HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページ制作はインデックスページ数を意識してSEO効果を出す

SEOに強いホームページ制作はインデックスを意識

ホームページ制作時にはインデックスページ数を意識しなくてはいけません。

現在グーグルは、公開したすべてのページをインデックスしておらず、グーグルが独自判断でインデックスを行うかどうかを検討しています。

ではホームページ制作時にはどのようなポイントを意識しなくてはならないかをご紹介します。

インデックスページとは

インデックスページとは、簡単に言うとグーグルが認識して検索結果に表示されていることを言います。

現在のグーグルは、公開したすべてのウェブページを検索結果に表示されることはないと発言をしている通り、公開しただけでは実は全ページを検索結果にランクインしてくれません。

ウェブマスターさまからすれば、せっかく苦労して公開をしているにもかかわらず、検索結果に表示されないとまったくアクセス数が稼げないのです。

そのため、従来であれば、新規ページ作成を行えば、該当ページが検索結果に表示されていましたが、現在ではまずはインデックスをしてもらうことから始めなくてはいけません。

どは、どのようにすればインデックスされるホームページを制作できるかをご紹介します。

クローラビリティーが高いホームページを制作

まずはホームページを作る時から注意が必要です。

それは、グーグルとヤフージャパン、マイクロソフトのビングの検索エンジンがホームページ内を効率よく巡回できるようにしなくてはなりません。

この巡回効率においては、ざっくりとご説明をすると、内部リンクとその周りにあるテキストが重要です。

例えばSEOサービスのページへの内部リンクがある場合においては、ミスの内リンクタグの記述がまず最低条件ですが、さらに周りにもSEOという言葉が必要です。

というのも、検索エンジンは、リンクだけを評価しているわけではなく、その前後の文脈を見た上で、本当に自然な内部リンクかを判断しています。

もちろんもっと突っ込んで言えば、該当ページがどのようなテーマで作成されているかも重要です。

これらを総合的に判断を行い、そして適切に内部リンクを設置することで、ほんとにクローラビリティーが高いホームページへと成長いたします。

これらを行えば、取り敢えずは、検索エンジンのプログラムをさまざまなページへと誘導ができるようになるため、インデックスされる確率を飛躍的に高めれます。

サイト更新法レクチャー

単にホームページを公開しただけで、インデックスされるようであれば、非常に楽な対策になります。

現実は違います。

ここで問題になってくるのが、グーグルサーチコンソールに表示される検出 - インデックス未登録とクロール済み - インデックス未登録になります。

これまでのホームページ制作経験で言えば、インデックス未登録は、スタッフブログに大量発生してしまうケースを見かけます。

当社が見ている限りでは、Webサイト制作会社が作ったページについては、基本的にはあまり発生いたしません。

そのため、スタッフブログを更新する際には、できる限りインデックス未登録にならないようにしなくてはならないのです。

では、どうすれば、ならないかと言うと、実は更新頻度を高めと内部リンクを充実させることではないかと考えています。

グーグルの発言によれば、これらのインデックス未登録は、該当するページだけの問題ではなくホームページ全体の問題の可能性もあると言うことです。

そして、検出 - インデックス未登録を改善のページでも記載していますが、検出については、グーグルはページアドレスを把握はしてくれています。

ただ、何かしらの問題で、そのページを閲覧するのを辞めたページがリストアップされます。

辞めてしまった理由は、さまざまありますが、例えばサーバーに負荷がかかり過ぎているという例を紹介していました。

中身を見られていないのであれば、見て貰うための対策が必要です。

そこで重要になってくるのが、内部リンク数を向上させそのページへ誘導させることと、更新頻度を高めクローラーを集客する対策になります。

ただ、これまで改善を行ってきた結果で言えば、恐らく更新頻度を高めるのがもっとも効果を発揮します。

次にクロール済み - インデックス未登録の改善法は、中身を見た上で、低品質なので検索結果に表示させないという状態です。

そのため、基本的には以下の対策が効果的です。

  • 該当ページの内部リンク数向上
  • リライト
  • ホームページ全体で内部リンク

質を高めることを意識したリライトを行うことで、グーグルから評価される可能性を高めます。

そして重要ページであるとアピールするために、該当ページへと内部リンクが張れる箇所を探し、内部リンク数を増やします。

最後に、ホームページ全体の問題点である可能性を考え、ホームページ全体で内部リンクを充実させます。

実際にこれらを行うことで、ホームページ制作実績の会社さまは、ほとんど検出もクロール済みもない状態になっています。

当社の数値で言えば、検出は0件になっていて、クロール済みは50件になっています。

全ページインデックスはたぶん不可能

適切な対策を継続して行うことで、グーグルがインデックスしてくれるページ数は増えていきます。

ただしこの対策を行う際に理解をいただきたいのが、全ページをインデックスすることはたぶん不可能だと言うことです。

実際に弊社は、約50件のインデックス未登録です。

ページ数が600ページ以上あるため、1/12程度になっていて、かなり高い数値であると思われます。

弊社がホームページを制作した会社を見ても、もっと低い会社はありますが、しかし0ではありません。

もっとも低い例では、検出が0件で、クロール済みは20件になっていて、全体の1/20程度になっています。

そのため、当社では基本的にはなくすのは不可能ですが、重要ページはインデックスされることが必達であると考えています。

そのため、理想はもちろん、ホームページにあるすべてのページのインデックスにはなります。

しかし、現実的には不可能なので、できる限り未登録を減らす、そして、重要ページは必ずインデックスさせると考えるのがベストであると思います。

ホームページ制作後はインデックスも意識しよう

ホームページ制作後は、基本的にはSEOばかりを意識してしまいます。

もちろん、弊社はSEOを標準装備しているため、非常にありがたいとは思いますが、プラスアルファとして、インデックスにも意識を向けましょう。

せっかく作成したページがまったく検索結果に出てこないと、検索からの訪問者数を獲得できません。

さらには、2022年6月現在は、全体におけるSEOには全く影響がありませんが、今後はどうなるかが分かりません。

例えば、404 NOT FOUNDのページを生き返らせて、グーグルサーチコンソールでURL検査をします。

そうすると、実は404で帰ってくるページもありますが、中にはクロール済み - インデックス未登録で帰ってくるページもあるのです。

このように少し意味が分からない状態になっていて、今後何かしらの仕様変更が入る可能性があります。

そのためもし今後仕様変更が入ったとしても対応ができるようにインデックスを意識していきましょう。

Webサイト制作会社やSEO業者に協力をしてもらうことで、一気には無理だとは思いますが、少しずつ着実には改善が可能になっています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP