今のサーチエンジンでは、ユーザー目線のホームページでなければ、上位表示ができなくなっているので、小さなSEOテクニックを学んだとしても、その対策法は、訪問者に価値あるものかを判断してから行うことが大切です。

Googleコアアルゴリズムアップデートの対策法

1ページに必要なボリューム

Googleコアアルゴリズムアップデートの影響を受けないホームページとするためには、各ページでユーザー目線を追求することが大切です。

ユーザー目線のホームページを実現するためには、ページタイトルに対して詳しいページ作成に取り組むことが大切ですが、極端に文字数が少ないページを多く作成するのは辞めた方が良いでしょう。

制作実績のホームページで言うと、500文字程度のページを大量に作成しているホームページは、Googleから低品質とみなされ、Googleコアアルゴリズムの影響を受ける可能性が高いです。

そのため、文字数を気にせずにページを作成したときに500文字くらいの文字数になってしまう企業では、1,500文字前後を意識したページ作成に取り組むようにしましょう。

1,500文字前後のページ作成を意識していれば、次第に1,500文字前後の文章作成に慣れていくので、スムーズなホームページ運営が行えるようになります。

ただし、1,500文字というのは、ページタイトルに関係がないコンテンツを作成して文字数を稼いではならず、ページタイトルに関連する内容であり、ページタイトルを見て訪問したユーザーに価値あるページ作成に取り組むことが大切です。

ユーザー目線の徹底化

Googleコアアルゴリズムアップデートの影響を受けないホームページとするためには、サイト全体でユーザー目線を追求することが大切です。

ユーザー目線のホームページとするためには、御社の見込み顧客にメリットがあるページを作成することはもちろんですが、ページを公開する前に読み直しを行うことが大切です。

どんなに真剣に文章作成を行っていたとしても、誤字・脱字や表現が分かりづらいコンテンツが発生してしまう可能性があり、ユーザー目線になっていないコンテンツを改善してから、ページを公開することで、ユーザー目線のホームページへと成長するのです。

ページを作成することを目的にしない

SEOを行っているホームページでよくやってしまうのが、ホームページ運営を行っていると、次第に新規ページ作成が目的になってしまうことです。

新規ページを作成することが目的になってしまったホームページは、通常アルゴリズムの変更で検索順位を落としてしまう可能性ももちろんありますが、Googleコアアルゴリズムアップデートでほぼ100%の確率で検索順位を落としてしまいます。

昨今のSEOでは、狙っているキーワードと関連したページを作成することで、検索順位を高めることが可能ですが、少ないページ数でサイト全体の品質を高めることでも検索順位を高めることが可能になるので、新規ページ作成よりも品質を高めることに注力すると良いでしょう。

ちなみに、現在すでに作成することが目的のページ数が多いホームページでは、ページ削除ではなくリライトで対応することが大切です。

Googleアルゴリズムへの意識だけだと検索順位が上がらない理由

従来のSEOでは、Googleアルゴリズムへの意識だけでも検索順位を高めることができましたが、Googleアルゴリズムへの最適化はユーザーにとってメリットがほとんどありません。

そのため、現在のSEOで大切になっているのが、検索ユーザーの行動になっており、検索ユーザーの行動への最適化を行わなければ、ホームページの検索順位を高めることができなくなっています。

では、サーチエンジンが見ている検索ユーザーの行動とは何になるかと言うと、検索結果でのクリック率と、検索結果からホームページに訪れたユーザーがブラウザバックで検索結果に戻ってこないことになり、それぞれを解説します。

まず検索結果でのクリック率については、検索ワードごとによくクリックされているページタイトルやメタディスクリプションを設定しているほど、人気があるホームページと判断することが可能です。

例えば、【ホームページ制作 大阪】というキーワードで、当社のトップページがクリックされている回数が多いと、【ホームページ】と【制作】、【大阪】で当社のトップページの検索順位が上がりやすくなっています。

サーチエンジンは、検索結果をユーザーにとって便利なものにしたいと考えているので、当然クリック率が高いホームページを上位表示することは当然の対策です。

次に、検索結果から訪問したユーザーが、ブラウザバックで戻ってきた場合、サーチエンジンは、訪問はしてくれるけれども、そのページ自体が低品質だと判断をするので、該当ページが該当の検索ワードで検索順位を落とす仕様になっています。

どんなに検索結果でのクリック率が高くても、訪問者がブラウザバックで検索結果に戻り、別のホームページにアクセスしていれば、ユーザー満足度が低いと言えるので、検索結果が落ちてしまうことは当然です。

これらの検索結果でのクリック率を高めることや、ブラウザバックで検索結果に戻らないようにすることは、Googleアルゴリズムへの最適化ではどうしようもなく、良質なホームページへと育てるしかありません。

そのため、Googleアルゴリズムへの意識だけのホームページは、検索順位が下がる羽目になります。

まとめ

Googleコアアルゴリズムアップデートとは何かを紹介しました。

Googleコアアルゴリズムアップデートを理解して、良質なホームページへと成長させることに注力すれば、Googleコアアルゴリズムアップデートに影響を受けることもありませんし、普段のホームページ運営の中でもSEO効果を安定させることが可能です。

ホームページにSEOを行っている方の参考になれば幸いです。