セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2021.01.18

ホームページの原稿作成を効率的に行う方法

原稿作成は、ホームページ制作や運営中に多くのウェブマスターを苦しめるものです。

そのため、少しでも効率的に原稿を用意したいと考えるウェブマスターは多いと思います。

当ページでは、これまでの制作経験から、原稿作成を効率的に行うための対策法を紹介します。

ホームページで利用する原稿はなるべく自社で用意する

ホームページで利用する原稿は、なるべく自社で作成することがおすすめされます。

例えば、競合他社から原稿をコピー&ペーストで持ってきてしまうと、著作権の問題で裁判になる可能性や、サーチエンジンが気が付けばSEOスパムになり、検索結果から削除されてしまいます。

さらに、原稿を外注ライターに依頼すると、低品質な原稿を納品されてしまったり、競合他社からコピー&ペーストをしている可能性も十分にあります。

そのため、原稿作成は大変な労力を伴いますが、ユーザー目線のホームページとするためにも、自社で用意することが重要です。

そこで、当社のこれまでのホームページ制作や運営経験から、効率的に自社でホームページの原稿を作成するための方法を紹介します。

ホームページの原稿を効率的に作成する方法

AIライティングツールを利用

ChatGPT4などのAIライティングツールを利用すれば、すぐに原稿を用意することが可能です。

昨今のChatGPT4の精度は高く、生成された文章を意識して閲覧しなければ、人間が書いたのかAIが書いたのかが分からないほどになっています。

ただし、ChatGPT4が吐き出した文章をそのまま利用することは推奨されず、AIライティングツールが生成した文章を見破るツールなども多くリリースされているので注意が必要です。

過去に制作実績のホームページで、実験用に独自ドメインのブログを作成して、ChatGPT4が生成した文章を、そのままアップしたときのSEO効果は、残念ながら高いとは言えない結果になっています。

そのため、AIライティングツールが生成した原稿をホームページで利用することに問題はありませんが、公開前に必ず本文を読み直して、意図と違った内容はないかや、ファクトチェックを行うようにしましょう。

競合サイトを参考にする

御社と似たビジネスを展開している競合サイトであれば、御社が作成しても不自然に感じないページを作成していると思います。

そのため、競合サイトのページを参考に文章を作成することで、効率的に原稿作成が行えます。

ただし、競合が作成した文章や画像をそのままコピー&ペーストして、新規ページを作成することは、絶対にいけません。

コピー&ペーストで作成されたページは、著作権違反になりますし、さらにはサーチエンジンが気が付けば、検索結果から除外されてしまうリスクを含んでいます。

そのため、競合サイトを確認して、ページを読み、頭の中で内容を整理してから、自分自身の言葉で記事を作成していくことが求められます。

音声入力アプリを活用

昨今、多くの音声入力アプリがリリースされています。

実際に、当社も利用した経験がありますが、隙間時間で原稿作成が行えるというメリットが大きいように感じます。

例えば、お風呂に入っている間などに音声入力を行うことで、効率的に文章を用意できます。

ただし、音声入力アプリを利用して感じるのが、誤字が多いという点になるので、音声入力アプリが吐き出した文章は、公開前に、必ずリライトを行いましょう。

まとめ

効率的に原稿作成を行う方法を紹介しました。

現在のホームページの成果は、良質なコンテンツ作成が重要になっているので、上記の方法を活用したとしても、必ず投稿前に内容を確認して、必要に応じてリライトを行わなくてはなりません。

どんなに効率的に原稿を作成できたとしても、それで成果が出なければ時間と労力の無駄になるので、品質を確認したうえで、ホームページで活用しましょう。