HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

行政書士事務所のホームページ制作はSEOで効果を出せる確率は高い

行政書士のホームページ制作はSEOで成功する率が高い

かなり個人的な意見が入っていますが、行政書士事務所はSEO効果を出す確率が非常に高いです。

実際にホームページ制作実績の行政書士事務所では、結構高い確率で狙い通りの検索順位に来ております。

その理由は、ウェブマスターになる行政書士の方が、非常に真面目であるという点があります。

SEOは基本は毎日の作業

SEOは毎日サイト運営を行う

SEOは基本的には毎日サイト運営を行っていれば、検索順位が上がっていたというのが理想です。

SEOを狙うために、新規ページ作成を行い続けることは本当に苦痛でしかなく、さらには期待通りに伸びてこないと、サイト運営を辞めてしまうケースもあります。

では、なぜSEOがサイト運営が大切になるかと言うと、基本的には検索エンジンは情報量が豊富でユーザーに役立つページを上位表示しています。

これはホームページ制作時に提案をしている内容そのままです。

そしてこの提案を行うと実は、情報量が多いって何ページあればいいのや、役立つページって何?と聞かれます。

これについては回答が非常に難しいですが、まず情報量が多いというのはライバルサイトのページ数をカウントして算出しています。

単純に言うと御社が上位表示を狙うキーワードで検索をして見て、1位から10位までのホームページが何ページあるかを調査します。

ちなみに調査方法は、グーグルで例えば【行政書士 大阪】で検索して、1位から10位のページのトップページURLをメモします。

そしてその後、トップページURLの頭に、site:を付けて、グーグル検索を行うと、グーグルが認識しているページ数が算出可能です。

そしてその平均値が、1ページ目にランクインするためのページ数です。

次に役立つページについてですが、これについては、グーグル自体も何も発言していないので分かりません。

ただ、取り敢えずページ数は明確になっているので、まずはページ数を増やしていただき、目標に到達しても10位以内に入らなければ、質に問題があると考えられます。

この質については、あまり大きな声では言えませんが、ホームページ制作実績の企業さまで、「この質でも上がるの?!」という企業さまもちょくちょくあります。

逆にめちゃくちゃ質の高いホームページでもなぜ上がらないのだと思うケースもあります。

そのため、こればかりは、検索エンジン次第になっているため、今自分ができる最高の質で原稿作成を行うだけに留めます。

代わりに目標値をしっかりと立てるようにして、新規ページ作成を継続するのです。

そうすれば、質に問題があるのかどうかが分かりやすくなるため、次の対策が行い安くなるのです。

そして質に問題があれば、現在の新規ページ作成頻度を少し落としてでも、検索順位が低いページをリライトします。

行政書士事務所はまじめに記事作成をしてくれる

行政書士事務所はまじめに記事作成

上記のように基本的には現在のSEOは、原稿作成だけと言っても過言ではありません。

そのため、ホームページを制作後は、毎日の作業として新規ページ作成を行っていただきます。

実は他の業界よりも、行政書士事務所の方が、この作業を確実に実施いただけます。

ちなみにですが、当ページタイトルとは関係がありませんが、司法書士や弁護士なども同様です。

当社のホームページ制作は納品後はまずはサイト計画とスケジュールを立てます。

このサイト運営計画の達成率が実は行政書士事務所は非常に高い傾向があります。

中身をご説明はできませんので、例えばでご紹介すると、1ページの文字数は2,000文字と定めます。

そうすると、100%、2,000文字以上の原稿を作成いただけます。

そしてさらにはスケジュールで1日1記事を良質なページとして公開して欲しいと書いていたとします。

そうすると、どんなに繁忙期であっても、必ず1記事を公開いただけるのです。

当社は結構ページ作成をサボっています。

もちろん、原稿はしっかりと作成をしているのですが、画像はわざわざパワーポイントで作ったりはしておりません。

ただ、行政書士事務所ではしっかりと画像なども作ってくれていて、かなりユーザー目線のページであると思われます。

このようにあくまで個人的な感想ですが、行政書士事務所は、作業の達成率が非常に高く、SEO効果を出しやすくなっているのです。

実際に、作業をされなかった行政書士事務所のホームページ制作もあります。

しかし、作業を行っている場合は、狙い通りではないケースもありますが、100%と言っても過言ではないくらいしっかりと検索から見込み顧客を集めて、問い合わせを獲得しています。

ただ、少し不思議に思うのが、なぜかツイッターだけは嫌がられるケースが多いです。

SEOに依存するのは非常にリスクが高いものになっています。

もちろん、現状で言えば、問題になったケースはありませんが、いつグーグルコアアルゴリズムアップデートに被弾するか不安に思っております。

このグーグルコアアルゴリズムアップデートは、どのようなホームページでも被弾確率があります。

そして被弾をしてしまうと、大きく検索順位を落としてしまい、当社の実績では、100%グーグルに依存しているため、一気に成果がなくなるのです。

そのため、今後はもう少しツイッターを利用いただくことに力を入れていこうとは考えております。

実際に、ホームページ内の更新をここまでできるのだから、恐らくツイッターなども適切に運用が可能であると思っています。

行政書士事務所のホームページ制作は原稿が楽

原稿が楽

行政書士事務所のホームページ制作で最大のメリットは、原稿作成を適切に行っていただけることになっています。

例えば、このページは、このような内容を書いて欲しいとお伝えをすると、適切に原稿を支給いただけます。

もちろん、他の業種の企業さまがしてくれないというわけではなく、業種ごとに平均値を取ったら確率が圧倒的に高いという意味です。

実際に行政書士事務所は、かなり原稿作成に秀でていると思われます。

ホームページ制作時はもちろん、サイト運営時でもかなりしっかりと原稿を作り込んでいただけますので、当社としてもかなり楽な案件になっております。

実際にホームページ制作後に作成いただくページ数は、大阪であれば、300ページが目標値になっております。

しかしこれはあくまで目標で、実際にはここに質が加わるため、これまでの経験で言えば、150ページくらいで成果を出しております。

150ページと言うことは5ヶ月です。

5ヶ月間毎日新規ページを作成いただければ、効果を出せる確率が非常に高くなります。

さらに、当社の実績で見れば、実はホームページ制作中から原稿作成を行うケースが良くあります。

そのため、実は公開後2ヶ月の作業で1ページ目に入っている行政書士事務所が多いです。

SEOは正しい原稿作成で効果が出るかが決まります。

ただし、この正しいの中には、質があるため、この質だけはどうしても、実際の検索順位を見てみないと何とも言えません。

そのため、基本的には原稿作成が中心の対策がSEOになるので、行政書士事務所には非常に向いていると思われます。

現在、SEOに強いホームページ制作ご検討の行政書士事務所は、ぜひ当社にお気軽にお問い合わせをお願いします。

当社はホームページ制作時からしっかりとSEOに最適化させ、さらにはサイト運営の計画やスケジュールをレクチャーしております。

もちろん、SEOだけではなく、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、ライン、グーグルビジネスプロフィールなどのソーシャルメディアを使った集客。

さらには、見込み顧客が集まった後、アクセス解析グーグルアナリティクスを使った成約対策もサポートが可能です。

お問い合わせをいただけましたら、御社にとって最良のSEOに強いホームページ制作をご提案させていただきたいと思います。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP