セブンデザイン SEOに強い大阪のホームページ制作会社

  • 2022.09.25

ホームページに利用する文章作成のポイント

成果に繋がるホームページの文章作成法

ホームページ制作は、非常に多くの文章が必要で、原稿作成を継続して行い続けなくてはなりません。

ただ、ホームページ制作実績のクライアントの多くが、これまでほとんど文章を作成した経験がない方になります。

今回は、そのようなウェブマスターでも制作したホームページが優れて見え、さらに効果の発揮できる文章作成法を紹介します。

ホームページ制作で利用する文章

ホームページ制作でもっとも厄介なポイントは、文章作成ではないでしょうか。

実績で言うと、多くが20ページほどの原稿を作成しています。

さらに、当社のホームページ制作では、スタッフブログを用意し、公開後は日々更新していただき、1年も経過するとかなりのボリュームの原稿です。

この文章は、ホームページを制作したお客さまから上手く書けないし、経験もあまりないと言われます。

当サイトを運営し始めるときには、ここまでの原稿を作った経験がありません。

ただ、継続していれば、それなりに効果を生み出し、当サイトで言うと、毎日250人から300人程度のSEO効果とツイッターからもアクセスが存在しています。

もちろん、成約も膨大ではありませんが、企業を運営できるだけは相談をいただいています。

このように現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビング、ダックダックゴーなど、日本国内で主要なサーチエンジンはそこまで高いものは求めていません。

また、閲覧者も同様で、大切なのはプロのライターや大ベストセラーみたいな原稿ではなく、自分が抱える悩みや課題を解決できるかになります。

そのため、ホームページ制作時から運営時の原稿は、上手い下手ではなく、タイトルタグに対して訪問者に役立つコンテンツを作成することになります。

確かに、きれいな文章を書いたほうが、集客も成約効果も得られそうと考えてしまいがちです。

ただ、それよりもっと大切なポイントは、ユーザーフレンドリーであり、今御社ができる最高の原稿を用意していくことの方が重要になります。

成果が出る文章作成法

ホームページ制作や運営時に役立つ成果に直結するノウハウを紹介します。

ユーザー目線

基本的な項目で、成果を求めるなら、徹底したユーザー目線が重要であると言われています。

もちろん、閲覧者では、そこに書かれている内容が自分の課題を解決できないとすべて読もうとは思えません。

成果に大切なSEO対策でも、訪問者目線が重要になり、読んだ人の立場に立った丁寧な原稿でなければ、絶対にランキングが高まらない仕様になっています。

どのようにサーチエンジンが認識しているかは不明ですが、ユーザーのために書いたページほど上位表示ができる可能性が高いです。

そのため、制作したホームページ全体を見たユーザー目線こそが、まず成果を出すポイントの一つ目になります。

誤字脱字をなくす

上記のユーザー目線と同様ですが、誤字脱字だけは絶対にならず、恥ずかしながら、当社もしていますが、これはユーザーの信頼性を損なう行為です。

運営担当者は日々原稿作成に追われながら作業をし、多少は仕方がないですが、少しの誤字脱字ならユーザーも理解してくれますが、その数が多いと信頼性に影響が出ます。

また、SEOでも誤字脱字はおそらくマイナス評価を受けていると思われ、グーグル自体も誤字脱字はなくすように何度も発表しています。

これらをなくすには、記事公開前後でしっかりと出来上がったコンテンツを読み直せば良いだけで、可能な限り行うようにしましょう。

リライトを行う計画

記事を公開してそれで終わりではなく、リライトが発生すると計画に組み込んだほうが良いです。

実際にホームページ制作実績で日々更新作業を行っているクライアントで、もっとも成果を出している会社はリライトを週1程度では行っています。

もちろん、専属ではありますが1名になり、ブログの更新以外にもさまざまなことをしていて、時間が十分にあるわけではありません。

ただ、リライトを計画的に継続していれば、集客力も確実に伸び続けていますし、成約率も高まり、より高い成果を発揮しています。

AIが記事を作成

最後に、昨今のホームページ制作ではAIライティングを活用する企業が増えてきています。

ただ、現状のツールが作成した原稿を読むと、表現が難しいですが、当たり障りのない内容を書いているだけに感じます。

これでは、サーチエンジンもユーザーも十分に満足してくれないと思い、しっかりとAIライティングを活用する際には、リライトをしてから投稿しましょう。

今後は分かりませんが、現段階ではそのまま原稿を活用するのはおすすめできるレベルには到達できていないと思います。

文章作成を継続していれば上達

ホームページ制作時から利用する文章作成は、今は下手かもしれませんが、継続していれば必ず上達していきます。

いつ上達するかは個人差があり、はっきりとは言えませんが、全ページでユーザー目線を追求し続けていれば、比較的早い段階で効果を発揮しだすと思います。

そのため、今はまだ上手く書けないけどとお悩みの方も、どんどん新規ページのアップロードをおすすめします。

そしてある程度期間が経った後、読み直して違和感があれば、リライトをすれば良いのです。

原稿は、ユーザーを考えることがポイントで、上達へのルートはここしかなく、しっかりと継続して作業を行い続けましょう。

TOP