HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページ制作における差別化

ホームページの差別化

ホームページ制作時に差別化を考えていますか?

この差別化は、ユーザー目線のホームページ制作と似たような考え方になっています。

では今回はこれからホームページを作られる方のために、差別化とはどのようなものを指すのかをご紹介したいと思います。

ホームページは差別化が必要

ホームページには差別化は必須です。

どんなに優れたホームページを制作、ウェブデザインを作成しても、競合他社とまったく同じ内容でほぼイコールの原稿であればお問い合わせ確率が大きく下がります。

さらには、最近のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、差別化されたホームページを高く評価し、検索順位を高めるようにしています。

このように集客と成約の両方において、差別化は非常に大切になっていて、しっかりと差別化されたホームページを作らなくてはなりません。

では具体的にどのようなホームページ制作に、そしてサイト運営に注力すれば、差別化されるのかをご紹介いたします。

どのようなホームページを作りサイト更新を行えば差別化されていると判断されるのかを知ることで成果を出すまでの作業効率を飛躍的に高めれます。

同じ内容でも原稿や表現を変える

まず、ホームページ制作であっても、サイト運営であっても基本的にはクライアントさまが行う大半の作業が原稿作成です。

この原稿を作成するために、ライバルサイトを一切見ないという方は少ないと思います。

その時に注意が必要になるのが、例えば当社の業界的に、書く内容が決まっているからどうしても似てしまうと悩みことです。

まず基本的には書く内容が同じでも問題はありません。

それよりも、ライバルサイトよりも見やすくするために変えれるかを考えて、もし見やすくならないなら同じようなページを作っても問題ありません。

ただし、原稿をそのままコピー&ペーストすることはいけません。

基本的には原稿は、御社独自で作られたものである必要があるのです。

例えば競合他社が長文で書いているけど、自社はそれほど長くなくていい場合は短文でも良いでしょう。

さらに、この情報は大切なのに、競合他社は書いていないという場合は追加します。

逆も同様で、競合他社がコンテンツとして作成していても御社が不要なら掲載する必要はありません。

基本的には似たようなサイトやページ構成が必要なことは問題ではなく、それぞれのページで御社独自の言葉で書いているかが重要なのです。

そうすることで、原稿はもちろん表現なども、全体的に変わってくるため、ユーザーや検索エンジンは高く評価してくれるようになります。

原稿を他社はもちろん、自社サイト内からもコピー&ペーストは絶対に駄目です。

理由は、ユーザーは確かにコピー元を見ていなければ、気が付きません。

しかし検索エンジンはほぼ間違いなく気が付きますし、コピー元サイトの管理者が気が付き通報されると非常に手間のかかる作業が増えてしまいます。

そのため、面倒であったとしても、絶対に自分の言葉で原稿作成を行うようにしましょう。

画像などもオリジナルで

ホームページを作るには画像などは必須になっています。

もちろん、この画像については、すべてをお客さまで用意する必要はありません。

イメージ画像であれば当社が用意する画像を挿入ができるのですが、商品ページなどで実際の写真が利用できるときは、その写真を利用するのが良いでしょう。

訪問者が見たときに、この写真なんか見たことがあると感じることは、それだけで成約率が落ちるケースはないはずです。

しかしその感情は、プラスかマイナスかで分けるとマイナス評価であると言えます。

成果を出すためには、このマイナス評価を少しでも落とすことが大切になるので、できる限り画像はオリジナルのモノを利用するようにしましょう。

もちろん、すべてである必要はなく、イメージ画像で対応ができる箇所はイメージでも問題ありません。

また、最近であれば、YouTubeやインスタグラムの埋め込みなども流行っていますが、これらもすべてできる限りで良いですが、オリジナルを利用する必要があります。

被リンク獲得計画も重要

SEO業者などは、かなり被リンクの分析をしていますので、ばれないことはありません。

しかし、被リンクなども競合サイトとしっかりと差別化することで、リンクを辿り訪問者が訪れる可能性もありますし、さらにはSEO効果を得ることも可能です。

具体的には、競合他社が獲得できない被リンクを多く獲得することを意識しましょう。

もちろん、質の低いリンクは論外ですが、ライバルが獲得できないような被リンクで効果的なものがあれば、ライバルサイトとの差別化になっていきます。

ホームページ制作時に提案することがかなり減った被リンクではあります。

ただ、効果がないのではなく獲得に時間がかかりすぎることがあるので、それほど時間をかける必要はないと思います。

Webサイト制作会社が作業中に、ライバルが獲得できないような被リンクを検討し、着実に増やすことで御社のSEO効果は最大化されるのです。

ソーシャルメディアで差別化

ホームページ制作をしていて思うのが、最近ソーシャルメディアの需要が急上昇しているように思います。

新規顧客開拓では、ツイッターとフェイスブック、インスタグラム、グーグルビジネスプロフィールを。

既存顧客へのサポートは、ツイッターとラインを利用するクライアントさまが本当に増えたように思われます。

これらのソーシャルメディアにおいては、基本的には、投稿作業を行うのですが、その時にも差別化を行うようにしましょう。

ここでの差別化は、当社で提案する機会が多いのが、御社の投稿を見れば知識レベルが向上する差別化を行うケースです。

そうすることで、ソーシャルメディア内での発言力が増していき、本当に多くの見込み顧客が集客できるようになるのです。

このホームページを見ればが大切

このように内外でしっかりと差別化を行い続けていれば、訪問者が見たときに、このホームページを見れば、情報が分かるという認識を持ってくれます。

これが非常に大切で、リピーターや被リンクの獲得も可能ですし、さらには検索エンジンも御社サイトを高く評価してくれるようになります。

基本的にはライバルと比べてどれくらい御社の特徴を打ち出せているかが大切になっていて、これらを徹底すれば必ず高い効果を得ることができるのです。

ホームページ制作時から差別化を検討

このように現在のホームページ制作においては、差別化は非常に大切です。

この検討は、サイト運営の中で闇雲に行うのではなく、Webサイト制作会社が作業中に行うのが良いでしょう。

例えば、初回ヒアリング前から、自社がどんな差別化されたホームページを作れば良いかを考えていれば、その話をすることで、ホームページがより効果的になります。

また、コーディング中にサイト運営における差別化を検討していれば、更新すればするほど、ユーザーや検索エンジンに評価されるようになるのです。

基本的には差別化はホームページ全体で行う必要があります。

そのため、Webサイト制作中から意識することで、期待以上の効果を出せるホームページへと成長するのです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP