大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

ホームページ制作のページ数とSEOに効果的

ホームページ制作はページ数が多いとSEOに意味があるのか

ホームページ制作を行うと、ホームページ制作会社などから、これからホームページ内に新規ページをどんどん作成してくださいと言われたことがある方は多いと思います。

これはSEO対策のための施策になっているのですが、弊社ではこのページ作成は確かにSEO対策に効果があると思っております。

そこで今回は、SEO対策とページ数についてご紹介をいたします。

ページを作成したらインデックスをさせよう

まずページ数が増えれば増えるだけ、SEO対策に効果があると言いましたが、実は単にページ数を作成しても意味がありません。

ページを作成した後にそのページをグーグルに認識してもらって初めて成果を出すことができるのです。

このグーグルの認識を理解していないとどんなにページ数を作成しても、グーグルはページが増えたことを理解していないので、成果が出ることはないのです。

新規ページ作成のテーマ

ページ数と言ってもなんでもいいからページを作成することではなく、ホームページのトップページで狙っているキーワードに関連する内容での記述が大切になっていて、例えば弊社であれば、トップページで【ホームページ制作 大阪】のキーワードで上位表示を狙っているため、弊社が新規ページを作成すべきは、ホームページ制作に関連する内容になっています。

当記事のようにSEOに関する記事の場合、実はさほど成果を出せるものではないので、しっかりとこれらを理解してページを作成するようにしましょう。

ページ数の計測方法

まず現在のホームページでグーグルが何ページあると認識しているかを把握しているでしょうか。

ページ数は非常に大切な要素になっており、ライバルサイトと比較したときに、そのページ数が多ければ多いだけ、SEO対策で成果を出せるようになるのです。

このページ数の計測方法は、【site:ドメイン名】での検索になっており、弊社であれば、【site:https://www.sevendesign.biz/】になります。

この方法で、御社がトップページで上位表示を狙っているキーワードで検索をしてみて、ライバルとなるホームページよりも多くのページを作成することで、本当に効果的なホームページ制作にすることが可能になります。

ただし、その際には、全体でと言うよりも、トップページで上位表示を狙うキーワードに関連する内容のページ数になってきますので、そこだけは注意が必要になってきます。

ページ作成後に行うこと

そしてページを作成したらそのページをグーグルにインデックスしてもらう対策を行う必要があります。

どんなにページを作成してもグーグルにインデックスされなければ、まったく意味がないのです。

このインデックスをしてもらう方法は、実は結構簡単で、「XMLサイトマップを作成してグーグルサーチコンソールから送信」と「グーグルサーチコンソールのURL検査からアドレスを送信」、「はてなブックマークを1つ行う」ことになります。

そのため、基本的にはグーグルサーチコンソールを導入することと、はてなブックマークアカウントの開設をするだけで、比較的簡単にこれらの対策が行えるので、しっかりとこの作業を行って、記事作成後に対策を行うようにしましょう。

そして現在弊社のホームページでは、もともと記事を作成していたときに上記対策をしっかりと行っていたので、上記対策を行わなくても、1時間くらいで新規記事を作成すればグーグルにインデックスされるホームページになっています。

ページを作成するとそのページが入口になる

ページ作成によるSEO効果

では、なぜページ作成を行うとSEOに効果的になるのでしょうか。

まず最大のメリットは、ページ作成を行うと、そのページ自体が入口ページになり訪問者数を向上させることができる点になります。

そしてこの作成方法は、実際にお客さまに提案を行う際に、ページ作成をして欲しいと言ってできる範囲での対策にとどめて、弊社のホームページでチェックをしてみました。

本当に効果的なページ作成法は、そのページで上位表示を狙うキーワードを定め、そのキーワードで検索をして関連キーワードにでてくる内容を網羅したページ作成になるのですが、ここまでお客さまに行ってもらうのは難しいので、結構弊社では闇雲にページ作成をしてみました。

その結果が上部のキャプチャーになっており、ここ3日ほどにはなりますが、ページ作成によって1日の検索からの訪問者数が20ほど増えております。

このように作成したページ自体が集客力を持つようになるので、ページ数が多ければ多いほど、ホームページのSEO効果は高まっていくのです。

トップページの検索順位

そして次にトップページの検索順位もおそらく上がるはずです。

これについては現在計測中になっておりますが、トップページで上位表示を狙う多くのキーワードで現在2ページ目まで上がっており、今後もこれらの対策を行うことでおそらく1ページまで上がると思われます。

実際に、弊社がメインで狙っているキーワードで1ページ目のホームページを見ると、弊社のホームページよりも200ページほど多いホームページが並んでおりますので、弊社のホームページはまだまだページ数が少ないホームページになっています。

そのため、もちろん現在も行っておりますが、今後も継続してページ数を増やしていくことで、上位のホームページよりも多くのページ数のあるホームページへと成長させようと思っております。

実際にお問い合わせ数は増えている

そして、トップページが上がらないとお問い合わせ数が増えないと思っている方も多いと思いますが、実はそんなことはありません。

実際に弊社のホームページにおいては、SEO前後でお問い合わせ数はかなり変わってきており、もともとはお問い合わせ数は0に近い数値だったのに対して、現在は週に2,3本はお問い合わせをいただいております。

そのため、中ページであってもしっかりと上位表示を狙うことで、必ずお問い合わせ数は増えるので、最初は本当に大変ですが、しっかりとライバルサイトを意識して、新規ページを作成することが大切になります。

SEOはライバルとの勝負

SEOは実際問題として、ライバルサイトによってその難易度は変わってきます。

ライバルがしっかりとSEOを行っていれば当然上位表示は相当な努力が必要ですし、逆にライバルがまったくSEOをしていなければ、本当に簡単に上位表示が可能です。

これらをしっかりと理解して対策を継続して行い続けることで、御社のホームページは飛躍的にその効果を高めることが可能になります。

TOP

ホームページ制作実績