HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

成功と失敗するホームページ制作の特徴

成功と失敗するホームページ制作の特徴

ホームページを制作すれば、成果を出したいと考えるのは当たり前だと思います。

もちろん、弊社もすべての会社が成功して欲しいと考えていますが、しかし、残念ながら失敗してしまうケースもあります。

この違いは、実はホームページ制作前から決まっていると考えていて、成功する会社は具体的にどのような対策を行うかが明確で、失敗する会社は漠然としか考えておりません。

そこで今回は、数多くの会社のホームページを制作して、運営サポートを行ってきた経験から、成功と失敗でどのような特徴があるかをご紹介します。

どうなれば成功するか

成功とは

成功と失敗の前に、ホームページを制作すれば、基本的には成果を出したいと考えるのは当たり前だと思います。

実際に成功と失敗がありますすが、成功する場合では、どんなケースが多いかについてご紹介をします。

例えば、弊社の成功した実績では、ANA・JAL株主優待即納サービスでは、非常に多くの見込み顧客を集客し、さらには成約率も高くなっていたり、ライフディフェンスや、プラシアコーワスタイルもSEOで成功し、多くのお問い合わせを獲得しています。

これらの会社では、実は闇雲ではなく、ホームページを制作時には、すべての要素で集客と成約を考え、さらには運営においても、なぜ運営作業が必要で、自社が達成したい目標のための対策に注力しています。

このように成功する場合は、基本的には、ホームページ制作時からゴールと手段が明確になっていて、公開後はしっかりとその手段の継続が大切になります。

成功するホームページ制作

成功したホームページ制作

では実際に、弊社の実績から成功する会社の特徴をご紹介します。

集客ルートの明確化と具体的な手段

これまでの経験上、成功するホームページ制作では集客法を真剣に考えられているケースが本当に多いです。

例えば結果としてSEOだけを行うにしても、その他の集客対策を真剣に考えて、最初は無理だからある程度売上が上がり始めて余裕が出てきたら、これをやろうなどのように対策を立てられています。

そしてどこから人を集めるのが良いかを真剣に考えた後、実際に成功している会社では、ホームページ制作時から具体的な運営計画を立てていて、例えば、SEOを行うのであれば、原稿作成と被リンクだからそれぞれをどのように行うか、さらにはスケジュールを立てて、公開後にはスケジュール通りに運営を実施されています。

ホームページを制作直後は、とにかく集客が大切で、実際に上記ライフディフェンスや、プラシア、コーワスタイルは、毎日決まった作業量で運営し、高い成果を発揮しています。

運営を検討

ホームページ制作は、集客だけでは期待通りの成果しか得れず、成約対策を行えば非常に高い成果を得れます。

成約対策までの計画を立てて、実施されているのが、ANA・JAL株主優待即納サービスで、SEO効果はもちろん、その他の集客対策の効果は非常に高く、さらには成約率も非常に高く、毎日とは言えませんが、月に1日は最高売上実績を更新されています。

こちらの会社さまでは、ホームページを制作時から、運営はどんな運営があるかを聞かれ、毎月決まった金額ではなく、定期的にアクセス解析を見て、問題点を提案して欲しいとご依頼をいただいています。

例えば、カートページに問題がありそうであれば、カートページの操作性を高めたり、トップページの離脱率が少し高いとなれば、離脱されるより早く商品が購入できるように、トップページにカートに入れるボタンを追加したりと、毎月ではありませんが、半年に1度は内部改善を行っています。

また、さらには新規だけではなく、実は既存顧客に対しても対策を行っていて、マイページの利便性をどうすれば高まるかを提案し、定期的な改善を実施しています。

このようにホームページ制作時では、具体的にどんな対策が必要かは、グーグルアナリティクスのデータを見ていと分かりませんが、しかしグーグルアナリティクスのデータから改善提案を4半期や半年に1度はして欲しいとご依頼をいただいていて、すべてを実施はされませんが、しかし8割程度は改善提案でご依頼いただいています。

もちろん、改善提案にも改善作業にも費用はかかりますが、しかし、費用を払っても十分に利益が出るくらい集客力を高めることで、改善作業などの費用は全然予算取りができるようになるので、どんどん成果を高めることが可能です。

失敗してしまうホームページ制作

失敗したホームページ制作

では次は、失敗してしまう会社の特徴についてご紹介をいたします。

集客が曖昧でなんとなくSEO

まず、もっとも多いケースが、Webサイト制作会社からSEOを提案されたため、なんとなくSEOを実施と考えてしまうケースです。

このケースでは、実は運営作業量をまったく考えていないケースが多く、例えばSEOで問題になるのが、運営を継続し続ける、成果が出るまでに3ヶ月以上はかかる、闇雲に運営していても成果が出ないの3点になります。

そして、失敗するホームページ制作では、最後の闇雲に運営しても成果が出ないが抜けているケースが多く、記事作成時に、SEOライティングを行うための方法を検討していないことが大半です。

成功しているホームページ制作では、SEOライティング法までを弊社に確認したり、さらにはSEOに限らず自分が行う集客対策でライバルサイトを調査までしていて、集客の全体像と具体的な個々の手法までを徹底的に分析しているのです。

成約対策は行わない

弊社のホームページ制作でも成約対策をしっかりと行っている会社は数社なため、たまたまかもしれませんが、成果が出ていない会社では、ホームページ制作時から集客対策は考えても成約対策を考えていないケースが多いと思います。

ホームページの制作は、基本的には集客だけでは期待通りの成果になるので、実は成約対策も必須で、成約対策を行えば、御社の期待を超える成果を得れるのです。

そして成約対策は、先ほどご紹介したANA・JAL株主優待即納サービスのように、毎月である必要はありませんし、さらには公開前から4ヶ月に1度分析をして欲しいと口約束をしておいて、4ヶ月か半年後などにスポットで分析をご依頼いただくケースでも問題がありません。

そして分析を行えば、分析結果と改善提案書をご提出いたしますので、分析レポートだけを見て満足ではなく、しっかりと改善までを行って期待以上の成果を出せるのです。

もちろん、上記のライフディフェンスや、プラシア、コーワスタイルは、まだSEOが不十分なので分析のタイミングではないとおっしゃられていて、確かにANA・JAL株主優待即納サービスや弊社と比べるとまだまだ訪問者数が少ないですが、大体どれくらいまで訪問者数が増えたら分析を依頼したいとお話をいただいています。

このように、成約対策は、成果を出すためには、確かにSEOのように無料では行えませんが、しかし、非常に重要であると理解をした会社の方が、成果の出るホームページ制作の全体像を明確に捉えていて、成果を出しているように思います。

ゴールと手段を定める

ゴールと手段が重要

上記が弊社の実績から見た成功と失敗するホームページ制作のそれぞれの特徴です。

基本的には、成功も失敗も実は紙一重で、弊社は会社ごとに提案内容を変えていないので、どこに対してもお話をしているのですが、しかし受け止め方の違いだけになっています。

そして、ホームページを制作時から、しっかりとこれらを定めていれば、あとはその計画に則って運営すれば良いので、最初の作業は確かに面倒くさいかもしれませんが、しっかりと行うことで、高い成果を発揮できるようになるのです。

これからホームページ制作を行う方は、ぜひ成果を出すために、ゴールと手段を明確にし、そしてゴールのために運営を行いしょう。

もちろん、弊社は成果を追求しているので、ゴールはヒアリングをさせていただき決定しますが、ゴールのための手段は無料でご提案いたします。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP