大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

2021年版 初めてのweb制作の前に

2021年のweb制作

これから初めてweb制作に取り組まれる方であっても、必ずweb制作を行う目的があると思います。

そしてその目的を達成するためには、どのようなweb制作を行えばいいのか不安に思いながら、ホームページ制作会社をお探しのことと思います。

この目的を達成できるweb制作においては、基本的にはホームページ制作会社に任せきりとするのではなく、お客さま自身もweb制作に加わることが重要になります。

そこで今回は初めてのweb制作の方のために、どのような考え方でweb制作を実施すればいいのかについてご紹介をいたします。

目次

ホームページ制作会社の選定

ホームページ制作会社選び

まず初めに、目的達成ができるweb制作を行うためには、ホームページ制作会社をしっかりと選定することが重要になります。

この選定には、例えば営業マンが話しやすいなどで決定するのではなく、しっかりと提案内容を確認して、この対策であれば成功できるかもしれないという内容のホームページ制作会社の選定が重要になります。

例えば、お問い合わせが欲しいweb制作においては、まず人をどこから集め、そしてその集めるためにはどのような対策が必要になるのかが明確になっていることが大切です。

基本的には、web制作はこの人を集めることが最も大切になっており、単純に言えば、人がたくさん来るwebサイトであれば、デザインが御社の希望とは異なるようなweb制作であっても一定数の成果を出すことが可能になるのです。

このように提案内容が具体的かどうかの確認をして、ホームページ制作会社を選定することで、より効果的なweb制作とすることが可能になるのです。

また、web制作を行って目的を達成するためには、どうしても必要になるのがwebサイト運営になってくるのですが、このホームページ制作会社の選定段階でどのようなwebサイト運営が必要で、コストはどれくらいかかるのかを提案してくれるホームページ制作会社の選定も重要な要素になっていると思います。

どこから人を集客するのか

どこから人を集客

そして次に成果の出るweb制作においては、どこから人を集客するのかを明確にしなくてはなりません。

これは非常に大切な要素になっており、現在弊社が集客提案をする際には、「SEO対策」と「ソーシャルメディア」、「リスティング広告」、「リアルでの活動」の4つが一般的になっております。

SEO対策

まず、実際に弊社が大阪でweb制作を行っていて、最も人気がある集客対策がSEO対策になっています。

このSEO対策とは、グーグルやヤフー、ビングなどの検索エンジンで、狙ったキーワードで検索したときに上位に表示させるための対策になっていて、ここでしっかりと上位表示させることで、御社のホームページの訪問者数は非常に高くなってきます。

ただし、このSEO対策は、本当に大変な運営努力を必要としており、集客対策の提案を行ってお客さまがSEO対策を希望されたときには、SEO対策には大変な労力を伴うとご説明をいたしております。

そしてこのSEO対策作業をしっかりと行っているお客さまは本当に成果を出しており、キーワードによっては早い段階から多くの訪問者を集客することに成功しております。

ソーシャルメディア

そしてSEO対策と一緒に行いたいのがツイッターやフェイスブック、インスタグラム、ラインなどのソーシャルメディアになっております。

SEO対策は基本としては、確かに効果的なものになるのですが、しかし対策量が非常に多いものになっているので、もし時間が許す場合については、ソーシャルメディアも運営いただいております。

このソーシャルメディアについては、基本的には、運営量は少なくて良いのですが、調査量が多いものになっていて、一気に調査を行うのではなく、毎日少しずつの調査を行う必要があります。

なぜ毎日少しずつの調査になるかというと、基本的にはライバル企業や同じ業界でソーシャルメディアで成功している会社、さらには他の業界で成功している会社のソーシャルメディアを見ることで、更新頻度と更新内容、リンクの頻度などをある程度把握していく必要があるためです。

そして成功しているソーシャルメディアを分析して御社にとって最良の投稿内容を常にマイナーチェンジを繰り返し行い続けることで、本当に成果の出るソーシャルメディアとなるのです。

ただしそれとは別にソーシャルメディアは基本的には、フォロワーの多さなども重要になるので、どうやってフォロワーを増やすのかを考える必要があり、当社では基本的には検索を使って人を集め、そして集まった人に対して最適な原稿を見せていくことで、少しずつフォロワーを増やすというやり方を採用しております。

リスティング広告

リスティング広告については基本的にはお客さまの予算次第になるのですが、このリスティング広告を運用することで、確かにコストはかかりますが、SEOやソーシャルメディアで成功していなくても、ある一定数以上の訪問者が集客できるweb制作となります。

ただ、このリスティング広告は、グーグルやヤフーなどの検索結果に表示される広告枠への出稿となっているので、ユーザがその広告を1クリックすると設定された金額が課金されるという流れになっております。

そのため、ある程度の予算が必要になっており、この予算感としては、大体ですが最低でも月額50,000円は必要になってきます。

また、このリスティング広告は、基本的には予算がかかるものになるので、広告文言の最適化を行ったり、入口ページの改定を行うことにより、その効果を最大化させる予算が必要となるのです。

リアルでの活動

そして最後に、こちらはお客さまのビジネスの在り方次第になるのですが、リアルでの活動を実施頂いております。

例えば、btoc企業さまであれば実店舗にホームページのQRコードを配置したり、btob企業さまであればイベント時にQRコードを配置したりと、単純にwebサイトからの集客だけではなく、リアルからの集客もご提案しております。

この活動は地味に大切になっていて、検索からやソーシャルメディアからの集客は、更新が止まると少しずつアクセスが落ちる傾向があるので、更新頻度がアクセス数に直結しているのです。

そのため、放置して安定的に訪問者数を獲得できるものではないので、何かチャンスがあれば必ず対策を行ったほうがよく、リアルでURLを打ち出せるタイミングがあれば必ずURLの告知をお願いしております。

ホームページ運営は何をするのか

初めてのホームページ運営

ホームページ運営で何をすればいいのかを考えることも大切になります。

SEOのためのブログ更新

SEOを行うのであれば、SEOのためのブログ更新が必要になります。

この作業は比較的ルーチンワークに取り入れることがやりやすいものになっており、実際に弊社のクライアントさまにおかれましても、朝出社したら必ず1記事を作成するとルールを定めて毎日更新作業を行っていただいております。

確かにこれらの作業は本当に大変なものになるのですが、しかし実はそこまで記事の質は考えずにブログ運営を行い続けることで、必ずSEOで成果を出せるようになるのです。

基本的にはブログ記事の作成でもっとも大変なのが、記事の質を高める作業になっており、この記事の質については、グーグルと訪問者で異なるものになっているのです。

そしてSEO会社さまなどのブログを見ると結構記事の質は大切で、ユーザが見たときに良いものをと書いているのですが、基本的には初めてのwebサイト運営ではそこまで質の高い記事を書くことはできません。

そのため、もちろんユーザが見たときに見やすく分かりやすいというのは重要であることは間違いなく、そしてこれらの記事を書くことで、被リンクが獲得できるので、本当にSEOで効果的なものになるのですが、しかし初めてのホームページ運営ではそこまで気にせず、とにかくグーグルに認められるブログ更新を行うことが重要です。

そしてある程度の記事数になった段階で、一気にホームページの訪問者数は急増するので、それから記事のリライトを行ってよりユーザにとって分かりやすく見やすいブログ記事とすることがオススメになります。

ソーシャルメディアの運営

ソーシャルメディアを運営する場合は、ブログの更新よりも楽にはなりますが、ソーシャルメディアも1日に3から5回は投稿するようにしましょう。

そして合わせてライバル企業やソーシャルメディアで成功している会社のソーシャルメディアなどのチェックも行うようにすることで、より御社の投稿内容はユーザにとってより良いものへと成長致します。

この作業はSEO対策を行うよりも短時間で行えるのですが、1日に3回の投稿と定めた場合に、朝・昼・夜というように投稿時間がバラバラであることなども重要なので、少し面倒くさい作業になります。

そのため、忘れずにしっかりと投稿を行うこと、そして投稿を続けることで本当に成果の出るソーシャルメディア運営となるのです。

リスティング広告の最適化

リスティング広告を行っている場合は、リスティング広告の最適化作業があります。

このリスティング広告の最適化作業は、実はいくらかの予算が必要になっており、例えば自分で広告文言や出稿ワードの改善を行うのなら無料ですが、それでも入口となるページの改善はどうしてもホームページ制作会社の助けが必要になると思います。

このようにリスティング広告を行う際には、広告の月予算に加え、改善改善作業を行う予算が必要になっており、これらは確かに最初は結構予算がかかりますが、最適化されてしまえば、どんどん予算が削減できますので、最初だけ多く予算が必要になると理解をして改善作業を行うようにしなくてはなりません。

webサイトの成約率の改善

そして最後に、ここまで行うwebサイトも結構珍しいですが、webサイトは制作しても最大の成約率になるということはなく、運営の中で少しずつ改定を行うことも重要になります。

この改定においては、なんとなくこのページを改善すれば成果が向上するだろうというものではなく、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析データを確認して、webサイトの改善を行う必要があります。

この作業は一般的には月額費用が必要になっており、ホームページ制作会社にどの作業を行ってもらい、そしてどれくらいの予算が必要になるかをしっかりと確認しておくことが大切です。

ただし、このwebサイトの成約率の改善は、ある程度ホームページに訪問者が訪れていないと行っても意味がないものになっているので、webサイトを公開当初であれば、まずは集客対策に力を入れることがオススメになります。

初めてのweb制作なら集客

初めてのweb制作は集客力に特化

実際にこれまで多くのweb制作を行ってきたのですが、初めてのweb制作であればまずは集客力の向上が大切であると思われます。

10年ほど前は結構集客力と成約率を同時に対策したほうが良いという考え方を持っていたのですが、しかし実際に集客対策は作業量を考えるとそれなりの時間がかかるものになっているので、集客対策を全力で行っている時には、訪問者数も少ないですし、さらには時間的にも、成約対策は不要であると現在は提案しております。

そのため、基本的には、web制作を行った直後は、どこから人を集めるのかを考え、そしてそのための対策をしっかりと行っていくことが重要になるのです。

今回はざっくりと初めてのweb制作で考えるポイントをご紹介しましたが、細かく言えば、デザインをどうするのかや、効率をどうするのかも考える必要があるのですが、このあたりも含めてホームページ制作会社と話し合って本当に目的達成ができるwebサイトの制作を行ってみてはいかがでしょうか。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績